【1分間読書法】★9割カットすることが前提だから、インプット量を増やす必要がある。

成功するために必要なもの。それは、
 
1、 インプット
2、 アウトプット

 です。

情報を自分の頭に入れること。

 そうしないと、それをアウトプットすることはできません。

 「アイデアがなかなか出ないんです」という人がいます。

 そういいう人に限って、あまり本を読んでいません。

 1冊1分で大量に本を読んでいれば、毎日、いろいろなことを思いつきます。

「精度の高い情報を発信したい」という人がいますが、精度が高い情報を発信するには、それだけインプット量を多くする必要があります。


 アナウンサーの仕事は、仕込み9割と言われます。

 一見、アナウンサーは、テレビに出ている派手な仕事だと思われがちです。

 ですが、実際の仕事は、取材だったり、資料の整理ばかりです。

 テレビに出ている時間が10分だったら、90分は、地道に仕込みをしている時間なのです。


 1の情報を自分が話すのであれば、10の内容を仕入れて、そのなかから9割をカットして、実際の放送で話します。

 常に9割をカットして話す習慣がつけば、精度の高い情報を発信することができます。

 9割をカットするということは、常に10倍の情報量があって当然ということです。

 「10倍の情報量をインプットしているのが普通だ」と思えるようになって初めて、1冊1分の世界にいる自分がリアルにイメージできるのです。


 インプットには、3つの手段が存在します。


1、 本から学ぶ。

2、 教材を買って学ぶ。

3、 セミナーに行って学ぶ。


 この本・教材・セミナーの3つのことを、インプットのゴールデントライアングルと呼んでいます。

これ以外に、「偶然、人に会ってその場で教えを乞う」などの学ぶ手段はあるかもしれません。

そんななか、本・教材・セミナーで学ぶのが、最速で学ぶ方法です。


大学受験で勉強をするときも、

1、 参考書・問題集を買って学ぶ。

2、 セミナーが収録されたDVD教材を買って学ぶ。

3、 塾や予備校に実際に通って、直接、先生から学ぶ。

の3つだったはずです。


 価格で言えば、セミナー>教材>本 の順番です。

 本は古本では100円で買えてしまい、新刊でも1500円しかかからず、それでいて成功者のエッセンスを吸収できるのです。
費用対効果が抜群なのが、本なのです。

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s


本を1冊1分で読めるようになるというのは、あなたが成長するうえで、費用対効果に優れたメソッドをマスターするということなのです。





『本当に頭がよくなる1分間読書法』

http://tinyurl.com/leh7a8p

1分間読書法 表紙

石井貴士のLINE@はこちら

友だち追加

オフィシャルブログのアクセスランキング