【石井貴士★全力メルマガ】今年こそ、全力で生きよう。

あけましておめでとう。石井貴士です。


2017年も、スタートした。


2016年を振り返ってほしい。


果たして、全力で駆け抜けることができたか? と。


電通の過労死の話題があった影響で、


「長時間労働はブラック企業だ。長時間働くことはよくない」


などと、間違った洗脳を受けてはいないだろうか?


もちろん、好きではない仕事を長時間するのは、心のためにも、

体のためにもよくない。


だが、好きな仕事を麻から晩までする ことは、「善」だ。


悪ではない。


好きなことを見つけ、全力で、朝から晩まで打ち込む。


ピカソだって、朝から晩まで絵を描いたことで、6万点の絵を残すことができた。


1日3作品づつというペースで作り続けたから、偉大な画家になれたというわけだ。


嫌いな仕事でハードワークは悪だが、好きな仕事でハードワークは善。


いや、朝から晩まで打ち込める仕事をしていないとしたら、

それは、そもそものスタートラインに問題がある。


職業選択の時点で、問題があるということだ。


何をすれば成功し、何をしたら失敗するのか。


ま ず、自分の職業の「スィートスポット」を見極めて、

正しい努力の方向性で、努力を重ねる。


それが、成功につながるわけだ。


2016年。


もし、あなたが好きな職業についていないとしたら、

何が問題かというと、インプット不足が問題だ。


1日3冊ペース、1年で1000冊の本を読んで、

2年もすれば、やりたいことが見えてくる。


インプット量が少ないと、やる気も起きないし、

何をしていいかもわからない。


1冊1分になっておくことが、これからの時代には、

ベースとして必要になってくるはずだ。


インプットスピードを最速化 しておかないと、

時代の変化についてこれない。


2017年は、激動の1年になる。


なんといっても、日本に一番影響を及ぼすはずの、

アメリカ大統領がトランプ大統領になったのだ。


変化が起きないはずがない。


人生を変えるために、まずは、インプットを

最速化するためのメソッド、ワンミニッツリーディングは、

マスターしておいたほしいなあと、改めて思う。


1冊1分になっているおかげで、時代の変化にも、

対応できるようになる。


すべてにおいて大切なのは、基礎だ。


基礎ができていなければ、何をやっても大成しない。


インプットが大量にできているという基礎があれば、

どんな時代になっても、生きていけるはずだ。


今年こそは、1冊1分を自分のものにする、

そんな1年になっていただければと、切に願う。


では、また明日。


石井貴士