乾為天(けんいてん)

乾為天(けんいてん)初爻

地上に現れていない、潜っている状態の龍を示します。活気は出始めていますが、まだ顔を出すときではありません。無理をすればカラ回りしてしまいます。万事に慎重な方針で、時機を待つのが正解。「何をやるか?」という志を立てるのが肝心です。

乾為天(けんいてん)2爻

龍が田から顔を出し、大人(たいじん=師)に会うことを示します。自分にとって最高の師匠(メンター)と出会うことが、成功への道。身近な目上の人に相談するのも悪くありませんが、自分の志や目標にフィットする師を探し求めるのが最上です。

乾為天(けんいてん)3爻

朝から晩まで休むことなく行えば、危うさがないことを示します。教えを受けたことを毎日毎日、朝から晩まで反復し、自分のものにすることが成功の鍵です。今は疑問を持たず、努力を積み重ねていくことが肝要。途中で手を止めないで、基本や内部を固めるべきです。

乾為天(けんいてん)4爻

龍が川の淵にいて、飛び上がろうとしている状態を示します。タイミングをはかることが大切です。時機がなかなか訪れなければ、結局行動を起こさなくてもいいというわけではありません。行動を起こすことが前提です。準備を怠るなという意味です。

乾為天(けんいてん)5爻

時を得て、龍が天に昇ることを示します。勢いがあり、実力発揮のときが来ました。好調ではあるものの、頂点での乱れを防ぐために、師匠と呼べる人、信頼する人からの助言を聞きましょう。つまらない人の言うことには惑わされないことが大切です。

乾為天(けんいてん)上爻

龍が天に昇りきった状態を示します。何事も極まれば、減退するのが世の仕組みです。今の好調状態が永遠には続かないと意識すべきです。行きすぎからのミスを警戒し、短気を起こさないこと。引き際を見極め、後進に託す勇気を持ちましょう。

周易のアクセスランキング