【石井貴士★全力メルマガ】石井貴士は、まったくぶれていない。

こんにちは。石井貴士です。

水曜日に続き、今日も「全力メルマガ」をお送りしようと思う。


2003年9月に、プチリタイヤのメルマガをスタートさせた。

起業志望者に対して、自由になれる方法論を伝授して、

会員数は2000人規模となり、全国最大規模の起業家組織ができた。

2008年9月に、プチリタイヤを引退。

5年間で、起業コンサルタントとしての人生に、幕を引いた。

理由としては、「何もしないで月50万円!」

という
斬新なキャッチコピーで始めたのだが、
そのおかげで、
詐欺まがいの人から、

「何もしないで稼げます」「月50万稼げます」
などと、散々真似をされて、
このままでは、
詐欺の親玉のような扱いを受けかねないと、自分自身で判断したからだ。

この引き際のタイミングは、絶妙だったと思う。

ちょうどこの辺りから、怪しい詐欺商材を販売している人が
あまりにも多くなっていたので、
その仲間だと思われずに済んだ。

あのまま突っ走っていたら、
絶対に何か危険なことに
巻き込まれていた気がしてならない。

そこで、2008年8月23日に、
『1分間勉強法』を
出版して、たちまち大ブレイクして、
50万部を突破する
大ベストセラーになった。

1冊1分で本を読む方法を伝授して、受講生は1000人を
突破した。

ブランドチェンジに見事に成功したと、自分でも自分を
褒めたいくらいの鮮やかさだったと思う。

とはいえ、かつての読者の方の多くは、
こういう姿を見て、石井の元を去っていたように思う。

「起業コンサルタントだと思っていたのに、
 勉強法のコンサルタントになるなんて。
ぶれているのでついていけない」


このように、思われたのだと思う。

なんと、浅はかなのだろうか。

まったく、これっぽっちもぶれていないのだが、

どうやら、目先のことしか目に見えない人にとっては、

石井貴士がぶれているように映ったらしい。

石井貴士のミッションは、

「一人でも多くの人の、人生を変える」

ということだ。

このことに関して、まったくぶれずに、「提供メソッド」を
変えているにすぎない。

2003年は、インターネットで起業をするには適切なタイミングだったので、

インターネットを使って、自由になれるビジネスモデルを手に入れ、

お金持ちになれるというタイミングだった。

なので、インターネットを使って起業することで、お金持ちになって、

人生を変える ということを伝えていたわけだ。

2008年8月23日以降は、
1冊1分で本を読めるようになることで、
頭をよくすることで、
人生を変える というメソッドを伝えていた。

どちらも、人生を変えるためのメソッドだ。

1冊1分で本が読めたら、どれだけ人生が変わるだろう?

好きな分野の専門家にもなれるし、
知識を仕入れることで、
どんな時代にも対応できるようになる。

2003年〜2005年は、メルマガさえ出せば、

それだけで成功できたという時代だった。

今考えれば、夢のような時代である。

だが、その後、ツイッター、フェイスブックなど、

インターネットツールも多岐にわたるようになった。

こうなると、新たにビジネスを起こすよりも、
勉強して
未来に備えた方がいい時代になったと感じた。

今のうちに1冊1分になって、そもそもの頭の良さを上げていった方が、

どんな時代になっても対応できるからだ。

これからの時代は、AI(人工知能)が発達する。

電車で切符を切っていた車掌さんがいた時代から、自動改札機に切り替わった。

同じように、タクシーも全自動運転で、無人タクシーになるかもしれないし、

スーパーのレジ打ちの仕事も、なくなるかもしれない。

デパートの販売員という職業も、コンピューターのプログラマーという職業も、

税理士も、公認会計士も、弁護士も、人工知能が代わりにやる時代が来るかもしれない。

あなたのライバルは、人間ではなく、人工知能になる。

その時代に、人工知能よりも、クリエイティブな発想ができなければ、

あなたは失業するしかなくなる。

だから、今、1冊1分で本が読めるようになって、
頭の良さ、そのものを
上げていけなければいけないのだ。

このスキルのおかげで、石井は、いきなり衆議院議員に立候補したり、

小説を書いたり、漫画の原作にも挑戦できるようになっている。

1冊1分のスピードで本が読めないと、
人工知能に負けて、
失業するという事態が訪れるだけだ。

だからこそ、今、1冊1分になるための合宿を開催している
というわけだ。


石井は、まったくぶれずに、あなたの人生を、今、ここで変えるために
知恵を絞り、

本を書いたり、セミナーの開催をしたりしている。

直接あなたに出会い、人生を変えるお手伝いをしようと、全力なわけだ。

提供形態が変わることと、ブレることとは違う。


ビデオがDVDになって、動画配信になったとしても、映画そのものはぶれていない。

カセットテープがCDになって、今はダウンロード配信になっているが、

音楽そのものは、存在している。

それと同じように、石井貴士は、あなたの人生を変えるメソッドを、
常に、あなたに提供し続けている。

起業コンサルタントから、勉強法コンサルタントになったのではないかといった、

表面上のことしか見られない人は、あさはかでしかない。

キンドルのことを伝えれば、
「電子書籍コンサルタントなんですね」と言われ、

漫画の原作をしたら、「漫画家なんですね」と言われるのは、
まったく無意味でしかない。

漫画の方が伝えやすいのであれば、石井の思想は漫画にするし、

小説の方が伝わるのであれば、小説にするだろう。

まったくぶれずに、「人生を変えるメソッドを伝える」ということだけを
しているので、
ぜひ、あなたには、そこのところをわかってほしい。

まだ1冊1分になっていなかったら、
それは、これからの時代で、
生きていけなくなることを意味していると思う。

なので、まだ参加していない方は、新年1発目の合宿には、
参加して欲しいと思う。

1冊1分になって、あなたが人生で成功していくことで、

周りの人の多くも、幸せになっていける。

そんな状態を作り出すために、一緒に、人生を変えていこう。

また次回の全力メルマガも、全力でお届けするので、楽しみにしていて欲しい。

石井貴士