震為雷(しんいらい)

震為雷(しんいらい)初爻

状況が安定しても、油断は大敵。突然驚かされることがあるので注意という意味の爻(こう)です。とはいえ、その驚きは雷のように音だけで実害がなく、通り過ぎれば、ほっとすることも示します。心配がありますが、それほどのダメージはない見込み。備えあれば憂いなしと心得てください。

震為雷(しんいらい)2爻

地震や雷などの災害の恐れがあれば、財宝を捨てて丘へ逃げよというストーリーです。驚くような出来事がありますから、身の安全を第一に考えてください。失ったものは戻る可能性が高いので、欲をかかないこと。命より大事なものはありません。

震為雷(しんいらい)3爻

雷が遠ざかったと思ったら、近くで轟音を聞くというように、恐れおののく出来事がある暗示です。立場も弱く、安泰を招く力もありません。自分を奮い立たせて、現状を守るようにすれば、難を逃れられます。また、思いがけない知らせがあるかもしれません。

震為雷(しんいらい)4爻

泥の溝に落ちた雷は光らないことを示します。苦境に落ち、輝けないと解釈できます。なぜ苦境に落ちるかと言えば、動いてはならないときに動くからです。自分の能力を省みず、人真似をして失敗することを戒めています。

震為雷(しんいらい)5爻

次々と雷が鳴るように驚く出来事があり、状況は予断を許さないが、大きく失うことはないという爻(こう)です。動揺しないで、臨機応変な対応を心がけてください。人にやっかいなことを頼まれて難儀する暗示もあります。今は断ったほうが無難。

震為雷(しんいらい)上爻

雷が迫ってきたのは隣だが、自分に落ちるかのようにおろおろするというストーリーです。物事を正しく見ることができない、疑心暗鬼の状態と言えます。冷静さを保ちましょう。一方、用心深くなれば、トラブルを逃れられるときでもあります。

新着記事

水沢節(すいたくせつ)

水沢節(すいたくせつ)初爻 いつまでもエ ...
続きを読む

風水渙(ふうすいかん)

風水渙(ふうすいかん)初爻 人も自分も喜 ...
続きを読む