【人生が変わる13分】4回目の緊急事態宣言 コロナだからこそ南海トラフ地震をシミュレーションする

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらの無料メールセミナー
人生を変える7つの魔法に今すぐご登録ください。

登録すると、特典動画も観られるようになります。

今回はコロナの時に、南海トラフ地震が起きたらどうなるのか?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それはコロナの時に南海トラフ地震が起きたら、どうなるのかが分かるという未来です。

緊急事態宣言が発令された!コロナで変異株が猛威を振るっている!そんな時に南海トラフ地震が来たら、どうなるのでしょうか?

病院はもうベッドが足りずに、医療崩壊を起こしています。

そんな時に地震の重症患者が運び込まれてくる、という状態になります。

コロナの時に、南海トラフ地震が起きたらどうなるのか?あなたと一緒に考えていきたいと思いますので、是非この動画を最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう、人生を変える3つのポイント。

①南海トラフ地震とは何か?

②南海トラフ地震が起きたらどうなるのか?最大30mの津波が最速2分で到達する

③コロナの時に南海トラフが起きたらどうなるのか?

ということを話していきます

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、コロナ時に南海トラフが起きたらというシミュレーションを政府がしていないからです。

南海トラフの死者数のシミュレーションがされたのは、2019年5月31日です。

そうなんです。コロナが起きるより前の数字なんです。

緊急事態宣言が発令中に、コロナで変異株が蔓延している最中に、南海トラフが起きたらどうなるのか?考えられることを今回、動画でまとめましたので、あなたの命そしてあなたの大切な人の命を守るためにも、Facebook Twitterなどで拡散していただけたらなと思います。

では人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①南海トラフ地震とは?

ということなんですけれども、南海トラフ地震は今後30年以内に70%から80%の確率で起きる、と言われている地震です。

静岡県から九州南部までの南海トラフを震源とする地震です。

トラフというのは溝という意味です。

陸側のユーラシアプレートに海側のフィリピン海プレートが毎年3㎝から5㎝沈み込んでいて、その反動でユーラシアプレートが跳ね上がって起きる、これが南海トラフ地震です。

南海トラフ地震の推定死者数は、23万1,000人です。

実は2019年5月31日よりも前は、32万3,000人という推定死者数だったんですが、2019年5月31日に建物の耐震化が進んだということで、防災対策推進基本計画で、23万1,000人と下方修正されました。

全壊もしくは焼失する建物数も、従来の想定の238万棟から209万棟に減少しました。

結局のところ建物の倒壊などで、亡くなるとされていた6万5,000人という想定が、80%減の1万3,000人に減少した、そして火災で亡くなる方というのも1万4,000人の想定が、55%減の6,300人になった、ということです。

なのですが、なのですが、ですよ、以前は全体で32万3,000人が亡くなるうち津波で亡くなる方が、20万人という想定でした。

一体、津波で亡くなる方、どこに行ったんでしょうか。

数が合わないんじゃないか、と思った方もいるかもしれません。

減ったのでしょうか?変わらなかったのでしょうか?

結局、資料を見ると、津波で亡くなる方の数というのは、早く避難した場合と早く避難しなかった場合のシミュレーションで、1.7倍から5.3倍もの差が想定されるということです。

そして今の予測の避難をする人の割合というのと、すぐに全員が避難したという場合のシミュレーションでも、2.3倍から8.6倍死者数に差が出るということで、今回なんと具体的に何万人の方が津波で亡くなる、というのは発表されなかったんです。

そんな中、僕は言いたい!何を言っているんだ!と、ごまかすな政府よ!と引き算をすればわかるじゃないか!と、こういうことを言いたいわけですね。

23万1,000人が全体の死者数、家屋倒壊などで亡くなる方が1万3,000人火災で亡くなる方が6,300人なわけです。

ということは、23万1,000人から1万3,000人を引いて6,300人を引くと、どうなるかというと21万1,700人となります。

結局、津波で亡くなる20万人というのは変わっていない、ということが分かりました。

ざっくりした数を言うと、南海トラフ地震は推定死者数が23万人、うち家屋の倒壊、火災などで亡くなる方は3万人くらい、津波で亡くなる方は20万人くらいということなんです。

