兌為沢(だいたく)

兌為沢(だいたく)初爻

さりげなく人の心に入りこみ、相手を喜ばせることができる卦です。その中で、この爻(こう)は、あなたの内面が充実し、温和な態度が取れるので、周囲に好かれることを示します。物事も順調に進むでしょう。組織内で親睦をはかる行事を行うと吉。

兌為沢(だいたく)2爻

たとえ、楽しいことが多くても油断しないこと、そうすれば安泰という意味です。堅実さ、誠実さが大切なとき。道をそれてはいけませんし、誘惑などに惑わされて目移りしてはなりません。また、趣味などにかまけ、本業をおろそかにしないよう注意を。

兌為沢(だいたく)3爻

利益に目がくらんで、立場などが危うくなることを示します。権力者の言うなりになってついていっても、いいことはありません。覚えがめでたくなるどころか、侮られる恐れがあります。また、人を騙すようなことに手を染めれば、逆に騙されるでしょう。

兌為沢(だいたく)4爻

右につこうか、左につこうかと迷うことを示します。自分のことだけを考えず、また情に流されず、より公明正大さが優るほうを選ぶべきです。酒食の席や異性に関わる失敗に気をつけたいときでもあります。自分を律していれば問題ありません。

兌為沢(だいたく)5爻

人に陥れられるとか、身近な人に苦労させられることを示します。詐欺に引っかかる恐れもあります。相手をよく見て、少しでもおかしいと思ったら話を先へ進めないほうがいいでしょう。ただ、相手が身内の場合、距離を置くのでなく、改心するよう説得を。

兌為沢(だいたく)上爻

水路をつくり、沢の水を引いて、皆の役立つものにしたというストーリーです。つまり、普段は奥に控えているけれど、人に誘われたときには喜ぶといった慎ましい態度が吉ということ。自分から前に出るのは避けたほうがいいときです。大げさな言動は、トラブルを招きます。

周易のアクセスランキング