【未来予測】2021年3月4日 アメリカ大統領にトランプが返り咲く!? 都市伝説か! 事実なのか!

  • トランプ元大統領の動向を知りたい方
  • アメリカの今後について知りたい方
  • トランプが大統領に返り咲く都市伝説について知りたい方

人生は変えられる、石井貴士です。

今回の未来予測、2021年3月4日アメリカ大統領にトランプが返り咲く!?都市伝説か! 事実なのか!というテーマでお話していきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来、それは2021年3月4日アメリカ大統領に、トランプ氏が返り咲くかもしれない!という、都市伝説について知ることができるという未来です。

トランプ大統領から、バイデン大統領に1月20日に切り替わりました。

なのですが、何を言っているんだ、3月4日にトランプ大統領が、もう1回返り咲くんだ!という都市伝説が、実しやかに囁かれております。

今回の動画は3月4日に、トランプ大統領になる可能性があるのか、考えていきたいので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは、結論からいきましょう。

今回の未来予測3つのポイント。

①3月4日にトランプ大統領が返り咲く なぜ3月4日なのか

②3月4日にトランプ大統領になる!という都市伝説について検証します

③3月4日はどうなるのか 実際にタロットを切ります

という感じでお届けしていきます

今回なぜこの未来予測を知ってほしいのかというと、アメリカ大統領がバイデン大統領になったとは言え、いやいや3月4日にトランプ大統領が返り咲くよ!と信じている方、結構いるんです。

なんなの?3月4日って日付まで指定して、どういうことなの?と思う方もいると思いますので、今回はどこよりも分かりやすく、3月4日トランプ大統領になるのかどうか、解説をしていきます。

では未来予測3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①3月4日にトランプ大統領が返り咲くなぜ、3月4日なのか

というところなんですけれども、今トランプ大統領が3月4日に大統領に返り咲く!という都市伝説があります。

あくまで噂レベルだとは思います。

でも都市伝説だよね?と言う前に、いや、なんで3月4日なの?本当にあるんじゃないの?ということも、一応は検証していきたいと思います。

なぜ3月4日なのか!といったことも、検証していきますのでこれがデマなのか、どうなのか是非みなさんご自身でご判断いただければと思います。

まず「3月4日」というとても具体的です。

この日付なんですが、ここまでの経緯をまず説明しましょう。

1月6日にトランプ支持者が、アメリカの議会に突入して5人の方が亡くなっています。

そしてFacebook Twitter。トランプ大統領のアカウントを凍結しました。

そしてその後に1月10日、機密文書を公にするぞ!とトランプ大統領が決めました。

これでUFOのことも分かるかもしれない、ということで都市伝説好きの方は、とても楽しみにしていると思います。

ですがこの機密文書、UFOのことだけではなくてバイデン大統領が、中国からお金をもらっていた、という文書も公になるのではないか、というふうに言われているんです。

バイデン大統領が、中国からお金をもらって、大統領になっているとしたら、それは国家転覆罪にあたる、という可能性があります。

そしてバイデン大統領が、中国と繋がっているということが2月中に明らかになって、3月4日にトランプ大統領が返り咲く、というシナリオが言われているんです。

ではなぜ3月4日なのかと言うと、ルーズベルト第32代大統領が1933年3月4日に、1回目の就任演説を行った、ということがあります。

そしてリンカーン第16代大統領が、1865年3月4日に、2回目の就任演説を行ったという。

これが理由のようです。

7月4日がアメリカの独立記念日なので、この4日というのはアメリカとしては、大統領就任としては良い日なのではないか、というふうに言われているわけなんです。

②3月4日にトランプ大統領になるという都市伝説について検証します

というところなんですが、3月4日に大統領がもう1回トランプ大統領になるというのは、常識的に考えたら、ま、そりゃないな!と思うじゃないですか。

トランプ元大統領は、大統領選挙後の演説で我々の戦いはまだ始まったばかりだ、というふうに述べていますので、これから何かをする!という決意だと受け取れます。

そしてトランプ氏は、フロリダに新しい事務所を構えました。

このことから、トランプ新党を結成するのではないかとか、いやいや、テキサス共和国という名称で今のアメリカから独立させて、もう一つのアメリカをつくるんじゃないか、ということも言われています。

