マガジン編集部に電話をしました。

マガジンに電話をかけ、

小説形式の持ち込みはNGですか?

と聞いたところ、とても丁寧に応対していただき、

「たとえ面白かったとしても、どうしようもないです」

とのことでした。

やはり、ネーム形式などではないと、持ち込みも難しいようです。

新人賞に、ネーム形式で応募するしかないかなあと、思案中です。

サンデーは、同じ結果が見えているので、電話はやめておきます。

★行動すれば、次のチャンスが現れるね。

コチラの記事も人気です