【人生が変わる12分】2021年8月20日 富士山噴火!? 15個中13個がすでに的中! 漫画家たつき諒さんの残り2つの予言とは?

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらの無料メールセミナー、人生を変える7つの魔法に、今すぐご登録ください。

登録すると、特典動画も観られるようになります。

今回は、2021年8月20日 富士山噴火!?15個中13個がすでに的中!画家たつき諒さんの残り2つの予言とは?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それは2021年8月20日に富士山噴火が起きるという都市伝説について詳しく分かる、という未来です。

漫画家のたつき諒さんという方がいて、彼女の予知夢が漫画になっているんですけれども、その中に8月20日に富士山噴火が起きる、というのがあるということで、今回はたつき諒さんについて、迫っていきたいと思いますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは結論からいきましょう、

人生を変える3つのポイント。

①たつき諒さんてどんな人?過去に的中した予言が凄すぎた!

②15個中13個が的中! 残り2つは2021年8月20日富士山噴火と2026年神奈川の大津波だ

③8月20日の富士山噴火が起きるとしたら49日前に巨大地震が来るのか?6月11日、7月11日の巨大地震に警戒せよ!

という事をお話していきます

今回、なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、2021年に何かが起きそうな予言というのはあるのか?というふうに調べていて、そうしたら8月20日富士山噴火という予言がある、ということを知ったからです。

8月20日と言うと、もう3ヶ月もありません。

予言はデマです。

信じてはいけません。

ですが予測をすることは、とても重要だというふうに常々言っています。

なので予言についてあまり取り扱いたくないな、という思いはあったんですけれども、2021年も巨大地震が怖いな、思って調べていたら、ちょうどね 僕の予測と同じような時期に富士山の噴火というのがありましたので、今回は、たつき諒さんについて、話をしていきます。

いつもと編集方針が違うじゃないか!と言わないでください。

たまには例外もある!ということを分かってください。

今回 5月11日 6月11日 7月11日とこの辺りが地震怖いなと思って、調べていたんですが、その後の8月20日に、富士山噴火という具体的な日付がある予言が存在するということで、知っておいた方がいい情報だ、ということは思います。

確実に8月20日に富士山の大噴火が起きるというわけではなくて、ただ知っておいてほしい予言、都市伝説好きとして押さえておくべきではあるよね、という予言ではありますので、例外的に取り上げていくんだ、ということを分かってください。

では人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①たつき諒さんてどんな人?過去に的中した予言が凄すぎた

ということなんですが、たつき諒さんというのは漫画家の方です。

1999年に出版された「私が見た未来」という漫画の中で、2011年3月に大災害が起きる
というふうに言っていて、本当に3月11日に東日本大震災が来た
ということで話題になったんです。

この「私が見た未来」というのは、予知夢のような形で、たつきさんが夢を見た内容について、書かれたという漫画です。

1980年から1996年にかけて、15個の予知夢を見たそうなんです。

そしてなんと、その中で13個は、すでに的中している

過去に現実として起きたということなんです

フレディ・マーキュリーの死そして映画化されること、ダイアナ妃が亡くなることなども予知夢で見ていたそうです。

的中したものの中には、阪神・淡路大震災 東日本大震災、そして新型コロナのパンデミックについてもあったということなんです。

ちなみに新型コロナに関しては、なぜか突如として謎の収束をして、コロナがいきなりなくなる、そして10年後にもう一度コロナがやってくる、という予知夢を見たそうです。

インドの予言者アビギャ君によれば、2021年11月にコロナが収束するというふうに言っていますので、重ね合わせるともしかしたら2021年11月に、突然コロナが理由も分からずに収束する、という未来もあるのかもしれません。

②15個中13個が的中!残り2つは2021年8月20日富士山噴火と2026年神奈川の大津波だ

ということなんですが

15個中13個が、すでに的中!というのが、たつき諒さんの予知夢です。

ちょっと待ってくれ!と残り2つはなんなんだ?それが知りたいぞ!とそう思った方多いと思います。

僕もそう思いました。

では1つ目なんですが、2021年8月20日 富士山噴火そしてもう1つが、2026年の神奈川大津波、この2つです。

富士山の噴火というのは、最短で2021年の8月そして最も注意すべき日は8月20日である、ということです。

そして遅くとも2141年までには、富士山噴火が起きるということです。

2141年かなり遠いですね。もう生きていないと思います。

神奈川大津波に関しては、最短で2026年の6月から9月、遅くとも2141年までには起きるということです。

この2021年8月20日の富士山噴火、そして2026年 神奈川大津波この2つが有名な予知夢だということですので、都市伝説好きの方は、もう押さえている方も多いのではないでしょうか。

③8月20日に富士山噴火が起きるとしたら49日前に巨大地震が来るのか?6月11日、7月11日の巨大地震に警戒せよ!

