【人生が変わる13分】東京都知事選、票読みをします! 山本太郎さんはどこまで票を伸ばせるのか?【れいわ新選組】【小池百合子】

  • 東京都知事選に興味がある
  • 山本太郎さんが当選する可能性について知りたい
  • 選挙の予測を知りたい

人生は変えられる、石井貴士です。

今回は、東京都知事選票読みをします。

山本太郎さんはどこまで票を伸ばせるのか、というテーマでお話していきます。

チャンネル登録が、まだの方は是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を見ることであなたが得られる未来、それは、東京都知事選の票読みをいち早くできる、という未来です。

首都1300万人の有権者の票はどう流れるのか、過去の東京都知事選はどうだったのか?という歴史を踏まえて、解説をしていきます。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

小池知事の圧勝は本当か?当選ラインは300万票 過去の東京都知事選を振り返る

堀江貴文さん不出馬!ホリエモン新党など他陣営の情勢は?

唯一の対抗馬 山本太郎さんの当選の可能性について考える

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、東京都知事選に興味がある人、山本太郎さんが当選する可能性について知りたい人、選挙の予測を知りたいという人。

なぜなら、今回の都知事選、小池さんの圧勝が予想されすぎていて、つまらないから投票に行かない、という人も多いからです。

興味がないわけではないけれども、投票には行かない、という人も多いと思うんです。

なのでまずは、票読みからしていきたいと思います。

今回、なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、過去の歴史から冷静に解説する動画を作りたかったからです。

過去の選挙のデータを見て、予測していきたいと思います。

おいおい! 石井貴士! お前選挙詳しいの?って思った方いるかもしれません。

結構、詳しいです。

少なくとも選挙に出たことがない人よりは、僕の方が絶対に詳しいです。

というのも、僕は2012年の衆議院選挙に立候補して、落選したという黒歴史があります。

しかも得票数は6人中6位で、供託金も没収されたという、悲しい過去を持っています。

1200万円無くなりました。

本当に悲しいです。なので、もう二度と選挙は出ません。

石井さん、もう1回出て、っていう人いるんですけども、本当二度と出ないんで、勘弁してください。

もうね! 国民は愚民です! 見る目ありません!

僕を6人中6位と判定する国民か、ということで僕、絶望したんで、もう出ません!

選挙については、もう愚痴しかないかもしれません。

なのですが、選挙には実際出たことがあるので詳しいです。

さらに言えば、日本の歴史上、細川政権と民主党政権2回しか政権交代って行われていないんですけれども、その中心を担った小沢一郎先生に、どうすれば選挙で勝てるんですか?って直接聞いたことがあります。

なので、僕のように、実際に選挙に出たことがあって、選挙に勝つコツまで小沢一郎先生に聞いたことがある、そういう人は少ないと思いますので、今回の動画、是非、最後までご覧ください。

人生を変える3つのポイント、一つ一つ見ていきましょう。

1 小池知事の圧勝は本当か

当選ラインは300万票、過去の東京都知事選を振り返るということをやっていきましょう。

まず2011年石原慎太郎都知事が、261万5120票で当選しております。

この時の2位、どのくらいかと言うと、東国原英夫さん169万票、渡邉美樹さん、和民の方ですね。
101万票ということで、二人合わせると260万票で、石原慎太郎さんと同じくらいになるということだったんです。

もう、この時代のこと、忘れている方も多いかもしれません。

では2012年行きましょう。

猪瀬直樹さん433万8936票、そして宇都宮けんじさん96万8960票です。猪瀬さん433万票も取っているんですよ。それだけ、支持されたっていう方だったんですね。

では2014年、舛添要一さん、211万2979票、宇都宮けんじさん、98万2594票です。

この時は211万票ということだったので、猪瀬さんよりも半分の得票数で当選しているということなんです。

そして、一番直近の2016年の都知事選ですね、小池百合子さん291万2628票、2位が増田寛也さん179万3453票、そして3位が鳥越俊太郎さん134万6103票、ということだったんです。