もちろん噂レベルです。

では「我々の戦いは始まったばかりだ」という、「我々の戦い」とは何かという、ここに注目が集まります。

可能性3つあります。

1つは3月4日にクーデターのようなものを起こして大統領に返り咲く

そして2つ目トランプ新党をつくって4年後の大統領選挙に備える

3テキサス共和国をつくって独立する

ということですね。

このトランプ新党とテキサス共和国に関しては、それぞれ動画を作成いたしますので、少しお待ちください。

今回は①の3月4日の軍事クーデターのようなものを起こす可能性について、検証していきたいと思います。

まずトランプ大統領は、退任の時の演説で“We will be back in some form.”ということで「私たちは何らかの形で帰ってくる」というふうに言い残しています。

この「なんらかの形」というのが、なんなのか!といつも常識的ではない考え方をするトランプ元大統領が、どんな形なのかというのが気になるところです。

この「何らかの形」というのが、軍事クーデターである、という可能性も否定はできません。

今、トランプ前大統領は、追い詰められています。

2月に弾劾裁判が、行われるとされていますので、それに反発して2月を支持者をどんどん集めていく時期に当てる、ということもあるでしょう。

さらには機密文書の公開で、UFOの存在をトランプ元大統領が明らかにしたとしたら、トランプ人気跳ね上がるのではないでしょうか。

同時にバイデン大統領の不正選挙の証拠、そして中国と繋がっているという証拠が2月に出てきて、大騒ぎになるかもしれません。

そんなシナリオが、本当のものになればバイデン大統領ではなく、トランプ大統領が3月4日になる、という可能性もゼロではないということになります。

では、実際に3月4日どうなるのか、タロットを切っていきたいと思います。

僕の動画で、こちらのアメリカ大統領選挙のタロット予測の動画があります。

バイデンだ! トランプだ!とみなさんが言っている時に、なんと僕の予測というのは
両方とも当選する
、ということになりました。

そして実際、両方勝った!と言い続けたという結果になりました。

当たった!ということなんです。

もし3月4日にトランプ大統領が返り咲く、ということになると本当に本当に、僕のタロット予測が的中したということになります。

では3月4日について、タロットを切っていきます。

③3月4日は、どうなるのか実際にタロットを切ります

ということなんですが、タロットを切りましたので、是非こちらの動画をご覧ください。

それではトランプ元大統領が、3月4日何をしてくるのか。

タロットを切っていきたいと思います。

本当にクーデターを起こしてきたりするんでしょうか。

まさかね、そんな事をしないとは信じたいんですが、何をしてくるか分からないっていうのが、トランプ氏なので見ていきたいと思います。

一体何をしてくるんでしょうか。

もしかしたら3月4日ね、何にも起こらないという可能性、それが一番高いと思うんですが、見ていきましょう。

3月4日のトランプ元大統領見てきましょう。

うわっ!すごいカードが試練出てましたね。

悪魔のことをやるかどうか、それが試練であるというふうに出ています。

わー!すごいな!目標っていうところに、王になる!というふうに出てますね。

たからキングになるために、っていうところが見受けられます。

ちょっとこう、もうちょっと下に向けなきゃいけないか、見づらくて非常に申し訳ないんですけど。

そうか・・・

こんな可能性ちょっと考えてなかったな、さすがタロット。

はい。

3月4日どんなふうになるか、というのをちょっとタロットで切ってみたんですけれども、とにかくトランプ大統領としては、何もしません!。

待ちです、待ちだ!というふうに出ています。

何もしないで待つ!っていうね、カードなんですけど、何もしないで待つ。

で、果たして悪魔のようなことをしてくるのかどうか、それ理由は大統領に返り咲くため。

