【1分間決断法】★決断は一瞬。そのあとの人生は永遠。

あなたがこの本を読んで得られるものは、4つあります。


1、決断した後の「幸せな未来」


会社を辞めるかどうかの決断がゼロ秒でできれば、会社の残ったとしても、悔いなく人生を送ることができます。

会社を辞めたとしても、自分の決断基準に合致した決定であれば、
その後はずっと迷いなく人生を歩んでいけます。

 どんな人と結婚すべきかという決断もゼロ秒でできるようになれば、結婚する未来を選ぼうが、
結婚しない未来を選ぼうが、納得のいく人生を送れます。

 
決断は、一瞬です。

 そして、決断した後の人生は、悔いのない人生として、ずっと続くのです。
 
 2、他人に決められる人生ではなく、自分で決める人生


 周囲の人から、「こうしたほうがいいよ」というアドバイスに従って生きていたら、
他人軸で生きている人生になります。

 親から言われて、言うとおりに生きる。
 
 会社の上司から言われて、言うとおりに仕事をする。


 それでは、自分の人生を生きているとは言えません。
 
 人生は、ほかの誰のものでもなく、あなたのものです。
 
 あなただけの決定基準ができれば、自分軸で生きることができます。



この本を読むことで、やっとあなたは自分の人生を取り戻すことができるのです。


3、人生において、迷っている時間をなくせる。

 
 1秒迷っていたら、1秒を失います。
 
 1日迷ったら、1日を失うのです。

 
 ならば、迷う時間をなくすことで、その時間をやりたいことをする時間に充てることができるのです。

 
 なぜ、迷う時間が生じるのかというと、あなたが決断の軸を持っていないからです。
 
 
イチロー選手は「打率よりも、ヒットの本数を大切にする」ことで、素晴らしい成績を残しています。

増えたり減ったりする打率よりも、増え続けるヒットの本数を意識することで、
打率で一喜一憂する時間を減らして、練習に打ち込んでいるのです。

新庄剛志選手は、「とんでもないボール球をヒットにするのが、格好いい」という基準を持っていました。

新庄選手が敬遠のシーンでサヨナラヒットを打った姿は、今でも多くの人の印象に残っています。

「ボール球は、見送る」というのがほとんどの選手の決断基準。

 ボール球を振るべきだろうかと迷っている時間を削って、ボール球を打つ練習をしていたのです。


迷う時間があったら、その時間を使って、自分がすべきことに集中できるのです。

4、将来の「失われた時間」をなくせる。

あなたが今後の人生で、なんとなく決断をしてしまい、気づいたら5年、10年が過ぎ去ってしまう場合もあります。

「なんとなく、この会社に転職しよう」と決断基準もないまま、流されてしまい、好きでも得意でもない仕事をしてし
まったら、その数年間が無駄になります。

もし、そのまま子供ができてしまい、子供の受験が迫ってきたら、
会社を辞めるのがどんどん難しくなる一方になってしまうのです。

なんとなく決断したことで、「失われた時間」が生まれてしまうのです。


「親がいい人だって言うから、この人と結婚します」と言って、親の言うなりに結婚して、
10年、20年過ごしてしまったら、それこそあなたにとって「失われた時間」になっていまいます。

私自身、もし会社を辞めずにアナウンサーを続けていたら、
うまくいかなくて精神的にやられて、数年間入院していたかもしれません。

会社を辞めたことで、体を壊す時間も削れたと思っています。

figure_ta-da


決断基準を持つだけで、将来の「失われた時間」をなくすことができるのです。





『一瞬で人生が変わる1分間決断法』

http://tinyurl.com/ma5zvlv

一瞬で人生が変わる! 1分間決断法

石井貴士のLINE@はこちら

友だち追加

オフィシャルブログのアクセスランキング