未だに南海トラフの、被害想定と言われた時に32万3,000人が亡くなって、うち20万人が津波による死者数なんだよね、と思っている方多いと思います。

僕自身が32万人と23万人なので、これは誤植なのかと2と3が入れ替わっただけだから、特に何も変わってないんじゃないかな、というふうに思っていました。

しかし、これは明確に、2019年5月31日に推定した数は下方修正されているんです。

23万1,000人となっています。

しかし津波によって亡くなる方っていうのは、引き算をすると大体20万人なので、変わっていないということだと思ってください。

首都直下型地震の場合、亡くなる方の大部分は火災で亡くなると言われています。

それに対して、南海トラフで亡くなる方というのは、大部分が津波なんだなということを忘れないでください。

②南海トラフ地震が来たらどうなるのか?最大30mの津波が最速2分で到達する

という話をしていきます。

南海トラフ地震は、20万人の方が津波で亡くなる、と言われている地震です。

地震で亡くなる方が大体3万人で、津波で亡くなる方が20万人だとすると南海トラフ地震という言い方よりも、南海トラフ津波という方が正しいかもしれません。

関東大震災も、関東大震災と言われるよりも関東大火災だった、と言われているくらいです。

というのも、地震で亡くなった方よりも、火災で亡くなった方の方が多かったからです。

なので、いずれ南海トラフ地震ではなくて南海トラフ津波、というふうに言われる日が来るかもしれません。

では、なぜこれほどまでに、津波で亡くなる方が多いのでしょうか。

それは地震が発生してから、2分で津波が到達すると言われているからです。

東日本大震災の時には、地震が発生してから23分後に津波が到達しました。まだ、23分逃げる時間があった、ということなんですね。

ですが、南海トラフ地震は、震源が陸に近いということもあって津波到達時間は最短で2分だ、というふうに言われているんです。

最短で2分ということはですよ、もし揺れが2分続いてしまったらどうなるんでしょうか?

揺れに耐えていたら津波が来た、ということになってしまうんです。

震度7の地震が来ている最中に、避難するということは不可能です。

立ち上がることもできないわけですから、近くの高台に避難しよう!と言っても、もう遅いわけなんですよ。

そんな状況なので、20万人の方が亡くなってしまう、と想定されているわけです。

しかも、津波は最大で30mのところもあります。

特に伊豆諸島の新島は、全島民が2,118人。そのうち1,313人の方が津波で亡くなる、というふうに推定されています。

東京都内の津波の死者数の6割を占める、と言われているのがこの新島なんですね。

そして高知県黒潮町と土佐清水市で34mの津波、静岡県下田市で33mの津波が来る、というふうに言われています。

30mと言いますが、30mを少しでも超えてしまう。そんな場所もあるわけなんです。

それ以外でも、10m、20mの津波というのが、太平洋沿岸では来ると思ってください。

しかも2分以内にと肝に銘じておいてください。

東京のゼロメートル地帯の方も危険ですし、太平洋沿岸に住んでいる方は、とても危険だと思ってください。

揺れが収まったら、すぐに高台に避難するようにしてください。

避難しようかな? どうしようかな?と考えてる暇はありません。

もうゼロ秒で高台に避難するようにしてください。

③コロナの時に南海トラフが起きたらどうなるのか?

ということなんですけれども、今までのものは単に、南海トラフが起きたら、というシミュレーションです。

2019年5月31日時点でのシミュレーションなんです。

コロナが来たのが2019年12月ですから、コロナが来るよりも前の発表だ、ということなんです。

ではコロナの時に、南海トラフ地震が起きたらどうなるのか?まず避難所ですが、1週間で950万人の方が、避難生活を余儀なくされると言われています。

この950万人という数値は、コロナウイルスが来るより前に試算された数値です。

950万人の方が避難所生活をしたら、どうなるでしょうか?

間違いなく密になります。避難所クラスターが起きることは確実だ、と思ってください。

避難所にはお年寄りの方も多いので、お年寄りの方は特に注意が必要です。

すぐに避難所に行かないと、こちらの避難所はいっぱいで入れません、こちらも入れません、というふうにどんどんと、たらい回しにされていきます。

避難所は全くもって足りていません。そんな中に人がぎゅうぎゅうに詰め込まれていく、ということなんです。

あらかじめ調べておいて、最低限の荷物を持って、すぐに避難することが大切です。

お年寄りで歩けない、なのに、たらい回しにされる、というのは本当に辛いです。

今のうちに、すぐに1番近い避難所に駆け込めるよう、準備をしておきましょう。

さらには病院も、すでにコロナでベッドの数が足りていません。そんな中、重症患者が全国で何十万人と発生します。

「トリアージ」という言葉を、聞いたことがある方もいると思います。重症の順に、赤、緑、黄色、青などの色をつけて、順番に治療していくというものです。

「命の選別」とも言われます。「骨折をした」というくらいでは、あなたは確実に後回しにされます。

だって喋れるじゃないかと。そんな元気があるんだから、あなたはまだ良い方なんだよ、と言われてしまいます。

それよりも意識不明の重体の方から、順番に治療が行われていくでしょう。

それでいて、もちろん病院自体も密になります。

医療崩壊を起こしているところに、続々と患者さんが運び込まれるわけですから、当然です。

では、あなたにできることは何か? なるべく避難所に行かずに自宅にいる。

そして、なるべく病院に行かず自宅にいる、ということです。あなたが自宅にいるだけでも、クラスターが起きる確率が減ると思ってください。

そして病院にお世話にならないように、本棚が倒れてきてもいいように、家具が倒れてきてもいいように、今のうちから金具で留めておいてください。

では、それよりさらに前に、今あなたができることは何か?

