青ペン学習法 ~青ペンを使うと、記憶力が上がるって本当!?

■青ペンを使うだけで勉強ができるようになる、「青ペン学習法」とは?

2015年11月4日(火)の中居正広のミになる図書館』(23:15~ テレビ朝日)で、

「青ペン学習法」が号外スクープとして、紹介され、大反響になっています。

放送を見て、「青ペンを使おう」と思った方も、多いはず。

この「青ペン学習法」は、累計100万部超の「本当に頭がよくなる1分間勉強法シリーズ」の著者、
石井貴士が提唱し、塾や学校などで、ここ数年、爆発的に広まっているものです。


「勉強をするときには、黒ペンではなく、青ペンを使う」という単純なもので、

お金もかからないことから、今すぐにあなたもチャレンジすることができる勉強法です。

では、なぜ、青ペンを使うべきなのでしょうか?



■青ペン学習法で記憶力が上がる 理由その1
 


寒色の「青」は、無意識のうちに、集中力を高める効果あり!

色には、寒色と暖色があります。

寒色は、青・緑を指します。

黒板の色が緑になっているのも、自然と生徒が集中するためですし、

木々の緑を見ると、人はホッとします。

寒色は、副交感神経に作用し、寒色を見ると、人は集中状態に入ると言われています。

それに対して、暖色は、赤・オレンジ。

武田信玄が赤い鎧にしたのは、血を想像させる赤(暖色)を身に着けることで、

敵は落ち着かなくなって、パニック状態になり、冷静な判断ができなくなります。

また、赤ちょうちんに代表されるように、赤い内装の店、赤いテーブルのお店は多いです。

なぜ、飲食店では赤を使うかと言うと、暖色を見せることによって、人は興奮して、冷静な判断ができなくなるからです。

そのため、赤の内装にすることで、欲しくないものも注文してしまい、売り上げが上がると言われています。

暖色は、交感神経に作用し、暖色を見ると、人は興奮状態に入ると言われています。

つまり、

寒色・・・集中する色。

暖色・・・興奮する色。

なのです。

ならば、勉強の場合は、青ペンを使うだけで、自動的に集中状態に入れるのです。



■青ペン学習法で記憶力が上がる 理由その2 



 インターネットの普及により、青がリンク色となり、記憶にもリンク(定着)する!

マイクロソフトは、人が一番気になる、集中してしまう色が青であるという研究結果の元、なるべく重要なところは青にするようにしたと言われています。

インターネットでも、リンクされているところは青。

重要ではないところは、黒で書かれています。

このヤフーニュースでも、青がリンク色として使われていますよね?

インターネットが登場する前であれば、黒と青の重要度は、

ほとんど同じくらいだと認識されていたはずです。

しかし、インターネットを毎日のように使っている、われわれ現代人にとっては、

重要なもの=青でリンクされている。

重要ではないもの=黒でリンクされていない。

と、脳が自動的に認識しているのです。

ということは、青ペンを使うだけで、「青で書かれているので重要に違いない」と、

脳が考えてくれるのです。

ならばあなたは、青ペンを使うだけで、青で書かれたことが脳の回路とリンクして、

記憶に定着するようになるのです。

image (5)

『本当に頭がよくなる青ペン学習法』

http://tinyurl.com/phozy5w
青ペン学習法

石井貴士のLINE@はこちら

友だち追加