天沢履(てんたくり)

天沢履(てんたくり)初爻

少し先に虎がいて、その尾を踏む恐れがあるため、慎重な態度が求められます。危険回避のためには、相手の扱い、すなわち礼儀が大切ということです。その礼儀には、お手本が見当たらないかもしれません。自力で考え、試行錯誤しなければなりません。

天沢履(てんたくり)2爻

実力や持ち物が蓄えられると、次は礼儀をもって人に接することが必要という状態を示します。ところが、礼儀正しくしても相手に通じることがなかったり、あなたの存在自体を尊重されなかったりするかもしれません。しかし、それに腐らず、礼を尽くすことで心の安泰を得ます。

天沢履(てんたくり)3爻

十分ではない面があるのに、自分では完璧だとか、負ける気がしないと言って打って出がちなときです。しかし、実際には無謀な戦いとなり、ダメージを受けることは間違いありません。思い上がっていないかと自分に問うことを心がけましょう。

天沢履(てんたくり)4爻

危険と隣り合わせの状況の中で、比較的安泰なときを示します。用心していれば、大事には至りません。勢いに任せて必要のないことをしたり、やりすぎたりしないように気をつけてください。常に直感を研ぎ澄ませているといいでしょう。

天沢履(てんたくり)5爻

強いこと、正しいことは、あなた自身が望むところでしょうし、周囲から期待もされます。しかし、それに固執すると危うくなることを示します。何事にも融通をきかせ、目下に相談することも辞さない姿勢が吉。独断は、悩みをつくることにつながります。

天沢履(てんたくり)上爻

これまで、礼儀を重んじ、謙虚な姿勢を保つことができたなら、喜びごとがあります。反省すべき点があるなら、ここでしっかりと改めること。どんなふうに改めたらいいかは、広く意見を求めるといいでしょう。キャリアのある高齢者に対して、敬う気持ちを持つこと。

周易のアクセスランキング