2つあります。

1ヶ月分の備蓄、そして2つ目が家から一歩も出ないでできるビジネスモデルの構築です。

南海トラフが起きると道路は寸断されます。ライフラインも途絶えます。

水道も使えなくなりますし、食料も届きません。こちらの備蓄に関する動画、まだ観ていない方は是非、一度ご覧ください。

さらには家から一歩も出ないでできる、ビジネスモデルの構築、こちらもとても大切です。

南海トラフが起きても、今月の支払いはやってきます。来月の支払いもやってきます。

どうしたらいいんでしょうか?働かなければお金を得ることはできません。

こちらのスイートスポット理論の動画、まだ観ていないという方は、是非ご覧下さい。

人は生まれつき、この3つをやれば成功できるというスイートスポットがあると言われています。

このスイートスポットを一刻も早く見つけておくこと、そして、そのスイートスポットなる職業を自宅で行えば良いわけなんですよ。

今から自宅でも稼げるようなビジネスモデル、つくっておいてください。

今回はコロナの時に、南海トラフ地震が起きたらどうなるのか?というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①南海トラフ地震とは何か?

②南海トラフ地震が起きたらどうなるのか?最大30mの津波が最速2分で到達する

③コロナの時に南海トラフが起きたらどうなるのか?ということをお話ししました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも、お寄せください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【人生が変わる10分】トカラの法則

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらをクリックして無料メールセミナー、人生を変える7つの魔法に今すぐご登録ください。

登録するだけで、特典動画も観られるようになります。

今回は巨大地震トカラの法則、カラ列島で地震があると、その後に巨大地震が起きるって本当!?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それはトカラの法則は本当なのかどうかが分かるという未来です。

鹿児島県の南のトカラ列島で、4月9日午後11時から4月13日午後4時までの5日間で震度4を5回、震度1以上を236回観測したということです。

東日本大震災の4日前もトカラ列島で地震があった、というふうに言われています。

一連のトカラ列島の地震は、巨大地震の前兆なのか!?果たしてそうではないのかズバリ結論が分かる!という動画になっていますので、是非この動画 最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①トカラ列島の一連の地震は巨大地震の前兆なのか!?

②過去のトカラ列島の地震を分析 トカラの法則は実際のところどうだったのか

③トカラ列島以外の南西諸島での過去の地震全部見せます!

ということをお話していきます

今回、なぜこの動画を撮ろうと思ったのかというと、トカラ列島で地震が頻発しているからです。

さらには、長野県でも地震が頻発しています。

秋田でも地震があったり、北海道でも地震があったりと2021年4月は、全国各地で地震が起きています。

これはもしかしたら、巨大地震の前兆なのかもしれない、というふうに思って過去のトカラ列島の地震について、かなり詳しく調べましたのでこの動画 是非ご覧いただければと思います。

では、人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①トカラ列島の一連の地震は巨大地震の前兆なのか!?

ということなんですが、トカラ列島で地震が来ました。

しかも震度4が5回、さらには震度1以上が230回以上も5日間以内に来た、ということなんです。

そんなに地震起きているわけだから、これは巨大地震の前兆なのではないかと、まず疑うこと。それに関しては、正しいことだと思います。

では、本当にこれが巨大地震の前兆なのかというのは、専門家の判断に委ねたいと思います。

緊急地震速報の発案者で、愛知工業大学で地震研究を行う横田崇教授によると、他の場所との地震の関連はない、というふうに言い切っています。

1つの地震が遠く離れた場所に、影響を及ぼすという理論的・物理的に示すものはない、ということです。

今回のトカラ列島の地震は、南海トラフとの関連もないということです。

トカラ列島近海の地震は、巨大地震を引き起こすという噂のことをトカラの法則、というふうに言います。あくまで噂レベルなんです。

ではトカラの法則あるのかと言うと、横田教授によれば「ない」ということです。

そもそも地震はいたるところで、いつもね 頻発しているので地震の発生時期がたまたま近かった、というだけのことが多いということなんです。

なのですが、もちろんトカラ列島周辺に関しては、注意が必要です。

鹿児島地方気象台によれば、トカラ列島の近海で地震活動がやや活発になっていると、そして今後も強い地震に注意するように、というふうに呼びかけています。

結論として、専門家の意見ではトカラの法則は「ない」ということです。

もう断言されています。僕自身もこの意見に大賛成です。

というのも、そもそも日本で連日のように、いろんなところで地震が起きてるので、ここの地震とここの地震が関連があるとか、だったら3日前のこれは5日前のこれはとか結局、全部関連しているっていう事になっちゃうじゃないですか。

