【未来予測】2021年1月に同時に襲来!? アビギャ君のスーパーバグとは 未来人のギナラウイルスとは

  • アビギャ君の予言スーパーバグについて知りたい人
  • 未来人の予言ギナラウイルスについて知りたい人
  • コロナの変異種が人類滅亡クラスになるのか知りたい人

人生は変えられる、石井貴士です。

今回は、2021年1月に同時に襲来!?アビギャ君のスーパーバグ、未来人のギナラウイルスとは、というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来、それはアビギャ君のスーパーバグ、未来人のギナラウイルスについて同時に知ることができる、という未来です。

感染したら、1日から2日で死に至るというスーパーバグ、そして人類滅亡クラスのギナラウイルス共に2021年1月に感染が拡大するという予言がありますので、今回は冷静にこの予言を考察していきます。

是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは、結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント

①2020年12月20日からのスーパーバグ アビギャ君の予言とは

②2021年1月に襲来! 未来人のギナラウイルスとは

③コロナの変異種が人類滅亡クラスのウイルスになる可能性は

という話をしていきます

この動画はどんな人にとって有益なのかというと、アビギャ君の予言スーパーバグについて知りたい人、未来人の予言ギナラウイルスについて知りたい人、コロナの変異種が人類滅亡クラスになるのか知りたい人です。

なぜならアビギャ君の予言、どんな薬もワクチンも効かないスーパーバグが、2020年12月20日からやってくる。そして未来人の予言、人類滅亡クラスのギナラウイルスが2021年1月にやってくる、この時期が重なっているからなんです。

1月に入って、日本では緊急事態宣言が出されました。

1月は、コロナの変異種の拡大も世界的に警戒されています。
コロナが変異して、スーパーバグだったりギナラウイルスと呼ばれるようになっていく可能性もありますので、警戒が必要です。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、アビギャ君のスーパーバグ、未来人のギナラウイルス到来、予言されている1月がついにやってきてしまったからです。

インド人の14歳の予言者アビギャ君は、12月20日からスーパーバグがやってくる、というふうに言っていたんですけれども、12月20日にイギリスでコロナの変異種が確認されました。

南アフリカでも変異種、ナイジェリアでも変異種が確認されています。

スーパーバグとギナラウイルス、発生時期から言って、どう考えても同じものを指しているんじゃないか、と思われますのでスーパーバグ、ギナラウイルスについて、検証していきましょう。

では人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①2020年12月20日からのスーパーバグ、アビギャ君の予言とは

コロナの発生を的中させたということで、有名になったインド人の14歳の予言者アビギャ君なんですが、その予言の中で一番有名なものは何か、それが2020年12月20日から2021年3月31日までの間でどんな薬もワクチンも効かない、新パンデミック・スーパーバグがやってくる、そして世界同時発生して1日から2日早ければ数時間で死に至る、というものです。

感染経路も分からないので、クラスターという概念もない、ワクチンも効かない、予防もできない、ソーシャルディスタンスの意味がない、なのでもう外には出歩かないという、これしか方法がないというのがスーパーバグです。

ではスーパーバグとは、どんなウイルスなのか。ということで、以前のアビギャ君の解説動画の中でパターンは2つだというふうに僕は言いました。

1つが新型コロナが、突然進化して変異する、2つ目が全く新たなウイルスがやってくるというこの2つの可能性ですね。

どちらの可能性もあったんですけれども、今のところは1つ目のコロナの突然変異というのが有力です。

そして12月20日という、まさに予言のその日にイギリスでコロナの変異種が確認されました。まさに12月20日じゃないかと、ビックリされた方多いと思います。

続けて南アフリカでも変異種、ナイジェリアでも変異種が確認されています。

今イギリスでは、コロナの変異種の感染が5割以上南アフリカでは変異種の感染者が8割だというふうに言われています。
とは言え、感染して1日から2日で死に至っているという報告は受けていません。