2位の増田さんの陣営は、自民公明が推薦したにも関わらず、惨敗だったということなんです。

3位の鳥越俊太郎さんは、選挙期間中に女性スキャンダルが出て、票が伸びませんでした。

そして今回得票数の予想としては、やはり小池百合子現職が1位、そして2番手に山本太郎さん、3番手 宇都宮けんじさんというところが妥当なラインです。

当選ラインは今回も300万票かなと。

この300万票を他の陣営がどこまでしのげるか、という戦いです。

前回は、自民党の増田さんという敵がいて、戦いやすかったというのもあって、290万票まで小池さんは伸びました。

しかし、今回、自民党は自主投票、公明党は小池さん推しです。

今回の小池さんは、290万票から自民党が自主投票になった分だけが、上乗せされる公明党の票でさらに伸びる。

でも、敵対する人がいなくなった圧勝ムードだから、投票しないっという人もいるので、やはり300万票ぐらいかなと思われます。

今回、3番手が予想される宇都宮けんじさんですが、立憲民主党・共産党が支援しています。

2012年には96万8960票、2014年には98万2594票と、一歩100万票には届かないんですが、今回も100万票と予想しましょう。

なのですが、山本太郎さんが出馬します。

ここで100万票中、30万票は山本さんに流れそうなので、70万票が宇都宮さんの得票数ではないかと予想されます。

となると、山本さんが、宇都宮さんから流れてくる30万票と堀江貴文さんが出馬しなかったことによって、流れ込んでいる無党派層をどこまで取り込めるか。

ここが戦いになってきます。もし無党派層から270万票、集めてくることができれば、山本太郎さんの勝利ということなんですね。

なんですが、あまりにも小池さんが強いというのが、今回の選挙です。

その2 堀江貴文さん不出馬

ホリエモン新党など、他陣営の他陣営の情勢は、ということをお伝えします。

まず、他陣営なんですけど、注目する人が多いと思われるのは、やはりホリエモン新党ですね。

堀江さんの運転手をしていた、という男性が出馬しました。

そしてN国党の立花さんはN国党ではなく、ホリエモン新党から出馬しました。

いずれは、ホリエモン新党とN国党を合流させて、新しい政党にしていく、ということを既に発表しています。

いずれはホリエモン新党ではなく、ホリエモン党と名前を変えるのでは、とまで言われています。

他には日本維新の会が推薦する、熊本県の元副知事の方などなど、大勢いらっしゃるんですけれども、公共放送じゃないので時間の都合上、全員紹介できないことをお許しください。

