艮為山(ごんいざん)

艮為山(ごんいざん)初爻

山は動かないものの象徴で、この卦の各爻(こう)は体の各部を「止める=慎む」ことを促すものです。ここでは、足を動かさなければトラブルはないという意味になります。やみくもに動き回らず、やってくるものを受け止めるのが吉。

艮為山(ごんいざん)2爻

進もうとしても、ふくらはぎが動かないことを示します。すなわち、進むも帰るも思うに任せないとき。自分より力が劣ると思う人間に指図されて、不快を感じることもあるでしょう。けれど、対立するのは賢明ではありません。上手に立ち回ってください。

艮為山(ごんいざん)3爻

腰が動かないので、背骨が悲鳴を上げることを示します。頑固になってしまい、物事が進まないという意味。物事が途中でめっきり悪化する、「腰が折れる」という恐れもあります。思い切って方針を見直すとか、方向転換することが吉と出ます。

艮為山(ごんいざん)4爻

とどまるべきところにとどまり、間違いが起こることを防ぐので、良いという意味です。現状維持が無難。新しい計画の実行は延期したほうがいいでしょう。また、自分の希望や意見を外に出すと誤解を生むので、胸にしまっておいたほうがいいときです。

艮為山(ごんいざん)5爻

口から出るものを止めたほうがいいと促す爻(こう)です。失言、飲食の場での失敗、情報の洩れに気をつけたいときです。何か言おうとするときには、頭の中で練り直し、よく考えてからにしてください。そうすれば、多くの人の心を動かす話ができるでしょう。

艮為山(ごんいざん)上爻

知識や徳の山の頂上に達することを示します。長期に及んだ努力が報われます。すべてに充実感があり、盛大な区切りをつけることができるでしょう。また、これまで停滞していたことが、ここからは動き始めます。次の計画に着手してください。

周易のアクセスランキング