ですが変異種が、さらに変異してスーパーバグになっていくという可能性はあります。

1月にさらなる変異があるのかどうか、それがスーパーバグになっていくのか、警戒して行きましょう。

そして、そのスーパーバグがイコール、ギナラウイルスと呼ばれるものかもしれないのでギナラウイルスについて解説をしていきます。

②2021年1月に襲来!未来人のギナラウイルスとは

ということなんですが、技術2227という未来人がいるんですが、彼が7月28日の予言でギナラウイルスの到来は、2021年1月です。これは全世界に影響があります。少なくとも新型コロナウイルスは、収束させる必要がありそれは国民の考えによるものです。
確実な対応が必要です。
という予言がありました。

アビギャ君は、2月20日からスーパーバグが現れて、3月31日までで収束するというふうに言っています。

1月にギナラウイルスがやってくるとしたら、時期が完全に重なっているんです。

スーパーバグとギナラウイルス、同じものであると考えた方がいいでしょう。

では、ギナラウイルスとは何か。残念ながら、インターネットで検索をしても出てきません。

未来人が予言をした段階では、そのウイルスそのものがないので、呼び名がまだ確定されていないんですね。未来人が勝手に、ギナラウイルスという言い方をしているだけです。

では今、ギナラウイルスが発生するとしたら、何の確率が一番高いかと言うとやはりコロナの変異種です。

1月14日には、コロナの変異種が新たにアメリカで2つ発見された、という報告もありました。

では、このコロナの変異種が、どういうものなのかこれから考察していきたいと思います。

③コロナの変異種が、人類滅亡クラスのウイルスになる可能性は?

ということなんですが、
現時点で一番危険なコロナの変異種は何か、ということなんですがイギリスの変異種よりも、南アフリカの変異種一番危険であるというふうに、イギリスのハンコック保健相は言っています。

現時点、1月中旬時点の危険度ナンバーワン、これは南アフリカの変異種であると思われます。
なのですが、イギリスで発生した変異種、なんと1ヶ月で29回の変異が発見されているんです。
通常コロナの変異というのは、1ヶ月に1回か2回起きるとそんな中、イギリスの変異種は、1ヶ月以内に29回変異が起きているんです。

1ヶ月は30日なわけですから、ほぼ毎日毎日、変異が起きているということなんです。

今は南アフリカの変異種が一番危険だ、と言われていますが、イギリスの変異種の危険度がこういうふうにカーブを描いて、いつ上昇していくのか分かりません。

ちなみにこのギナラウイルス、どこから来るのかという発生源に関しては、予言されていません。

12月20日から変異種が増えていって、どこかのタイミングでギナラウイルスと呼ばれるように変わっていく、その可能性が高いと思われます。

どんな薬もワクチンも効かない、そんなコロナウイルスがギナラウイルスと呼ばれてくる可能性がある、ということなんです。

変異種が毎日1つずつ誕生しているとしたら、それは、どこかのタイミングでどんな薬もワクチンも効かないものに変わっていく、という可能性は十分にあります。

もしかしたら1月中に、人類滅亡相当のウイルスが現れるかもしれないということで、警戒が必要です。

そんなに不安なことばかりを言うな!不安を煽るな!という方もいるでしょう。
では、なぜあなたが不安になるのかと言うと、どんな時でも私は、これをやって生きていくぞ!というスイートスポットを知らないからです。

何をしたらいいかが分からないから、人は不安になるわけです。

何が起きても、これをやっていくぞ!というスイートスポットのある職業が決まっていれば、あなたも不安はなくなります。

人は生まれつき3つのスイートスポットを持って生まれてくる、そのスイートスポットをやれば、成功するけれどもそれをやらなければ成功しない、これがスイートスポット理論です。

まだスイートスポット理論の動画、観ていない方は是非、この動画ご覧ください。

1月から2月にかけては、なるべく自分のスイートスポットのある仕事に集中して、外は出歩かない!というのが一番いいです。

まだスイートスポットを知らないという方は、スイートスポットが見つかるSFT講座
開催しておりますので、是非、お越しいただけたらと思います。

1日も早くスイートスポットを見つけて、不安がない人生を送ってそれでいて、なおかつ成功できる人生にしていただきたいな、と思っています。

今回は2021年1月に同時に襲来!?アビギャ君のスーパーバグ、未来人のギナラウイルスとはというテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①2020年12月20日からのスーパーバグ アビギャ君の予言とは

②2021年1月に襲来! 未来人の気ならウイルスとは

③コロナの変異種が人類滅亡クラスのウイルスになる可能性は?ということを話しました

今回もご視聴ありがとうございました

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録そして良かったよ!というコメントも是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【人生が変わる15分】コロナ予言的中!インドの14歳アビギャくんの予言まとめて解説します 戦争 経済の崩壊 ウイルスパンデミックは本当にやってくるのか!?