でも今いろいろ、やることがいっぱいあるのってちょっと、それどころじゃないのかな?っていう感じがするんですが、これ棚から牡丹餅っていう、カードが出てるんですね。

ということは、勝手に支持者がクーデターをトランプ大統領が、何も指示をしていないのにやってくる、という可能性が一番出ると思います。

やっぱりね

やろうかな

やるまいかなっていうのを、ずっと考えていて。

で、結局のところなんか小競り合いみたいなものは起きるけど、何も起きないというふうに出ています。

なのでトランプ大統領自らが、トランプ元大統領自らが何かを行動を起こして、クーデターを起こしていく、という可能性はないというふうに出ています。

その代わりに、支持者が勝手に何かをやらかしてくる

でも勝手に何か、暴動とかを起こすかもしれないけれども、それは特に何の結果も生まない、というふうに出ております。

なので3月4日、心配だなぁという方いらっしゃったかもしれませんが、まあ大丈夫だろうという、タロットの結果にはなりました。

タロットを切ったところ、トランプ大統領は、何かしでかす気は全くない、でも支持者が勝手に何かをちょっと起こすけれども、大したことなく終わるというのが、3月4日ということになりました。

安心しました。軍事クーデターは、どうやらなさそうです。

アメリカがどうなっていくのか不安だ、という方多いかもしれません。

ですが、特に不安に感じるという方は、こちらの不安をなくすための動画ありますので、是非ご覧いただければと思います。

不安というのは、準備をしていない時に起きる考えです。

自分のスイートスポットを知って、何をすればいいか分かっている状態さえあれば、不安はなくなっていきますので、是非こちらのスイートスポット理論の動画も、あわせてご覧ください。

今回の未来予測、2021年3月4日アメリカ大統領にトランプが返り咲く!?都市伝説なのか! 事実なのか!というテーマでお届けしました。

今回の未来予測3つのポイント

①3月4日にトランプ大統領が返り咲く なぜ3月4日なのか

②3月4日にトランプ大統領になるという都市伝説について検証します

③3月4日はどうなるのか 実際にタロットを切りますということをお届けしました

今回も、ご視聴ありがとうございました。

学びになったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも是非お寄せください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【未来予測】ドナルド・トランプが大統領に就任!? テキサス共和国とは

  • トランプ元大統領の動向について知りたい方
  • テキサス共和国について知りたい方
  • テキサス共和国ができるのか知りたい方

人生は変えられる、石井貴士です。

今回の未来予測、ドナルド・トランプが大統領に就任!?テキサス共和国とは。
という話をしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来、それはテキサス共和国とは何かが分かるという未来です。

今、トランプ大統領が、アメリカから独立してテキサス共和国をつくるかもしれない、という噂が流れています。

このテキサス共和国、実際に昔に本当にあった国の名前なんです。

今回は、本当にあったテキサス共和国についても、お話ししますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の未来予測3つのポイント。

①テキサス共和国とは

②トランプ大統領がテキサス共和国をつくる可能性はあるのか

③テキサス共和国はできるのか タロット予測をします

ということをお伝えしていきます

今回、なぜこの未来予測を知ってほしいのかというと、トランプ大統領がテキサス共和国という国を新たにつくって、アメリカを二分するその可能性がゼロではないからです大統領選挙後の演説で、「我々の戦いはまだ始まったばかりだ」と述べていますので、これから何かをしていくという決意だと取れます。