だとすると関連が「ある」とすると、日本だから地震が起きる、これが関連性かなというふうにも思ってしまいます。

なのでトカラの法則は「ない」と専門家の方も言っていますが、僕もトカラの法則は「ない」というふうに思っています。

②過去のトカラ列島の地震を分析

トカラの法則は実際のところどうだったのかという話をしていきます。

トカラ列島の海底には、火山があります。なので普段から火山性の群発地震が、起きやすい場所ではあります。

過去のトカラ列島の地震なんですが、ズバリ!トカラ列島を震源として起きた地震というのは、次のものだけが確認されているんです。

2000年10月2日
マグニチュード5.3 震度5弱

2000年10月2日
マグニチュード5.9 震度5強

2000年10月2日
マグニチュード4.6 震度5弱

この3つの地震だけなんです。

トカラ列島を震源として起きている地震は、この3つが大きな地震なんですね。

つまり1日のうちに3回起きた地震、これがあるというだけなんです。これはウィキペディアを見れば、あなたも確認できると思います。

そうなんです、2000年10月から20年近く、トカラ列島を震源とする大きな地震はなかった、ということになるんです。

もちろん沖縄とか与那国島とか、そういったところでは地震ありましたよ。

ですがズバリ、トカラ列島を近海を震源とする地震は、20年近く大きな地震がなかった、そしてそんなところに今回、震度4が連続で来た、ということなんです。

トカラ列島には、トカラギャップというふうに呼ばれる海底の窪地が東西に伸びている、というふうに考えられています。

この境界があることで、横ずれ断層型の地震がしばしば起きるということなんですね。

このトカラの法則というふうに言われると、さぞかしトカラ列島ではいっぱい地震が起きているのではないかな、と思いがちです。

しかし、そもそもトカラ列島を震源とする地震というのは、2000年10月2日にしか起きていないんです。是非あなたもウィキペディアで、確認していただけたらと思います。

一体何だったんでしょうか?トカラの法則、謎に包まれております。

そもそもトカラ列島で地震が起きたのは、(震度5位上がきたのは)1日しかなかったというのに、トカラの法則というふうに、なぜか噂が飛び交っていた、ということなんですね。

③トカラ列島以外の南西諸島での過去の地震全部見せます!

ということなんですが、だったらトカラ列島以外のその周りではね、いっぱい地震起きてたんじゃないの?と思う方いらっしゃると思います。

調べました。

1911年 明治44年6月15日奄美大島近海を震源とした、喜界島地震という地震が起きまして、これがマグニチュード8.0 震度6というふうになっています。

死者は12名でした。

実は、震度6以上の地震が、この南西諸島近海で起きたのは、この1回だけなんです。

沖縄だったり石垣島、宮古島でいっぱい地震が起きているというイメージあった方多いんじゃないでしょうか。

もちろんね、震度5は起きてるんですよ。でも震度6以上というのは、1回も起きていないんです。

震度6を超える地震というのは、1911年から110年来ていない、というのが現状なんです。

ですが、だからこそそろそろ起きるんじゃないかな?と怖いなとは思ってください。

沖縄だったり南西諸島の地震って怖いな、トカラ列島の地震怖いな、と思っていた方多いと思います。

ですが、よくよく調べると震度6が1回来ているというだけだ、ということも分かってください。

でも、それから110年来てないんですよね。

だからこそ、本当に怖いです。

では、あなたは今どうすればいいのかと言うと、1ヶ月分の備蓄、これは必ずやっておいてください。

こちらの備蓄に関する動画もありますので、是非ご覧ください。

そして家から一歩も出なくてもいいビジネスモデルの構築、これも急いでください。

人には、この3つの職業をやれば成功するという、スイートスポットがあると言われています。

これが、スイートスポット理論です。
あなたの場合は、何をすれば成功するのかということが分かっていれば、それを自宅で行うだけです。

地震で1ヶ月家から出られない、半年家から出られないとなったら、その間どうやってお金を稼いでいったらいいんでしょうか。

国が助けてくれるだろうと思っても、国は、それどころじゃありません。

そんな中、スイートスポットを知っておけば、地震が来ても自宅から出られなくなっても、やることは変わらないので、冷静にいられると思います。

家の中でも、スイートスポットの仕事をしていればお金になっていきますので、スイートスポットは是非、今のうちに知っておいてください。

こちらのスイートスポット理論の動画も、是非ご覧ください。

今回は巨大地震トカラの法則、トカラ列島で地震があるとその後に巨大地震が起きるって本当!?というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①トカラ列島の一連の地震は巨大地震の前兆なのか!?

