【1分間ノート術】★資料に直接メモせず、ノートにメモしよう

資料に直接メモせず、ノートにメモしよう。

資料があると、その資料に書き込んでしまう人がいます。

もちろん、何度も使う参考書であれば、どんどん書き込むべきです。


教科書にも、書き込みをするべきです。

ですが、先生から渡されたプリントには、書き込まないようにしましょう。


会議の資料にも書き込まないようにします。

書くときは、プリントではなく、ノートに書く。


これを徹底しましょう。


プリントに大切な部分があれば、それを切り取って、ノートに貼るのです。

あくまで、ノートが主、プリントは従なのです。


資料はいつかなくしますが、ノートはなくさないからです。

資料を取っておきたいと思ったら、A4のルーズリーフのファイルの後ろのクリアファイルの部分に、入れておきます。


そうすれば、当面の間は、なくしません。

常に、A4のルーズリーフを主体にします。


雑誌の切り抜きや、大切な資料は、切って、ルーズリーフに貼り付ける。


もし、資料そのものが重要であれば、バインダーのクリアファイル部分にどんどん入れていけばいいのです。

★資料は書き込むのでなく、切り取るか、クリアファイルに入れよう。

image (10)


『本当に頭が良くなる1分間ノート術』

http://tinyurl.com/pfqlfyb

1分間ノート術
友だち追加