坎為水(かんいすい)

坎為水(かんいすい)初爻

度がすぎて、穴に落ちることを示します。暗く深い穴、つまり悩みや苦しみが満ちた狭い空間から這い上がる足がかりがなく、八方塞がりです。何事も思うようにならないでしょう。忍の一字で、運が変わるのを待つほかありません。

坎為水(かんいすい)2爻

困難の中にいて、さらにやっかいごとが次々と起こります。こういうときもある、とすべてを受け入れたときに、かすかな希望が芽生えてくるでしょう。転んでも、ただでは起きないという気持ちの強さがありますから、経験値を高めていくことができます。

坎為水(かんいすい)3爻

体力を温存しようと眠ってしまい、危険が近づいていることに気づけないという図です。ついには周囲を水で囲まれるような事態となり、進退窮まることが考えられます。身動きが取れないので、今はじっとしているほかはないでしょう。

坎為水(かんいすい)4爻

窓から差し入れた酒などは簡素な器に入れていたが、その真心が君子に通じることを示します。つまり、正面からでなく、奥の手だとか秘密めいた方法で叶うという意味です。これは後ろ暗いものではありません。物事を飾らず、誠意を尽くすことが大切です。

坎為水(かんいすい)5爻

溢れそうになっていた水を平らにすることで安心できるという意味です。大きな進展はなく、マイナスからゼロに戻せるといった状況ですが、だいぶ気分が明るくなるでしょう。油断は禁物と気を引き締めながら、何事も7割、8割の出来でよしとする寛容さを持ってください。

坎為水(かんいすい)上爻

縄で縛られ、棘の上に何年も置かれるというストーリーの爻(こう)です。状況は厳しく、心が折れてしまいそうになりますが、ヤケを起こさないこと。間違った道にいることがハッキリした場合は、たとえ費用や時間がかかっても、やり直す勇気を持ちましょう。

周易のアクセスランキング