②過去のトカラ列島の地震を分析 トカラの法則は実際のところどうだったのか

③トカラ列島以外の南西諸島での過去の地震 全部見せます!ということをお話ししました

今回も、ご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよー!というふうにコメント欄に是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【人生が変わる15分】2021年5月11日 巨大地震のシグナルはこれだ!

  • いつ巨大地震が来る可能性があるか知りたい方
  • 今、気を付けるべき複合災害とは何か知りたい方
  • 巨大地震に備えて何をすればいいか知りたい方

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい! 待てない!という方は、こちらをクリックして「無料メールセミナー人生を変える7つの魔法」に今すぐご登録ください。

登録するだけで、特典動画も観られるようになります。

今回は「2021年5月11日巨大地震のシグナルはこれだ!」というテーマでお届けします。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来。

それは、2021年5月11日巨大地震が来るとしたら事前のシグナルが分かる! という未来です。

巨大地震には「前震」「本震」「余震」とあります。

巨大地震の前には、前震と呼ばれるシグナルがあるんですね。

あなたは「本震である巨大地震そのものが来たらどうしよう!」いうふうに考えていないでしょうか。

大切なのは本震の前に起きる前震です。

なぜなら前震はシグナルなので、太平洋沿岸にいる方は、津波が来る前逃げることもできるからです。

前震が来たら、その後50時間プラスマイナス数時間で本震が来ると言われています。

50時間なので、2日と2時間後のその前後数時間が怖いということです。

あなたの命、そして、あなたの大切な人の命を守るためにも、是非この動画を最後までご覧ください。

では、今回の動画から学べる人生を変える3つのポイント。

①巨大地震の前には、およそ50時間前に前震がある地震のシグナルに警戒せよ!

②イルミナティカード複合災害に警戒せよ!

③南海トラフ 首都直下型地震 東日本大震災 全てに備えよう

ということをお話していきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、今年も5月11日がやってきてしまうからです。

去年も5月11日は巨大地震が起きてもおかしくなかったです。

お陰様で、こちらの動画90万再生もしていただきました。

ご覧いただいた方、本当にありがとうございます。

そしてまた2021年も5月11日がやってくるんです。

歴史から見ると、

感染症が来る
地震が来る
不況が来る
戦争が来る

で、ワンセットです。

すでに感染症コロナは来ています。ということは、今あなたが一番すべきことは巨大地震に備えるということなんです。

今、日本中が「コロナだ!コロナだ!」と、騒いでいます。

確かに、今あなたの目の前で起きている事象としては、コロナウイルスです。

ですが、これから起きるのはなんなんでしょうか?

歴史から見ると「巨大地震」だということなんです。

こちらのイルミナティカード、Combined Disasters 複合災害のカードをご覧ください。

これはオリンピックカラーの人が描かれていることから「オリンピックの年に複合災害が起きる」ということを暗示していると言われています。

では何と何との複合災害なのかと言うと、コロナと巨大地震

この複合災害であることが考えられます。

それがオリンピックの年だということで、去年なんじゃないかと思ったんですけれども、オリンピック、ご存知の通り延期されました。2021年ということになっています。

なので、2021年の5月11日またしても危険だ!ということで、是非、警戒していただけたらと思います。

では、人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①巨大地震の前には、およそ50時間前に前震がある地震のシグナルに警戒せよ!

ということなんですが、

巨大地震は「前震」「本震」「余震」があります。

前震っていうのは、マグニチュード7から9クラスの巨大地震が来る前のシグナルとなる地震です。

本震というのは巨大地震のことです。

そして余震は、巨大地震が起きた後の地震、ということですね。

では、あなたが気をつけるべきなのは「前震」「本震」「余震」のうちどれでしょうか。

もちろん前震です。

なぜならば、前震が来たら「50時間後プラスマイナス数時間後に本震が来るぞ!」というシグナルだからなんです。

では、東日本大震災の時を振り返ってみましょう。

東日本大震災では、本震の前に多くの地震があったんですが、前震といわれるものは、3月9日 午前11時45分に発生した、三陸沖のマグニチュード7.3の地震、最大震度5弱、この地震だと言われています。

