『IQ野球』で、野球漫画の原作として、意識したこと。

1、MAJORのように、小学生編から始まるストーリー。

これにより、小学生編、中学生編、高校生編、プロ野球編、メジャー編まで描ける。

2、ドカベンのように、キャッチャーを主人公にすることで、
 投手、野手の個性あふれるキャラクターを、際立たせることができる。

(ピッチャーを主人公にしてしまうと、主人公の魅力だけの漫画にしか、ならない。
 巨人の星は、星飛雄馬が突出した魅力があるが、投手主人公であることで、
 花形、左門、オズマといった、各球団ひとりしか、ライバルを登場させられない)

3、黒子のバスケ、聖闘士聖矢のように、必殺技を作ることで、
  キャラクターの魅力を引き出すことができる。

4、運動神経が悪い主人公を頑張らせることで、努力。
  個性あふれる脇役のおかげで、友情。
  頭の良さを駆使して、勝利。

  努力、友情、勝利というジャンプのルールを守ることができる。

5、ベイビーステップのように、少しづつウンチクを学ぶことで、
  主人公と一緒に、読者も成長することができる。

こういったことを意識して書いたので、楽しく読んでいただければ嬉しいです。
http://tinyurl.com/hgjb5d4

★戦略的に、物語を書こう。