【未来予測】2021年3月4日 アメリカ大統領にトランプが返り咲く!? 都市伝説か! 事実なのか!

  • トランプ元大統領の動向を知りたい方
  • アメリカの今後について知りたい方
  • トランプが大統領に返り咲く都市伝説について知りたい方

人生は変えられる、石井貴士です。

今回の未来予測、2021年3月4日アメリカ大統領にトランプが返り咲く!?都市伝説か! 事実なのか!というテーマでお話していきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来、それは2021年3月4日アメリカ大統領に、トランプ氏が返り咲くかもしれない!という、都市伝説について知ることができるという未来です。

トランプ大統領から、バイデン大統領に1月20日に切り替わりました。

なのですが、何を言っているんだ、3月4日にトランプ大統領が、もう1回返り咲くんだ!という都市伝説が、実しやかに囁かれております。

今回の動画は3月4日に、トランプ大統領になる可能性があるのか、考えていきたいので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは、結論からいきましょう。

今回の未来予測3つのポイント。

①3月4日にトランプ大統領が返り咲く なぜ3月4日なのか

②3月4日にトランプ大統領になる!という都市伝説について検証します

③3月4日はどうなるのか 実際にタロットを切ります

という感じでお届けしていきます

今回なぜこの未来予測を知ってほしいのかというと、アメリカ大統領がバイデン大統領になったとは言え、いやいや3月4日にトランプ大統領が返り咲くよ!と信じている方、結構いるんです。

なんなの?3月4日って日付まで指定して、どういうことなの?と思う方もいると思いますので、今回はどこよりも分かりやすく、3月4日トランプ大統領になるのかどうか、解説をしていきます。

では未来予測3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①3月4日にトランプ大統領が返り咲くなぜ、3月4日なのか

というところなんですけれども、今トランプ大統領が3月4日に大統領に返り咲く!という都市伝説があります。

あくまで噂レベルだとは思います。

でも都市伝説だよね?と言う前に、いや、なんで3月4日なの?本当にあるんじゃないの?ということも、一応は検証していきたいと思います。

なぜ3月4日なのか!といったことも、検証していきますのでこれがデマなのか、どうなのか是非みなさんご自身でご判断いただければと思います。

まず「3月4日」というとても具体的です。

この日付なんですが、ここまでの経緯をまず説明しましょう。

1月6日にトランプ支持者が、アメリカの議会に突入して5人の方が亡くなっています。

そしてFacebook Twitter。トランプ大統領のアカウントを凍結しました。

そしてその後に1月10日、機密文書を公にするぞ!とトランプ大統領が決めました。

これでUFOのことも分かるかもしれない、ということで都市伝説好きの方は、とても楽しみにしていると思います。

ですがこの機密文書、UFOのことだけではなくてバイデン大統領が、中国からお金をもらっていた、という文書も公になるのではないか、というふうに言われているんです。

バイデン大統領が、中国からお金をもらって、大統領になっているとしたら、それは国家転覆罪にあたる、という可能性があります。

そしてバイデン大統領が、中国と繋がっているということが2月中に明らかになって、3月4日にトランプ大統領が返り咲く、というシナリオが言われているんです。

ではなぜ3月4日なのかと言うと、ルーズベルト第32代大統領が1933年3月4日に、1回目の就任演説を行った、ということがあります。

そしてリンカーン第16代大統領が、1865年3月4日に、2回目の就任演説を行ったという。

これが理由のようです。

7月4日がアメリカの独立記念日なので、この4日というのはアメリカとしては、大統領就任としては良い日なのではないか、というふうに言われているわけなんです。

②3月4日にトランプ大統領になるという都市伝説について検証します

というところなんですが、3月4日に大統領がもう1回トランプ大統領になるというのは、常識的に考えたら、ま、そりゃないな!と思うじゃないですか。

トランプ元大統領は、大統領選挙後の演説で我々の戦いはまだ始まったばかりだ、というふうに述べていますので、これから何かをする!という決意だと受け取れます。

そしてトランプ氏は、フロリダに新しい事務所を構えました。

このことから、トランプ新党を結成するのではないかとか、いやいや、テキサス共和国という名称で今のアメリカから独立させて、もう一つのアメリカをつくるんじゃないか、ということも言われています。

もちろん噂レベルです。

では「我々の戦いは始まったばかりだ」という、「我々の戦い」とは何かという、ここに注目が集まります。

可能性3つあります。

1つは3月4日にクーデターのようなものを起こして大統領に返り咲く

そして2つ目トランプ新党をつくって4年後の大統領選挙に備える

3テキサス共和国をつくって独立する

ということですね。

このトランプ新党とテキサス共和国に関しては、それぞれ動画を作成いたしますので、少しお待ちください。

今回は①の3月4日の軍事クーデターのようなものを起こす可能性について、検証していきたいと思います。

まずトランプ大統領は、退任の時の演説で“We will be back in some form.”ということで「私たちは何らかの形で帰ってくる」というふうに言い残しています。