そしてトランプ氏は、フロリダに事務所を構えました。

このことから、テキサス共和国をつくってアメリカから独立させていくのではないか、そんな話も出てきています。

「我々の戦いはまだ始まったばかりだ」

この「我々の戦い」可能性3つあります。

1つは3月4日にクーデターのようなものを起こして大統領に返り咲く

2つ目トランプ新党をつくって4年後の大統領選挙に備える

3テキサス共和国をつくって独立する

というこの3つが考えられるわけなんですが、今回はこのテキサス共和国という聞きなれない言葉について、考えていきたいと思います。

では未来予測3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①テキサス共和国とは

ということなんですが、実はテキサス共和国という国は、実際に存在したんです。

1836年から1845年という短期間ではあるんですけれども、テキサスにはテキサス共和国存在したんです。

1834年までにテキサスには、スティーブン・オースティンという人の仲介によって、およそ750世帯のアメリカ人の入植者がいました。

この入植者がメキシコに対して起こしたのが、アラモの戦いをはじめとするテキサス独立戦争です。

そして1836年には、テキサス共和国が成立

初代大統領には、テキサス軍を指揮したサミュエル・ヒューストンという人が、選ばれました。

そして1837年、アメリカ合衆国の承認を得て、1837年にはフランス、その他のヨーロッパ各国に承認されていったというのがテキサス共和国です。

このテキサス共和国、綿花の栽培を中心に栄えていたということです。

そんな中、1845年テキサス併合という事件が起こって、アメリカにテキサスが併合されました。

テキサス共和国そのものが、アメリカに併合されるということになったんです。

この1845年テキサス併合っていうのは、世界史でも学んだという人が多いと思います。

そしてこのテキサス併合がきっかけになって、メキシコ戦争が起きました。

アメリカとメキシコで戦争が起きたわけです。

1846年から1848年に、アメリカ・メキシコ戦争が行われました。

そもそもテキサスという地域は、歴史的にメキシコから独立したということもあって、独立意識の強い土地柄なわけです。

そんな中、トランプ氏がもう一度、テキサス共和国復活させて初代大統領に就任していく。

そうやってアメリカを2つに割っていくのではないか!

フロリダに事務所を構えたということでテキサ共和国を復活させる可能性も、否定できないということです。

②トランプ大統領がテキサス共和国をつくる可能性はあるのか

というところなんですが

2020年7月29日、選挙資金イベントのために訪問したテキサス州で、バイデンからテキサスを守れ!と演説をしたんです。

なぜかと言うと、テキサスでは石油が採れるからなんです。

民主党バイデン大統領は、クリーンエネルギーの推進というのがスローガンです。

つまり脱石油を唱えているのが、バイデン大統領だというわけなんです。

石油産業がなくなったら困るよ、というのがテキサスなわけです。バイデン大統領は、バイデン増税をすると言われています。税金を上げて、社会保障を充実させるというわけです。

そんな中、トランプ氏はフロリダに事務所を置いて、テキサス共和国をつくってそこは減税だぞ!と税金安いぞ!と言ったら、どうなるんでしょうか。

そうしたらアメリカではなく、テキサス共和国に行きたいなというアメリカ人はものすごく多いはずです。

資本主義の国、アメリカの中心がテキサス共和国になっていく。そうなると元々あったアメリカは、経済的にも弱体化していきます。

税金は安い方がいい!社会福祉よりも経済だ!資本主義の国アメリカだ!と言う共和党支持者が、アメリカには半分います。

そして税金が高く、社会福祉を充実させよう!という中国寄りとも言われている、社会主義的な国にしていきたい、という考え方の民主党支持者が半分いるというわけなんです。

こう考えると、ここまで考えが違うんだったらアメリカ2つに分かれた方がいいんじゃないの?というのも1つの結論かもしれないんです。

ではテキサス共和国が、できる可能性はあるのかタロットを切りたいと思います。

③テキサス共和国はできるのかタロット予測をします

ということで、実際にテキサス共和国できるのか、タロットを切りましたのでこちらをご覧ください。

ではテキサス共和国ができるのか、タロットを切っていきたいと思います。

本当にテキサス共和国、なんていうものができてアメリカが二分されてしまうのでしょうか。

なくはないけど・・・ないかな!っていう、なくはないけど。

ない!っていうふうに出てるな。

そうなんだ!やっぱ今ね、テキサス共和国をつくろうという、準備はしてるみたいです。

準備はしてるけど、やらない!という一応、可能性もやっぱりね、トランプ元大統領は考えてるみたい。

他の人はね、やってくれ!って言ってんの。他の周りの圧力としては・・・テキサス共和国つくってくれ!というふうに出ています。

トランプ大統領本人は、自分自身がやっぱやるかどうかですね、本人が本当にテキサス共和国つくるぞ!と思えばなるかもしれないけれども、本人は、それは考えていない、というふうに出ています。