そして、翌々日に本震が来ました。3月11日 14時46分マグニチュード9.0の地震です。

前々日にシグナルをくれていた、ということだったんです。

50時間後プラスマイナス数時間ということだったんですが、2日と3時間1分後に本震が来ました。

では、2016年の熊本地震、2016年4月14日21時46分が前震です。前震とは言っても、マグニチュード6震度7でした。

そして、4月16日 1時25分、本震マグニチュード7.3、震度7の地震が来ています。

2日と5時間21分後です。

とは言え、1回目の地震が震度7だった、ということもあって「こちらが熊本地震だ」というふうにも言われています。

まとめると、

「50時間後プラスマイナス数時間後の本震」ということなんですが、

2日が48時間ですので、前震が起きて2日と2時間、その前後がヤバいよ! ということだと思ってください。

東日本大震災は、前震の2日と3時間1分後。

熊本地震は、前震はあったんですが、その前震自体が震度7だった。その後2日と5時間21分後に本震が来た、ということなんです。

もしも今回「5月11日に地震が来る」というふうに仮定すると「5月9日には前震がある」ということになります。

あなたは、どういう心づもりをしておいたら良いのかと言うと、5月9日に前震が来たら、いよいよ2日後はヤバいよ! ということです。

もし5月9日に大きな地震が来たら、5月10日の月曜日には、いよいよ太平洋沿岸の方、東京都のゼロメートル地帯の方というのは、避難を始めた方が良いのではないかな、というふうに思っています。

もちろんその時には、気象庁から避難勧告が出る、という可能性もあります。

もし気象庁からの避難勧告が出たら、本当に逃げてください。

もし5月9日に地震があったら、是非この動画のことを思い出していただきたいなと思います。

②イルミナティカード複合災害に注意せよ!

ということなんですが、イルミナティカード Combined Disasters 複合災害のカードです。

今、複合災害と言われたら、コロナと地震、この複合災害が危険です。

もしもコロナで病床が逼迫していて、ベッドの数が足りない、そんな時に巨大地震が来たらどうなるでしょうか。

怪我をして病院に運ばれたとしても、治療してもらえない、ということも考えられます。

医療崩壊を起こしているところに、患者さんが運び込まれても、どうしようもないからです。

あなたにとって重要なことは、巨大地震が来ても、とにかく怪我をしない、ということです。

トリアージ、という言葉をご存知でしょうか。

これは患者の重症度に基づいて、色分けをして治療をする、ということなんですけれども、骨折をしました、というふうに病院に行ったとしても「いやいや、あなたはまだ喋れるじゃないですか、今、意識不明の方もいらっしゃいますので、そちらの方を先に治療します」ということになります。

骨折程度であれば、治療は何日後か後回しにされる可能性が高いです。

巨大地震の時には、そもそもあなたは怪我をしてはいけないんです。

病院のお世話にならないことが大切です。

コロナの時に巨大地震が起きたら、医療体制は間違いなく崩壊するでしょう。

医療崩壊が起きるということは、助かる命も助からなくなるということです。

そして病院内でも、クラスターが起きる危険性もあります。

こちらのイルミナティカードなんですが、場所はみなとみらいの、インターコンチネンタルホテルが描かれているので「横浜だ!」というふうに言われています。

となると、相模トラフ巨大地震がヤバい! ということになります。

相模トラフ巨大地震もし今起きたら「令和関東大震災」と呼ばれることになるでしょう。

そうか場所は分かった、相模トラフが危険なんだね、と。

では、いつなんだと言うと、こちらのカード、オリンピックカラーが描かれています。オリンピックイヤーだと言われています。

去年かなと思ったんですが、去年オリンピック行われなかったので、もし今年行われるというふうに仮定すると、「2021年がヤバいよ!」ということになります。

今年も5月11日警戒してください。

特に5月11日と11月3日というのは、都市伝説では危険な日だ、というふうに言われていますので、警戒していただければと思います。

③南海トラフ 首都直下型地震 東日本大震災 全てに備えよう

ということなんですが「5月11日に起きるとしたら相模トラフ一択なんですか?」と、思われる方、いたかもしれません。

そうじゃないです。いつどこで地震が起きてもおかしくない、というふうに思って、備えておいてください。

南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に70%から80%の確率で起きる、というふうに言われています。

死者は32万3,000人と推定されていて、うち津波でなくなる方が23万人です。

津波到達時間は、東日本大震災の時は23分だったんですけれども、南海トラフの場合は、数分で津波が到達するというふうに言われています。

なので、23万人の方が津波で亡くなってしまう、と予想されているわけです。

東日本大震災と南海トラフの違いは何か、と言われたら、この津波到達時間の違いだ、というふうに覚えてください。

南海トラフの場合は、2分だとか数分で津波が来る、というふうに覚えておいてください。

では首都直下型地震が起きたらどうなるのかというと、首都直下型地震が来たら、もちろん「朝の場合」「昼の場合」「風が吹いている場合」「吹いていない場合」といろんなパターンがあるんですけれども、亡くなる方は「1万人から2万3,000人だ」というふうに言われています。

