【1分間ノート術】★ノートは7ミリ間隔のノートを使おう

ノートは7ミリ間隔のノートを使おう。

ノートは、狭い間隔のものではなく、広い間隔のものを使いましょう。

オススメは、7ミリ間隔のノートです。

書くときは必ず、1行空けて書くようにします。

行と行の間に1行空けておけば、間違った時にも訂正しやすいのです。

次の行と続いている行であれ、1行空けて書きます。

次の行と続いていなければ、2行空けて書きます。

そのくらいしないと、ゆったり感は出ません。

慣れない人にとっては、「なんてもったいないんだ」と思うことでしょう。

違うのです。

次に復習するときに、1秒で復習するために、心を鬼にするのです。

小学校時代、隣に座っていた貝塚くんという男の子から、

「先生! 石井君が、ひどいノートの取り方をしています。

 紙の無駄遣いです!

 先生が叱ってください!」

と、いきなり授業中に言われたことがありました。

貝塚くんは、細かい字でびっしりとノートを取るタイプ。

それに引き替え、私は、大きな字で、ゆったりすぎるノートの使い方をしていたのです。

結局、そのときに、先生は、「ノートの取り方は、ひとそれぞれだからねえ」と言って、終わりました。

貝塚くんは、自分の意見が聞き入れられず、授業が終わっても、釈然としない表情をしていました。

小学生当時から、ノートを取るときは、ゆったり取らないと意味がないと確信していたのです。

ノートを取る意味は、復習するときに、いかに時間を短縮できるかが勝負だと思っていました。

もし、先生から怒られたとしても、決して曲げなかったでしょう。

ノートは、ゆったり書いてナンボなのです。

image (9)

★ノートは、どんなときでも、1行空けて、書こう。







『本当に頭が良くなる1分間ノート術』

http://tinyurl.com/pfqlfyb

1分間ノート術
友だち追加