ですが一応、可能性を探るという意味で、コツコツね、積み上げている。

だから今の時点では、計画は立てているっていう事ですね。

そしてもしテキサスに、共和国をつくるのであれば近々に引越しっていうのが行われる、というふうに出ています。

だからフロリダからどこか他のね、テキサスの辺りに引っ越す、という可能性がありますので、そうなるといよいよテキサス共和国の芽が、出てくるかもしれないんですが、やはり、自分の本人としてはやりたくない。

テキサス共和国は、でも周りがやれ!と言う。これ周りがやれ!と言う。

で結局、二進も三進もいかなくなって、どうしようと悩んでるだけで終わるので、
これテキサス共和国は、どうやらなさそう。

でも周りとしては、やらせたいし本人も「なるなるなるかな・・・」と思ってるんだけど、ちょっとないかな!とテキサス共和国は、ない!本人が、なってもいいかもしれないけど、そこまで本気ではない!という感じで、やっぱり共和党に戻っていきたいなという。

そのね路線を考えているんじゃないかな、ということが分かりました。

以上タロットの結果でした。

ま、テキサス共和国できないな!と。

それよりも共和党にもう1回返り咲きたい、これがトランプ氏の考えていることだ、ということが分かりました。

将来、アメリカがアメリカ合衆国とテキサス共和国の、2つに分かれたらどうしよう!と不安になる方いると思います。

でも不安になるというのは、自分が何をやって生きていくんだ、ということが決まっていないからです。

スイートスポットが分かっていないから、不安になるというのが現実だと思います。

こちらのスイートスポット理論の動画ありますので、こちらを観て不安をなくしていただきたいな、というふうに思っています。

今回の未来予測、ドナルド・トランプが大統領に就任!?テキサス共和国とは。

というテーマでお届けしました。

未来予測3つのポイント。

①テキサス共和国とは

②トランプ大統領がテキサス共和国をつくる可能性はあるのか

③テキサス共和国はできるのか タロット予測をしますということをお伝えしました

今回もご視聴ありがとうございました。

為になった!という方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントもお寄せください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【未来予測】トランプ新党はできるのか!? フロリダに事務所を構えたぞ!

  • トランプ元大統領の今後について知りたい方
  • 今後のアメリカの進む方向を知りたい方
  • トランプ新党ができるのか知りたい方

人生は変えられる、石井貴士です。

今回の未来予測、トランプ新党はできるのか!?フロリダに事務所を構えたぞ!というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来、それはトランプ新党の可能性について予測できるという未来です。

トランプ前大統領は退任の演説で、「我々の戦いは始まったばかりだ」と語りました。

では「我々の戦い」とは何か。

可能性は3つあります。

1つは、3月4日にクーデターのようなものを起こして大統領に返り咲く。

2つ目、トランプ新党を作って四年後の大統領選挙に備える。

3、テキサス共和国をつくって独立するという。

この3つですね。

今回は、トランプ新党の可能性についてお話しますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の未来予測3つのポイント。

①トランプ新党ができそうだと言われる理由

②アメリカに第三極の可能性が見えてきた

③トランプ新党ができるのかタロット予測をします

ということをお話していきます。

今回なぜこの未来予測を知ってほしいのかというと、トランプ前大統領が新党をつくるとすると、それはアメリカにとって歴史的なことだからです。

今までは共和党と民主党という、二大政党制でした。

小さな政府を目指す社会保障料を下げて、税金も下げていこうという共和党。

大きな政府を目指す社会保障を手厚くして、税金をあげていこうという民主党。

この2つの対立だったわけです。

そんな中、共和党でもない、民主党でもない、どちらでもないトランプ新党というのができたら、アメリカにとっては歴史的な事件となりますので、今回はトランプ新党の可能性について、解説をしていきます。

