山水蒙(さんすいもう)

山水蒙(さんすいもう)初爻

山裾に霧が立ち込め、何も見えない様子を示します。これは、何も知らない=未熟さの意味となり、それに対して厳しい指導が望ましいことを意味します。あなたが年下の人、誤ったことをした人を導く場合、厳しすぎると反発を招きます。寛容さを持つことが大切です。

山水蒙(さんすいもう)2爻

世界の狭い人や何も知らない後輩に対して、ほどよく厳しく、ほどよく優しく接することで成果が上がるときです。そんな指導者ぶりが周囲の人たちを引きつけるでしょう。良い師を求めるのも、自らグループの長につくのも、いいタイミングです。

山水蒙(さんすいもう)3爻

嫁ぐべき相手を捨て、金持ちの手近な相手についていく女性にたとえられる運気。目先のことにとらわれ、状況が正しく見えていないことを示します。特に、異性に関すること、仕事や金銭に関することには慎重な態度が求められます。

山水蒙(さんすいもう)4爻

気持ちに張りがなく、だらけていることを示します。行くべき道も見えず、ガイド役も得られないため、孤立無援で困窮する暗示。やることなすことが裏目に出るので、静かに受け身の姿勢でいるのが無難です。状況が変わるまで待ちましょう。

山水蒙(さんすいもう)5爻

徐々に明るさが見えてきます。しかし、まだ状況は、「暗闇の中の子ども」状態です。目上の人、知恵や経験のある人に教えを乞うべきです。その際は、見栄を張らず、反抗しないで、素直に従うと吉。目下の人間も大いに力になってくれます。

山水蒙(さんすいもう)上爻

無知や愚かを意味する卦の最終段階で、そこから抜け出ようというエネルギーが強まります。そのため、無理を通しがち。その反発も強く、周囲の人たちの気持ちを害する恐れがあります。言葉や行動に十分な注意が必要です。