ということなんですけれども、まず2021年8月20日の富士山噴火があるのか?ということなんですけれども、あるとしたら、その前に地震がきそうだ、ということは予測できると思います。

1707年の宝永噴火、この時には49日前に宝永地震がありました。

南海トラフ地震からの富士山噴火があった、ということですね。

2021年8月、特に8月20日が危険だというふうに言っているので、8月1日に富士山噴火が来ても的中した、ということになるでしょうし、8月31日に富士山噴火が来たとしても、この予言は的中した、ということになると思います。

8月1日の49日前だとすると6月11日、8月20日だとドンピシャだとすると7月1日、8月31日だとすると7月11日が危険、ということになります。

期間で言うと、6月11日から7月11日の1ヶ月間、ここは南海トラフに警戒したほうがいいということです。

そしてピンポイントで、6月11日 7月1日 7月11日も警戒すべきというふうに考えておくのはどうでしょうか?

アメリカの同時多発テロは、2001年9月11日そして東日本大震災は、その10年後の2011年3月11日です。

ですので、2021年と最後に1がついていますので、6.11 7.11というのは警戒すべきだと思っています。

2026年神奈川大津波に関してなんですが、これは地震が原因なのか?と言うと地震が原因だったとしたら、神奈川大地震という予知夢になるはずです。

ですが神奈川大津波、というふうに言っていますので、これがもしね、相模トラフ巨大地震だということになると、地震に関してのイメージというのも夢の中に出てきているはずなんですよ。

ですが、そうではなくて、「大津波」というのが来ていますので、これはハワイとか日本以外の遠いところで地震があって、津波だけが神奈川に到達する、ということも考えられます。

2026年にハワイで火山が噴火して、新しい島ができるという予言をしている方もいるそうです。

もしそれも、当たってしまうということになると、ハワイの火山の影響で津波が起きて神奈川に襲来する、という可能性も否定できません。

とは言え、とは言えですよ、この予言というのは基本的にはデマです。信じてはいけません。

確実にこの日に地震が起きるよ!とか、そういったことを拡散するのは良くないです。

なのですが予測は大切なんですよ。

歴史から予測をする、論理的に予測をする、これはとても重要です。

歴史から見ると、感染症が来る、地震が来る、不況が来る、戦争が来るでワンセットです。

すでに感染症、コロナは来ています。ということはこれからは地震に警戒が必要だ、ということなんですよ。

2020年、去年も地震には警戒が必要でした。

緊急事態宣言が来た後、地震が来るのではないか!?というふうに思っていました。

そして今年もまた緊急事態宣言が来ています。5月は緊急事態宣言中です。

なので5月11日、6月11日、7月11日この日というのは、巨大地震に警戒してほしいなと思っていたんですが、そしたら2021年8月に富士山噴火というたつき諒さんの予知夢があった、ということなんです。

南海トラフ地震、宝永地震の49日後に富士山が噴火した、いうことがありました。

ですので8月1日の49日前、6月11日なんです。
そして8月31日の19日前、7月11日なんです。

なので6.11、7.11この2つの日付は、とても警戒してほしいなと思います。

僕は予言に関しては述べたくない、触れたくもない、というふうに思っているんですけれども、たまたまこのたつき諒さんの予知夢と僕の予測が合致してしまった、ということなので今回はご紹介しています。

通常の巨大地震に関しては、1ヶ月分の備蓄が必要だというふうに言っています。

富士山の噴火に関しては、3ヶ月分の備蓄が必要だというふうに思ってください。

というのもライフラインが寸断されるからです。

食料自体があっても、火山灰があると輸送ができないんです。

電車は止まります。

車も止まります。

ヘリコプターも飛ばせません。

飛行機も飛びません。

そんな状態がやってきます。

ですので富士山が噴火してもいいように、3ヶ月分の備蓄はしておきましょう。

そして家から一歩も出ないでもいいビジネスモデルの構築、これは3ヶ月間、半年間、1年間と家から出られないという可能性もあります。

家から出られないのに、なぜか家には請求書がやってくるんです。

今月末も来月末も、その月もずーっと請求書がやって来ます。

どうやってお金払えばいいんでしょうか?働くしかありません。

ですので、家から一歩も出なくてもいいジネスモデルが必要だということなんです。

そのために必要なのは、スイートスポットを見つけておくということです。

こちらのスイートスポット理論の動画、まだ観ていない方は是非ご覧ください。

人には3つのスイートスポットと呼ばれる職業があって、その3つをやれば成功するけれども、その3つをやらないとそこまで成功しない。

これがスイートスポット理論です。

是非、スイートスポット理論についても知って、富士山が噴火しても稼いでいけるようなそんなビジネスモデルをつくっていきましょう。

今回は2021年8月20日富士山噴火!?15個中13個がすでに的中!漫画家たつき諒さんの残り2つの予言とは?というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①たつき諒さんてどんな人?過去に的中した予言が凄すぎた!

②15個中13個が的中! 残り2つは2021年8月20日富士山噴火と2026年神奈川の大津波だ

③8月20日の富士山噴火が起きるとしたら49日前に巨大地震が来るのか?6月11日、7月11日の巨大地震に警戒せよ!というテーマでお届けしました

今回も、ご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントもお寄せください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

コチラの記事も人気です