では未来予測3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①トランプ新党ができそうだと言われる理由

なんですが、トランプ前大統領は退任の演説で
「我々の戦いは始まったばかりだ」

 “We will be back in some form.”
「私たちは何らかの形で帰ってくる」というふうに言いました。

この「何らかの形」、これがトランプ新党なのではないかというわけなんです。

1月25日にフロリダで、新しい事務所もつくられました。

これが、トランプ新党の事務所になるという可能性もあります。

そして今、新党のためなのか分かりませんが、寄付を募っているというところです。

今のところ、このトランプ新党ができるとすると2年後を目指しているのか、4年後を目指しているのかどちらなんだろうという、憶測が飛び交っています。

②アメリカに第三極の可能性が見えてきた

ということなんですが、アメリカは二大政党制です。

小さな政府を目指す社会保障料を下げて、税金を下げていこうという、ま、いわゆる資本主義ですね。

その共和党、大きな政府を目指す社会保障料を手厚くして、税金を上げていこうという社会主義的な民主党。

この2つの争いのわけです。

ちょっと待ってくれ、アメリカって資本主義じゃないの?と言いたい気持ちわかります。

にも関わらず、民主党という政党が存在する。

これは大きな政府を目指す、社会保障を手厚くする、税金を上げるという、ま、そのままね中国的な共産主義。

社会主義に近づいていくという、そういった思想の政党が存在しているということになります。

そしてバイデン大統領、実際に中国からお金をもらっていたのではないか、という疑惑を持たれています。

中国にアメリカを売り渡すのではないか、とも囁かれています。

バイデン大統領が就任して、早速、税金あげるぞ!バイデン増税だ!ということになりまして、アメリカの景気は落ちていくと思います。

アメリカの景気が落ちると、アメリカの株価も下がりますので、日本の株価も落ちていきます。

株価が下がっていくと、不況に突入します。

不況に突入すると、その後は戦争が待っているということなんです。

バイデン大統領は、「核兵器を落とす可能性もある」と過去に述べていて、一年を予言していると言われる2021年のエコノミストの表紙、バイデン大統領の上に核爆弾のマークが描かれています

資本主義はいい、でもトランプ大統領は嫌だな、差別主義は嫌だ、人格としてどうなの?トランプはダメだ、ということで、共和党から民主党に政権が移りました。

これからは中国とアメリカは、仲良くしていく近づいていく。ということが予想されます。

今は戦略的黙認主義をとる、というふうにも言われていて、中国が何かをしでかしたとしても、戦略的に黙認していこうというアメリカになっていくと言われています。

この状況日本としては、どうなのかと言うと、尖閣諸島に中国が侵略してきたとしても、アメリカが助けてくれない、そんな可能性も出てきます。

確かにトランプ大統領、人間としてどうなの?とは思います。

完全な差別主義です。

そんな大統領ではあったんですが、トランプ大統領ではなくなったことで、日本としては、中国の危機によりさらされることになった。

というのが実際のところです。

今は昔と違って、多様な価値観が受け入れられる時代です。

トランプ大統領は嫌いだが、共和党は好きだ。

という人もいると思いますし、トランプ大統領は好きだが、共和党は嫌いだ。

という方もいるはずですよね。

アメリカファーストがいいという人もいれば、アメリカファーストがいいでもトランプ大統領は嫌いだ。

という人もいますし、トランプ大統領は好きなんだけれども、アメリカファーストは良くないという考えの人もいます。

なので今までは、二大政党制だったのが第三極の可能性が見えてきました。

共和党 民主党 トランプ新党と、3つの政党ができて共和党とトランプ新党で連立をして、政権をとっていくという可能性も出てきたわけです。

トランプ大統領、良くなかった!というイメージばかりが先行してると思いますが、良かったこと2つだけあります。

1つは戦争を起こさなかったこと。

4年間アメリカ戦争を起こしていないんですよね。

そして2つ目は、株価が奇跡的に爆上がりしたということです。

アメリカ大統領というのは、過去に大抵、戦争を起こしています。にも関わらずトランプ大統領、差別発言は繰り返しました。

口は悪かったです。

ですが実際に戦争を起こしていない、という事実はあるわけです。

ここはトランプ大統領が嫌いだという人も、評価しなければいけないところだと思います。

そしてアメリカは資本主義です。株価が上がっていれば、それでいいわけです。

と考えると、株価が上がったんだからトランプ大統領は良かったじゃないか、ということになるわけです。

確かに人間としては酷い、でも戦争は起こさなかったし株価も絶好調だった

だったら人間としては、目をつぶってもいいんじゃないか。という考えもあるわけです。

だとしたら人間としてはどうの?という考えには、目をつぶってもいいという考え方もあるわけです。

もちろん差別主義、最低だと思います。

肌の色が違うだけで差別をするというのは、本当にとんでもないことでこれを許しているアメリカという国自体が最低だなと思います。

ですが、ちょっと考えてください。

差別はするけれども、戦争は起こさないトランプ大統領と差別主義ではないけれども戦争を起こすかもしれないバイデン大統領だったら、これどっちがいいんでしょうか?