  • インド人の14歳予言者 アビギャ君について知りたい人
  • アビギャ君の予言は最近当たっているのかどうか知りたい人
  • 2020年12月20日からのスーパーバグについて知りたい人

人生は変えられる 石井貴士です。

今回はアビギャ・アナンド君の予言する未来は、本当にやってくるのか!?スーパーバグがやってくる、12月20日は近いぞ!ということでお伝えしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を見ることで、あなたが得られる未来、それはインドの14歳の予言者アビギャ・アナンド君の予言のまとめを知ることができる、という未来です。

インドの14歳の予言者アビギャ君は、コロナが来ることを的中した!ということで、有名になりました。

そしてお陰様で、僕のアビギャ君の動画もですね、15万再生以上されています。

2つの動画とも15万再生以上されているということで、本当にありがとうございます。

僕の未来予測とアビギャ君の未来予測、とても相性が良いということが分かっています。

そして彼は12月20日から、どんな治療薬もワクチンも効かないスーパーバグがやってくる!という予言をしているんですが、もう12月20日近いです! なのでコロナ予言以降のアビギャ君の予言当たったのか? そしてこれからスーパーバグ、本当に来るのか? ということを検証していきたいと思いますので、是非この動画最後までご覧ください。

では

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①アビギャ君の的中した予言 2019年8月22日の時点でコロナ出現の予言当たったぞ!

②アビギャ君のその後の予言を検証 2020年6月30日からの食糧危機来なかったぞ!

③2020年12月20日から2021年3月31日までの期間で予言されている新パンデミックスーパーバグの正体を探る

ということをお話していきます。

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、インド人の14歳予言者 アビギャ君について知りたい人、アビギャ君の予言は最近当たっているのかどうか知りたい人、2020年12月20日からのスーパーバグについて知りたい人です。

なぜアビギャ君の予言を取り上げるのかと言うと、僕の未来予測、彼の予測とかなり近いんです。

というのも、彼はインド占星術ジョーティシュというものを使ってるんですが、僕は西洋占星術を主に使っています。

同じ占星術なので天体配置同じなんですね、インド流か西洋流かというのが違うだけなんですね。

なのでインド占星術と西洋占星術で、とてもお互いが補い合って相性が良いのかなと思っています。

なので僕とアビギャ君の予測を同時に見ていただくとなんとなく世の中こういう流れになっていくのかな、というのが分かると思います。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかというと、最近アビギャ君の予言の動画が止まっているからなんです。

最近彼がアップしているYouTube動画、女の子と楽器を叩いたりとかヤギと戯れたりとか全然予言と関係ないじゃん!と、そういう動画ばかりがアップされているんです。

それは14歳の少年です。おいおい予言だけをやれよ!とそんなことは言わないでください。許してあげてください。

今回コロナの予言的中以降の彼の予言について、スーパーバグが訪れるとされている12月20日も近くなってきたということで、どんどんと解説をしていきたいと思います。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①アビギャ君の的中した予言 2019年8月22日の時点でコロナ出現の予言当たったぞ!ということを話していきます

2019年8月22日の動画の時点で、彼は何と言っていたか。

2019年末にウイルス・パンデミックが発生する、3月29日から4月21日まで状況が悪化。その時に経済と航空業界に大打撃がある。

5月29日から収束が始まって、7月初めからもっと収束する、なのですが2020年12月20日に新パンデミック、新しいパンデミックが起きてくる、その感染症は2021年3月31日まで続く、ということを言っていたんですね。

