【石井貴士★全力メルマガ】キャバ嬢に説教された話。

こんばんは。石井貴士です。
今夜も、全力メルマガをお届けする。

8年くらい前だっただろうか。
キャバクラに行った 時に、キャバ嬢に説教をされて、「感動」したことがある。
ふと、軽い気持ちで、「モテモテになるのが夢なんだよねー」
と彼女に言ったところ、突然、説教をされたのだ。
「モテたい? モテたいだって?
 あんたが本気でモテたいと思っているとは思えないけど?」
「何を言っているんだ? 
 モテたいと本気で思っているに決まっているじゃないか」
そう返したところ、次のような答えが返ってきた。
「いや、絶対に違うね。
 あなたは、モテたいとは思っていない!」
「だから、モテたいって、思っているってば! 」
「本当にもてたいなら、朝もナンパ、昼もナンパ、 夜もナンパの毎日を送っているはずだ。
 でも、あなたは、そうは見えない」
「確かに、そんな生活は送っていない・・・」
「キャバ嬢にもてたいのであれば、朝は朝キャバ、 昼は昼キャバ、夕方は同伴、夜はキャバクラ、朝5時からはアフターという 生活をしているはずだ。
 だが、あなたは、そうは見えない」
「さすがに、そんな生活はしていない」
「そう。あなたのモテたいなんて、所詮、その程度なんだよ。
 あなたの夢なんて、所詮、『あわよくば』レベル。<br> そう。これっぽっちも本気じゃないんだよ。
 本気じゃない夢は、かなわない。
 キャバ嬢だって、本気でナンバーワンになりたい人は、 朝もメール、昼もメール、夕方は同伴、出勤は週6日、 空いている時間は、常に営業メールなんだよ。
 あなたも本気でモテたいなら、本気でやれよ。
 この野郎!」
と、罵倒されたのである。
こちらがお客にもかかわらず、である。
しかし、この話で、頭をハンマーでガーンと殴られたような衝撃を受けた。
そうだ。
何事も、本気ならば、夢は叶う。
夢が叶わないのは、本気じゃないからなんだ。
朝から晩まで、1つのことだけをやり続ければ、誰でも成功できる。
だが、誰もやらない。
だから、成功できないだけなんだ。
あなたは、どうだろうか。
起業したいのであれば、朝から晩まで、ビジネスを立ち上げることだけを考えているだろうか?
「会社を辞めるのが怖いんです」というのは、本気じゃないから、辞表を提出できないというだけだ。
本気じゃない奴には、夢を叶えることはできない。
クリスマスも、仕事をする。大晦日も仕事をする。お正月も仕事をしているのが、当然だ 。
本気なら、全力でやれ。
あなたは、それで、全力を出しているつもりだろうか?
まだ、いけるよね?
っていうか、全然本気じゃないはずだ。
本気で生きよう。
本気になれば、夢は必ず叶うんだ。
「来年から、行動を起こそう」ではなく、今すぐ行動を起こす人が、成功する人だ。
このメールを読んだら、今すぐに、行動を何か一つでいいので、起こしてみてほしい。
また、次回の全力メルマガを楽しみにしていてくれ。
では。
石井貴士