なぜ風がポイントになるかと言うと、住宅の火災で亡くなる方が、半数近くに上るからです。

冬で風が強い時に火災が起きたら、とんでもない被害になります。

帰宅困難になる方は、600万人から700万人になる。という風に予想されています。

では今、首都直下型地震が来たら、何が困るのかというと、1つは避難所に行けないということです。

避難所は密集状態です。3密ですので、避難所に100人以上の方が集まってしまったら、確実にクラスターが起きてくるでしょう。

そしてもう1つが医療崩壊です。

コロナで大変だ、入院患者のベッドが足りない、という時に、地震による重症患者が、今にも命がなくなるという状態で運び込まれたとしたら、どうなるでしょうか。

1万人どころか、10万人以上の方が病院に運ばれたら、お医者さんの数も足りない、そしてベッドも足りないということになります。

今まで政府が発表していた、南海トラフのシミュレーション、首都直下型地震のシミュレーションというのは、コロナの時にということは想定されていません。

コロナで医療崩壊が起きている時の想定ではないんですね。

なので死者数というのは、想定されている数よりも、跳ね上がってしまう可能性があります。しかも、助かる命なのに助からない、そんな方が多くなるのではないかと思われます。

さらには今、鹿児島県南部のトカラ列島で、地震が頻発しています。

そして長野県でも地震が頻発しています。

東日本大震災の震源の三陸沖でも、地震が多く起きています。

2021年4月は、全国各地で地震が頻発しているじゃないですか。

ということは、5月11日は日本全国どこで大きな地震が起きてもおかしくない、ということになります。

シグナルがあるとすれば、その50時間前の5月9日です。

5月9日に前震が来たら、いよいよ危険だ! というふうに考えてください。

太平洋沿岸の方、東京の江戸川区などのゼロメートル地帯に住んでいる方。5月10日のうちに、なんとか逃げていただきたいと思います。

そんな中、今あなたが何が出来るのかと言うと、1つは1ヶ月分の備蓄、そして2つ目が、家から一歩も出なくてできる、ビジネスモデルの構築です。

地震が来たら、救援物資が1ヶ月届かなくなる可能性もあります。

なぜ1ヶ月届かなくなるのかと言うと、道路に亀裂が入ったら、自動車が動かなくなるからです。輸送ができなくなると食料が止まります。あなたの手元に届きません。

こちらの備蓄に関する動画ありますので、是非、今一度ご覧ください。

そして、家から一歩も出ないでできる、ビジネスモデルの構築。これもとても重要です。

地震が来たら家から出るのは危険です。何日間も家から出ることができなくなります。

もしかしたら、1ヶ月家から出ることができなくなるかもしれません。

そんな時に、自宅でできるビジネスモデルがない、というのは、とても危険です。

あなたはお金を稼いで、生きていかなければなりません。

そんな時に、自分だったらどうすれば成功するのか、というスイートスポットを、知っておいた方がいいと思います。

こちらのスイートスポット理論に関する動画もありますので、是非、今のうちにご覧いただければと思います。

1ヶ月分の備蓄と、家から一歩も出なくてもいいビジネスモデルの構築。この2つがあれば、一番の備えになる、というふうに思いますので、是非、2つの動画、今のうちにご覧いただけたらと思います。

今回は「2021年5月11日巨大地震のシグナルはこれだ!」というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント、

①巨大地震の前には、およそ50時間前に前震がある地震のシグナルに警戒せよ!

②イルミナティカード 複合災害に注意せよ!

③南海トラフ 首都直下型地震 東日本大震災 全てに備えようということをお伝えしました

そして最後に1つだけ「46分に注意せよ!」ということを、お話しさせていただきたいと思います。

阪神・淡路大震災は「1995年1月17日 午前5時46分」

熊本地震の1回目の地震は「2016年4月14日 21時46分」

東日本大震災は「2011年3月11日 14時46分」

全部46分なんです。

ですので、あなたも、46分に注意していただきたいな、というふうに思っています。

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そしてコメント欄に「良かったよ!」というふうに、コメントを残してください。

石井貴士 おすすめ防災グッズ一覧

絶対にこの2つは買え! 携帯トイレとカセットコンロ!