12月20日からのパンデミックは、世界同時に発生して1日から2日早ければ数時間で死に至るという、とんでもない感染症だ。ということを言っています。

実際に経済の打撃、航空業界の打撃ということを2019年8月時点で予測していた、ということなのでとても話題になった、これがアビギャ君です。

3月29日から4月21日まで状況が悪化、5月29日から収束が始まる、とあるんですが日本では4月7日に非常事態宣言、そして5月25日に非常事態宣言が解除されていますので、だいたい一致しています。

ここまで当たっているということは、2020年12月20日からのスーパーバグ、ヤバいのではないかというわけなんです。

ではその後の予言は当たったのか?ということを検証していきたいと思います。

②アビギャ君のその後の予言を検証 2020年6月30日からの食糧危機来なかったぞ!という話をしていきます

世界各地でロックダウンされた後には、食べ物を作る人が減っていきます。そして収穫する人も減っていく、さらにはサバクトビバッタも来ていると。

なので食糧危機が起きる、というふうに彼は予言していたんですね。

それは2020年6月30日からだとアビギャ君は言っていたんですが、食糧危機来ませんでした。

そしてさらに6月30日から12月19日までは、比較的穏やかな世界が訪れると言っていて、確かに比較的穏やかな時代が来ています

僕の予測では、2020年9月14日から2020年12月19日までが木星の順行期間になるので、ここで悪いことが起きる、というふうに予測していました。

本来、木星っていうのは、ラッキーを表す幸運を表す星なんですけど、その木星が山羊座に入っているということで、二極化だったり良いものは良いけれども悪いものはより悪くなる、という時代だと予測しているんです。

そしてアビギャ君は、6月30日以降に食糧危機が起きる、というふうに予測していましたが僕は2020年9月以降に食糧危機が来る、というふうに予測していました。

これが我々の違いだったわけなんですけれども、食糧危機は2人とも今のところは外れています。

ですがこの後まだ来るかもしれません。

では僕の予測とアビギャ君の予測、どっちが当たっているかというと、残念ながらアビギャ君の方が当たっています。

14歳の少年に石井貴士負けると、そんな結果になっているのが現状です。

僕の場合は、予測をしていることの数も多いのでその分すごく外している印象がある、と思うんですけれども3月に株価の下落が起きるとか、3月に世界的な悪いことが起きるとか、そういったことは僕的中させていたんです。

そして4月7日から非常事態宣言が起きるとか、その日付も当てていたんですよね。

ですが、あまりにも外れていることが多すぎて、多くの方が石井貴士 当たらない!と思っていると思うんですが、いやいや、そうは言っても結構当たっているぞ!と僕も弁解はしたいところです。

外れているところを見ると、外しまくっている人のように思えるんですが、予測っていうのは立てることが一番重要なので、当たる当たらないよりも立てたということを褒めて欲しいと思ってます。

そして彼の予測で、一番メインなのではないかと言われているのが、12月20日からのスーパーバグなんです。そして彼の予測の中で、地球上で一番まずいことになります。

それが2021年2月です。
ということなので、ここについてお話していきたいと思います。

③2020年12月20日から2021年3月31日までの期間で予言されている新パンデミックスーパーバグの正体を探るということをお話していきます。

では、アビギャ君が一番危険だと言っている時期はいつなのかと言うと、2021年2月なんです。

戦争、経済の崩壊、パンデミックの3つの可能性がある、というふうに彼は言っています。

戦争はどうなのかと言うと、アメリカ大統領選挙でトランプ大統領が負けても勝っても中国に戦争を仕掛けてくる可能性というのがあります。

トランプ大統領の任期が2021年1月なので、2021年2月までにアメリカと中国が戦争になっている、という可能性は十分に残されています。

そして経済の崩壊ですね、これはオリンピックが中止だということがもし発表されれば、東京株式市場は大暴落。それが世界中に飛び火する可能性もあります。

オリンピックが中止になると考えると、発表されるのは12月なのか、1月なのか、2月なのか分かりませんが、オリンピックショックという株価の大暴落が2月に起きてもおかしくありません。