大変申し訳ございません。

山本さんと立花さんのキャラが濃すぎる、ということで許していただければなと思います。

3 唯一の対抗馬 山本太郎さんの当選の可能性について

山本さんは、過去の選挙でどうだったのかお話しします。

2013年の参議院選挙、東京選挙区、山本さんは6人中5位で当選しています。

得票数は66万6684票です。ちなみに、4位が共産党の吉良佳子さんなんですが、77万3901票をとっています。

共産党の票が無かったとしても、一人で共産党という、一つの政党と同じくらいの得票数があったということなんです。

これは、注目に値することだと思います。

そして2019年の参議院選挙、ここでれいわ新選組という名前に変わっています。

個人名の得票数が、全国から99万1756票が集まってます。

その10%が東京都だとしたら、大体10万票くらいは基礎票があるのかな、というふうに考えていいんじゃないかと思います。

この東京都知事選挙、他の国政選挙とは何が違うのか。

それは、有名人が当選しやすいということです。

過去の歴史を振り返ってみると、青島さん、石原慎太郎さん、猪瀬さん、舛添さんと、皆さん有名人です。

小池百合子さんも、まあ、有名人ですね。

そうなると今回は小池さんか、山本さんしか有名人はいませんので、山本さんがどこまで票を伸ばせるのか、というのが一番の注目だということです。

山本太郎さんは、まず2013年の参議院選挙の66万6684票は、最低でも取るだろうとこれは取りますよね。

そして宇都宮けんじさんから流れて来る30万票、これで大体100万票になります。

この100万票は確実で、どこまで上乗せして300万票に到達していくのか、ということなんです。

で、今回山本太郎さんにとって、追い風なのは何か2つあります。

1つは、野党統一候補ではない、ということです。

無党派層には自民党は嫌いでも、野党はもっと嫌いっていう人は、すごく多いんですよ。

だから、野党統一候補って言われたら、それだけで入れたくないっていう人も多いと思うんですよね。

で、今回、山本さんは自民党でもなければ野党統一候補でもない、だから入れたい、という無党派層は多いはずです。

そして2つ目、今回、山本太郎さんは、共産党の推薦を受けていません

共産党アレルギーがある人っていうのは、とても多いんです。

共産党と手を切ってくれるんだったら、山本太郎さんを応援したいんだけどな、という人は潜在的にものすごく多かったはずです。

さらには今は個人の時代です。

小池百合子さんが前回当選したのは、自民党の組織票は嫌だ、というふうに思った人が大量に小池さんに投票したからなんですね。

組織に頼らないで、一人でやっている人を応援したい。そう思う風潮が出来上がっています。

今、テレビも見る人は減っていますよね。

NHKとかフジテレビとか、そういった大きい組織の番組よりも、たった一人でやっている、YouTuberの番組の方を皆さん観たりします。

これが今の時代の流れです。

なので今回、小池さんには自民党の自主投票もある、共産党の応援もあるということで、一人でやっている山本さんを応援したい。そういう感情が多くの人に芽生えても、おかしくはありません。

あと1位には入れたくないけど、2位に入れたいっていう人もいるので、そういった人がどこまで増えるか。

あと、雨だと投票率が下がって、無党派層に不利なので晴れているということは、山本さんの勝利の条件にはなると思います。

7月5日の選挙当日が晴れているかどうか、ここにも皆さん注目してください。

最後に、降りないとは思いますが、もし宇都宮けんじさんが途中で降りるというふうになったら、60万票 70万票がそのまま山本さんに上積みされます。

でも僕の個人的な感想は、降りない男 宇都宮けんじというふうに思ってます。

前回、鳥越俊太郎さんに譲ったことで、女性スキャンダルが起きて、野党統一候補がダメダメになっていったんです。

今度こそ降りないぞ!というふうに思っているはずです。

とはいえ選挙情勢を見て、あと70万票上積みすれば、山本太郎さんが当選する、という風になったら、そこで宇都宮さんがどうするか、ということは注目に値すると思います。

でも多分降りないです。

今回の都知事選300万票が当選ラインで、どう考えても小池知事の圧勝です。

でも、何が起きるか分からないのが選挙です。

小池さんは以前、排除です!と言ったおかげで、希望の党が失速してダメになった、という例も持っているわけです。

同じようにもしかしたら、コロナにかかっている子供を前にして排除です! 密です!とかやっちゃったりするかもしれないじゃないですか。

そうなると好感度がダダ下がりして、票が伸びないという可能性もあります。

選挙期間中に、とんでもない失言をしてしまう可能性も否定できません。

基本的には小池百合子さんの圧勝なんだけれども、ミラクルが起きたら、山本さんも可能性はあるぞ、というふうに思ってください。

今回は、東京都知事選の票読みをします。山本太郎さんはどこまで票を伸ばせるのか?

というテーマでお伝えしました。

人生を変える3つのポイント

1 小池知事の圧勝は本当か?当選ラインは300万票 過去の東京都知事選の歴史を振り返る

2 堀江貴文さん出馬 ホリエモン新党など他陣営の情勢は?

3 唯一の対抗馬 山本太郎さんの当選の可能性について考えるをお届けしました

ちなみに今回の選挙、僕が個人的に誰を応援している、というのは一切ございません。

小池百合子推しでもなければ、山本太郎推しでもありません。

宇都宮けんじ推しでもありません、ホリエモン新党推しでもありません。

ただ、歴史から考えて、冷静に今回の都知事選こんな感じになるな、というのをご理解いただけたらなと思います。

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録よろしくお願いいたします。

石井貴士チャンネルメンバーシップ