山沢損(さんたくそん)

山沢損(さんたくそん)初爻

損して得取れの卦の最初ですから、投資をし始めるのがよいとなります。金融商品の検討のほか、自分や人に対する投資も含みます。特に今は、あとで実りを得るために、自分が持っているものを人に与えるとき。まずは損を承知で、将来によかれと思うことをしてください。

山沢損(さんたくそん)2爻

投資や手助けについて慎重な態度が望ましいときです。人のために犠牲を払い、結局自分が困ってしまったり、人を助けたことが相手のためにならなかったりとバランスが悪いからです。今はどんな誘いや申し込みがあっても、検討だけにとどめておくのが無難です。

山沢損(さんたくそん)3爻

複数で動けば、お互いを疑うことになるが、ひとりでいれば問題は起こらないことを示します。集団行動や共同案件より、単独のものを進めるのがいいでしょう。途中で話を変えられる恐れがあるので、人を当てにしないことです。

山沢損(さんたくそん)4爻

自分は自由に動けないが、助力を得て喜びが湧くことを示します。目の前の物事に対して、あなたの力は十分ではありません。それを早くに自覚し、意地を張らず、人の助けを借りることが正解です。目下の人間が大いに力を貸してくれるでしょう。

山沢損(さんたくそん)5爻

思いがけない幸運に恵まれるとき。まさに「天の助け」と言いたいような大逆転劇もあるでしょう。意外な人が助けてくれますし、チームワークが素晴らしい成果を生むことも期待できます。すべてがスムーズですが、基本や初心を忘れないようにすることも大事です。

山沢損(さんたくそん)上爻

投資の最終段階で、収穫のときです。以前、まいた種が大きくなって花開き、実を結ぶでしょう。その成果を、余すところなく受け取ってください。そのあとで、新しい物事に取り組むことにもツキがあります。主従のどちらも益のあるウィンウィンの関係をつくれます。

コチラの記事も人気です