究極の選択とも取れるかもしれませんが、これだったら戦争を起こさないトランプ大統領の方がいいんじゃないの?という人は一定数いるはずです。

差別はするし暴言も吐くよと、でも戦争は起こさないし株価も上がるという、トランプ大統領。

差別はしないよ、地球環境には配慮するよ、クリーンエネルギーでいきましょう、結構、人格者だとも言われていますよ。

でも核戦争はするかもしれないし税金もあげてきますよ、株価は大暴落すると思うし生活も苦しくなりますよ。

さらには不正選挙をやったかもしれないよ、中国とも繋がっていてアメリカを中国に売り渡すかもしれないよ、というバイデン大統領。

どっちも嫌だなという中で、究極の選択でアメリカはバイデン大統領をとった、というわけなんですけれどももしトランプ新党ができれば、人格者の共和党の代表が出てですよ。

そしてトランプ新党ができて、そこを連立すればいいわけですから、これいいんじゃないの?というふうに考える人は多いんじゃないでしょうか。

こういうことを言うと、石井さんは、どっちの味方なんですか?トランプさんですか?
バイデンさんですか?と言う人がいるんですが、すいません、どっちも嫌です。

願わくば共和党から、人格者のリーダーが出てくること、これが理想だと思っています。

③トランプ新党ができるのかタロット予測をします

ということで、ではタロット予測していきましたので、こちらの動画をご覧ください。

それでは、トランプ新党ができるのか、という話をしていきたいと思います。

これをね、タロットで切ったら、どんな結果になるのか。

さっきね、すでに・・・

ちょっと他のトランプ元大統領の切っていたので、このままやります。

新党の結成は、今のところですが全くなさそうな感じのカード配列になっています。

そうですね、復活のカードが出てるのでこれは新党をつくるのではなくて、共和党にどう復活するか、ということだけのようですね。

これはね、トランプ新党の可能性は限りなく低いというふうに出ています。

全く本人はね、新党をつくる気はない、というふうに出ています。

それで共和党に復活したいと、いうふうに出ていて、やはりねこの共和党への復活っていうのは、諸外国の圧力、諸外国がトランプ大統領、もう1回なってよみたいなことになって、共和党に復活していくという未来を自分は描いているんじゃないかな。

というふうに思いますって、なので現時点でトランプ元大統領が新党をつくる、トランプ新党をつくるという未来は、タロット上はなさそうです。

とてもね、ある話かなというふうに思ったんですが、これはない!というふうにタロットでは出ました。

実際にタロットを切ったところ、トランプ新党はできないという、つくろうとはしているかもしれないんですが、それよりも共和党に返り咲きたい、という思いの方が強いということになっています。

トランプ新党できるのかな?できないのかな?

トランプ新党ができる!という可能性は、どうやら少なそうではあります。

そんな中、トランプ新党が、できようが、できまいがあなたは自分の生活を守る、これが一番大切です。

アメリカがどうなろうが、あなたが幸せになればいいわけです。

そのために必要なものは何か、あなたが自分自身のスイートスポットを見つけて成功していくということです。

こちらのスイートスポット理論の動画ありますので、まだ観ていないという方は、是非、何度も観ていただきたいと思います。

スイートスポットを見つけて、アメリカにトランプ新党ができようが、できまいがあなた自身は成功していきましょう。

今回の未来予測、トランプ新党はできるのか!?フロリダに事務所を構えたぞ!
というテーマでお届けしました。

今回の未来予測3つのポイント

①トランプ新党ができそうだと言われている理由

②アメリカに第三極の可能性が見えてきた

③トランプ新党ができるのかタロット予測をしますということをお伝えしました

今回もご視聴ありがとうございました。

学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