この「なんらかの形」というのが、なんなのか!といつも常識的ではない考え方をするトランプ元大統領が、どんな形なのかというのが気になるところです。

この「何らかの形」というのが、軍事クーデターである、という可能性も否定はできません。

今、トランプ前大統領は、追い詰められています。

2月に弾劾裁判が、行われるとされていますので、それに反発して2月を支持者をどんどん集めていく時期に当てる、ということもあるでしょう。

さらには機密文書の公開で、UFOの存在をトランプ元大統領が明らかにしたとしたら、トランプ人気跳ね上がるのではないでしょうか。

同時にバイデン大統領の不正選挙の証拠、そして中国と繋がっているという証拠が2月に出てきて、大騒ぎになるかもしれません。

そんなシナリオが、本当のものになればバイデン大統領ではなく、トランプ大統領が3月4日になる、という可能性もゼロではないということになります。

では、実際に3月4日どうなるのか、タロットを切っていきたいと思います。

僕の動画で、こちらのアメリカ大統領選挙のタロット予測の動画があります。

バイデンだ! トランプだ!とみなさんが言っている時に、なんと僕の予測というのは
両方とも当選する
、ということになりました。

そして実際、両方勝った!と言い続けたという結果になりました。

当たった!ということなんです。

もし3月4日にトランプ大統領が返り咲く、ということになると本当に本当に、僕のタロット予測が的中したということになります。

では3月4日について、タロットを切っていきます。

③3月4日は、どうなるのか実際にタロットを切ります

ということなんですが、タロットを切りましたので、是非こちらの動画をご覧ください。

それではトランプ元大統領が、3月4日何をしてくるのか。

タロットを切っていきたいと思います。

本当にクーデターを起こしてきたりするんでしょうか。

まさかね、そんな事をしないとは信じたいんですが、何をしてくるか分からないっていうのが、トランプ氏なので見ていきたいと思います。

一体何をしてくるんでしょうか。

もしかしたら3月4日ね、何にも起こらないという可能性、それが一番高いと思うんですが、見ていきましょう。

3月4日のトランプ元大統領見てきましょう。

うわっ!すごいカードが試練出てましたね。

悪魔のことをやるかどうか、それが試練であるというふうに出ています。

わー!すごいな!目標っていうところに、王になる!というふうに出てますね。

たからキングになるために、っていうところが見受けられます。

ちょっとこう、もうちょっと下に向けなきゃいけないか、見づらくて非常に申し訳ないんですけど。

そうか・・・

こんな可能性ちょっと考えてなかったな、さすがタロット。

はい。

3月4日どんなふうになるか、というのをちょっとタロットで切ってみたんですけれども、とにかくトランプ大統領としては、何もしません!。

待ちです、待ちだ!というふうに出ています。

何もしないで待つ!っていうね、カードなんですけど、何もしないで待つ。

で、果たして悪魔のようなことをしてくるのかどうか、それ理由は大統領に返り咲くため。

でも今いろいろ、やることがいっぱいあるのってちょっと、それどころじゃないのかな?っていう感じがするんですが、これ棚から牡丹餅っていう、カードが出てるんですね。

ということは、勝手に支持者がクーデターをトランプ大統領が、何も指示をしていないのにやってくる、という可能性が一番出ると思います。

やっぱりね

やろうかな

やるまいかなっていうのを、ずっと考えていて。

で、結局のところなんか小競り合いみたいなものは起きるけど、何も起きないというふうに出ています。

なのでトランプ大統領自らが、トランプ元大統領自らが何かを行動を起こして、クーデターを起こしていく、という可能性はないというふうに出ています。

その代わりに、支持者が勝手に何かをやらかしてくる

でも勝手に何か、暴動とかを起こすかもしれないけれども、それは特に何の結果も生まない、というふうに出ております。

なので3月4日、心配だなぁという方いらっしゃったかもしれませんが、まあ大丈夫だろうという、タロットの結果にはなりました。

タロットを切ったところ、トランプ大統領は、何かしでかす気は全くない、でも支持者が勝手に何かをちょっと起こすけれども、大したことなく終わるというのが、3月4日ということになりました。

安心しました。軍事クーデターは、どうやらなさそうです。

アメリカがどうなっていくのか不安だ、という方多いかもしれません。

ですが、特に不安に感じるという方は、こちらの不安をなくすための動画ありますので、是非ご覧いただければと思います。

不安というのは、準備をしていない時に起きる考えです。

自分のスイートスポットを知って、何をすればいいか分かっている状態さえあれば、不安はなくなっていきますので、是非こちらのスイートスポット理論の動画も、あわせてご覧ください。

今回の未来予測、2021年3月4日アメリカ大統領にトランプが返り咲く!?都市伝説なのか! 事実なのか!というテーマでお届けしました。

今回の未来予測3つのポイント

①3月4日にトランプ大統領が返り咲く なぜ3月4日なのか

②3月4日にトランプ大統領になるという都市伝説について検証します

③3月4日はどうなるのか 実際にタロットを切りますということをお届けしました

今回も、ご視聴ありがとうございました。

学びになったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも是非お寄せください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

人生が変わる未来予測のアクセスランキング