そして一番恐れられているのが、スーパーバグです。スーパーバグというのは、あらゆる治療薬ワクチンが効かないウイルスのことです。

そして世界に同時多発的に発生して1日から2日で死に至ってしまう、というものなんです。

さらには感染経路も分からない、ということなのでクラスターという概念も、今回は意味がないとされています。

なのでもうそもそも外に出歩かない、これがスーパーバグに対する対策です。

そしてアビギャ君なりの対策というのがあると、それが有機野菜とウコンだとこの2種類によって免疫を上げることができる、あとは栄養 睡眠 メンタルマネジメント、この3つによって予防するしかない、というふうに言っています。

ではどんなウイルスの可能性があるのか、そこ知りたいですよね。前回の僕の動画から時間も経っていますので、色々と確定できることがあるにはあります。

その可能性は3つですね。

1つ目はギナラウイルスという可能性
2つ目がブニヤウイルスという可能性
最後にまだ分かっていない未知のウイルスという可能性です。

ギナラウイルス

まず1つ目のギナラウイルスっていうやつなんですけれども、これは未来人が言っているウイルスのことで、予言には出てくるんですけれども、今現在ギナラウイルスと呼ばれるものはありません。

どんなワクチンも治療薬も効かない、イタリアから始まるウイルス、それがギナラウイルスだ、というふうに未来人は言っているんです。

このイタリアから始まる怖いですね。

今スペインでは、緊急事態宣言が発令されています。そしてイタリアでも、夕方6時以降は外出禁止令というふうになっています。

イタリアでコロナが蔓延しているんです。そこで突然変異で、イタリアからスーパーバグが発生する、そんな可能性もあるんじゃないかな、と思っています。

ブニヤウイルス

そしてブニヤウイルス、これは中国で8月4日に確認されています。

コロナもスペイン風邪もそうなんですけれども、最初の地域で発症してから6ヶ月後に世界同時多発的に発生する、ということなんです。

ブニヤウイルスが発見されたのが、8月4日です。では6ヶ月後はいつなのかというと、2021年2月なんですよ。

ちょうど6ヶ月後が2月になってしまうと。なので中国発のブニヤウイルスがスーパーバグである、その可能性も否定できません。

未知のウィルス

そして3つめの可能性である、まだ発見されていない未知のウィルス突然12月20日以降に現れて、2021年2月に多くの人が亡くなっていくという可能性もあります。

コロナが突然変異をするという可能性もありますし、そうではなく全く新しい未知のウイルスが現れてしまう、という可能性もあります。

では日本では何が一番怖いのかと言うと、受験です。中学受験 高校受験 大学受験、ものすごく怖いです。小学6年生 中学3年生 高校3年生 浪人生がヤバいと。

受験に出かけたら、それだけで電車の中でウイルスに感染してしまって受験会場でクラスターになって、そのまま1時間から2時間で亡くなっていく、という可能性も否定できません。

じゃあ受験に行ってきますと言って、そのまま自分の息子・娘が帰ってこない、そんなのは最悪だと思うんです。

アビギャ君の予測は2020年12月20日から2021年3月末までということなので、まだまだ訪れていないので、気を引き締めていく必要があります。

ビジネスをされている方は、2020年12月20日から2021年3月末まで家から一歩も出ないでもいい様な、そんなビジネスモデルを今のうちに作っておきましょう。

最後にくれぐれもお伝えしたいんですが、学校関係者の方、受験を控えている親御さんの方、受験会場に行くということに関して、とてもナーバスになっていただきたいなというふうに思っています。

今回はアビギャ・アナンド君の予言する未来は本当にやってくるのか!?スーパーバグがやってくる、12月20日は近いぞ!というテーマでお届けしました。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①アビギャ君の的中した予言 2019年8月22日の時点でコロナ出現の予言当たったぞ!

②アビギャ君のその後の予言を検証 2020年6月30日からの食糧危機来なかったぞ!

③2020年12月20日から2021年3月31日までの期間で予言されている新パンデミックスーパーバグの正体を探るということをお伝えしました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録よろしくお願いいたします。

石井貴士チャンネルメンバーシップ