トイレマン 簡易トイレ 100回分 防災グッズ 非常用トイレ【日本製凝固剤 10年保存】汚物袋付 簡易トイレ

415zCWir++L._SL75_.jpg

イワタニ カセットフー 達人スリムII シャイニーレッド
¥3,610

51CWfjXKk5L._SL75_.jpg

イワタニ カセットガス 専用ボックス入り 12本組 CB-250-OR-12BOX(Oct 6, 2017)¥3,153

食糧の1ヶ月分の備蓄とは、「水」を30本(2リットル)と無洗米(10キロ)だ。(1人当たりです。4人家族では、4倍になります)

41RLWb1olwL._SL75_.jpg

[Amazon限定ブランド] キリン LAKURASHI アルカリイオンの水 PET (2L×9本)
¥1,160 (¥129 / 本)
水は、安い水を大量に!

51y1rxDftrL._SL75_.jpg

【令和元年産】山形県産 無洗米 あきたこまち 10kg (5kg×2袋) 【ハーベストシーズン】【精米】【HARVEST SEASON】
¥4,699

水だけだと味気ないので、ポカリスゥエットも余力があればオススメです。

【Amazon.co.jp限定】 大塚製薬 ポカリスエット 2000ml×10本 デュアルオープンボックスタイプ

VERITASBRAU PURE&FREE(ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー) 330ml缶×24本入

おすすめ防災グッズは、こちら。何も考えず、0秒で買ってください!

51pO-vHshlL._SL75_.jpg

FEELLE ソーラーチャージャー 20000mAh 2USB出力ポート モバイルバッテリー ソーラー IP65防水 パワーバンク iPhone, iPad, Samsung, Androidと対応
¥3,999
充電器は、「ソーラーのもので、パネルが広がる」がポイントです。  3999円で、安いです!  家にいても、充電の心配がなくなる! というのですから、ノータイムでこの商品でしょう!

31RyX+JKEIL._SL75_.jpg

LE LEDランタン パワーバンク キャンプランタン 超高輝度1000ルーメン USB充電式 一台二役 昼白色と電球色切替 4つ点灯モード 無段階調光調色 防滴仕様 アウトドア キャンプ 登山 夜釣り 防災 停電 緊急 非常用
¥2,999
ランタンも買いましょう。

51vBWWtMkkL._SL75_.jpg

Tomo Light LEDヘッドライト 充電式 ヘッドライト 釣り 対防水コーティング ヘッデン 高輝度LED 5点灯モード 作業灯 防災 登山 釣り ランニング 夜釣り キャンプ ヘルメットライト ランタン PSE認証 18650リチウムイオン蓄電池 2本付属
¥2,235
ヘッドライトは、上からかぶるタイプがオススメです。固定されて、防水なので、津波でも発見してもらいやすくなるからです。

417+Yg5r3qL._SL75_.jpg

OHKEY 携帯浄水器 浄水器 濾過器 アウトドア 災害 検査済日本仕様
¥2,980

41d10dzjGBL._SL75_.jpg

防災ラジオ 携帯ラジオ 緊急用ソーラーラジオ 懐中電灯 SOSアラート付き 多機能対応ラジオ(AM/FM互換)ソーラー充電/USB充電/手回し発電 4つ給電式 大容量2000mAHバッテリー付き 防水功能付き 地震/防災/津波/台風などの緊急に対応
¥3,380
いっぱいついている系のラジオです。 懐中電灯にもなり、スマホ充電も可能です。 SOS緊急警報がついているので、家が潰れた時に、鳴らすことができます。

太平洋沿岸部の方・火災の危険がある木密地域の方は、防災リュックが必須!

519yS9dMr-L._SL75_.jpg

[山善] 防災リュック 30点 セット 【防災士監修】 一次避難用 給水バッグ 携帯用トイレ 大容量 レッド YBG-30R
¥4,236

51U9YxaZ8lL._SL75_.jpg

防災セット 防災食品 【Life Supply】 保存食セット <3日~5日分> 尾西食品 防災士監修 27点セット 長期保存 備蓄品 保存水 リュック付き 防災 防災セット 1人用

富士山噴火に備える、阿蘇山噴火、桜島噴火に備える。絶対にオススメです。

4104+LrjY6L._SL75_.jpg

シゲマツ TS 取替え式防じんマスク DR185L2W
¥16,536

石井が買ったインバーター発電機。価格帯的に、これが最も費用対効果が高いと判断しました。

ヤマハ 防音型 インバータ発電機 EF9HiS 0.9kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付 充電コード標準装備
¥79,599 

ヤマハ(YAMAHA) 二輪車用エンジンオイル ヤマルーブ スポーツ オイル MA2 10W-40 4サイクル用 1L 90793-32156

※ここに表示されている価格は参考価格です。今現在の価格とは異なる場合があります。

石井貴士チャンネルメンバーシップ