【石井貴士★全力メルマガ】1日早く天才になれば、1日長く天才でいられる。

こんばんは。石井貴士です。
今日も、全力メルマガをお届けしたい。
今週末は、「1冊1分で本が読めるようになる、1分間勉強法2日間集中マスター合宿」が、開催される。
なぜ、この合宿を開催しているのかというと、1冊1分になれば、あなたは天才に生まれ変われると信じているからだ。
1分間勉強法合宿を修了す ると、1日3冊読めという宿題が出る。
1日3冊だと、一ヶ月で90冊。
年間1000冊が当たり前という習慣ができる。
中谷彰宏先生も、勝間和代さんも、年間1000冊の本を読むという。
石井貴士も、年間1000冊だ。
つまり、知の巨人レベルになるには、年間1000冊本を読めばいいだけだということになる。
あなたは、1日も早く、年間1000冊を当たり前にして欲しい。
頭の中までは、国は税金はかけられない。
ということは、不動産を持つよりも、自分の頭に投資した方が、死ぬまでずっと頭が良くいられるわけだから、利 回りもいいわけだ。
1分間勉強法の合宿は、2007年からやっているので、今年で10周年になる。
2007年に受講した生徒と、あなたでは、10年分、つまり10000冊の差が、すでに開いてしまっているということだ。
これは、とてももったいない。
「いつか、1冊1分になろうと思っているんです」という人がいるが、1日も早く、1冊1分になった方が、人生にとっては有意義だ。
中学生で受講する人もいるし、60歳で受講する人もいる。
60歳以上の方がいつもおっしゃるのは、
「このメソッドを、中学生・高校生のときに知っていれば 、 人生は変わったのに」ということだ。
勉強するのは、1日も早い方がいい。
3ヶ月自己投資が遅れるのは、3ヶ月、バカのままで居続けるということと、イコールなわけだ。
「セミナー代がもったいない」と考える人は、「バカのままでいて平気です」という人なわけだ。
非常に、損をしていると思う。
石井の場合は、中学・高校時代から、塾代にはお金をかけまくっていたし、アナウンサーになろうと思ったときも、貯金を全額下ろして、親から借金をして、全国のアナウンサー試験を受けた。
起業しようと思ったときも、勉強代を親から借りてまで、何 百万円も自己投資をした。
1日早く、天才になれば、天才として生きられる時間が1日長くなる。
こう考えて、先手、先手を打っておくのが、賢い人生戦略だと、私は思う。
あなたは、自分が頭が良くなるのを、先延ばしにしてはいないだろうか。
せっかくだから、1日も早く天才になり、1日も長く、天才として生きようぜ!
では、また明日!
石井貴士

コチラの記事も人気です