【人生が変わる11分】「超速」後編 最速で仕事を終えられるようになれば人生が変わる!【ウィル・デクレール】【バオ・ディン 】【ジェローム・デュモン】

人生は変えられる、石井貴士です.。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という人は、こちらの無料メールセミナー人生を変える7つの魔法に、今すぐご登録ください。

登録いただくと、特典動画も観られるようになります。

今回は「超速」後編、最速で仕事を終えられるようになれば人生が変わる!というテーマでお届けします。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来

それは最速で仕事を終える、具体的な方法が3つ分かる、という未来です。

最速で仕事を終えないと、毎日毎日、延々と同じ毎日が続いてしまいます。

それだと人生は変わりません!違うことをやってどんどん最速で終えていくから、人生が変わるわけです。

最速で仕事を終わらせていく方法というのは、人生を変えるためには不可欠なんです。

あなたの人生を最速で変えていくためにも、この動画 是非、最後までご覧ください。

まずは、結論からいきましょう。

人生を変える3つのポイント

①最も難しいのは最初の1秒だと知る

②長期目標と短期目標をゼロ秒で言えるようにする

③1日は最も難しいタスクから手を付ける

ということをお話していきます。

今回なぜ、この動画を撮ろうと思ったのかというと、この本「最速」で仕事ができれば、人生が変わる!と思ったからです。

「最速で最高の結果を」というふうに、この本にも書いてあるんですが、この本ね、仕事術に関してとても良い本なので、とにかく最速で仕事終わらせようよ!という人は、是非この本、手に取っていただければと思います。

概要欄から買うことができます。

では、人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう

①最も難しいのは最初の1秒だと知る

ということで、作家のプレスフィールドさんによれば、難しいのは執筆することではなく、書くために座り続けることなのだ、座るのを妨げるのは抵抗する心だというふうに言っています。

本当にその通りだなと思います。

作家として同じ気持ちが痛いほど分かります。

石井さん文章を書けてすごいですね、って人いるんですけど、いやいや、文章を書けること全然すごくないんですよ。

それよりも座っていることが大変なんです。

ずーっと4時間座り続けるわけですよ、何かね良いアイデアが降ってくるまで、何もなかったとしても座り続けている、これが一番大変なんです。

座り続けて、良いアイデア降ってこないよ、良い文章降ってこないよ、スマホ見ちゃおっかな?いやいやスマホ見てる場合じゃないよ!とか、なんかメールとか返信しようかな?いやいや、そうじゃなくて、執筆に集中しなきゃ!っていうね、これが一番大変なんです。

執筆の時っていうのは、僕は午前10時から午後2時までの4時間、ずーっと座っているんです。

これがね、とても大変なんですよね。

最初の1秒本を書くのに取り掛かるとか、最初の1行を書くとか、これがめちゃめちゃ大変なんです。

5日で1冊本を書くという僕でさえ、めちゃめちゃ抵抗があるんですよ。

石井さん、スラスラ書いてますね、と思う方いると思いますが、僕もかなり抵抗しながら書いています。

今日はね、文章勘弁してほしいな・・・とか思ってますよ。

今日は良い文章を書けなかったら、どうしよう・・・とか。

今日は書きたくないよ・・・とか思いながらも、座って書いているんですね。

これ、ほとんどの作家一緒です。

ルンルン気分になって本を書くって、ま、なんかね、そういうふうに想像している方多いと思うんですけど、産みの苦しみですから、なかなかルンルン気分では本書けないですよね。

この抵抗する心と闘っていくのが、作家という職業なんです。

同じように最初の1秒仕事に取りかかる、これめちゃめちゃ大切なんでここが大変なんだ!というふうに思って、仕事にとりかかりましょう。

これ僕アナウンサーをやってた時も、一番アナウンサーで大切な仕事は何か?て言われた時に、出社することだ!って言われました。

寝坊しないで会社に来い!と遅刻しないで会社に来い!これが一番大切。

もう会社に来たら、アナウンサーの仕事半分終わったようなもんだと、というふうに言われました。

今日は行きたくないよ〜!

今日はテレビ出たくないよ〜!

今日ラジオ出たくないよ〜!

ていう日ばっかりなんですよ。

これ僕だけかもしれませんが、あの・・・アナウンサーもやっぱ人前に出るってしんどいので、抵抗する心が働くんですね。

実際ね、出ちゃえば、イェ〜イ!ってやりますよ。

やるけど出るまでは一苦労なんですよ。

アナウンサーで、一番周りに迷惑をかけることは何か?というと、オンエアなのにアナウンサーがいない、生放送なのにアナウンサーがいなくて、空のスタジオが映される、これが一番迷惑をかけているということなんです。

原稿をとちるとかいいんですよ、とちっても。

だってそこにアナウンサーいるから、一番困るのはアナウンサーがいないことなんです。

これ、テレビの現場でしょっちゅう起きます。

今日はロケだっていうのに、アナウンサーが来ませんと。

今日はニュースがあるのに、アナウンサーがいませんと。

出社して来てませんと。

こういうことめちゃめちゃ多いんです。

年に何回もあります。

これを防ぐのが、まずアナウンサーの仕事なんですよね。

仕事というのは、この最初の1秒、最初が大切なので、ここにかなりエネルギーを使う、ということを覚えておいてください。

②長期目標と短期目標をゼロ秒で言えるようにする

ということなんですが、これかなり難しいです。

多くの起業家は、長期目標と短期目標をすぐに言える、ということです。

だからこそ仕事の多くを断ることができる、ということなんですね。

長期目標があってそして短期目標があると、僕の場合はね、長期目標は100億円もらって天才プロジェクトを始めるという、長期目標、一応あります。

一応どころかね、ものすごくあるわけなんですけれども、戦争を終わらせることができるのは、日本で、いやいや世界で石井貴士しかないと思ってるので、誰か僕に100億円くれないかな?と思って、そのためにもね100億円もらえる自分になるというのを、長期目標としてやっております。

まだ天才プロジェクトの動画観ていない方は是非、天才プロジェクトの動画もご覧ください。

中期目標っていうのは、1万人の人にスイートスポットを見つけてもらって、人生を変えてもらうというものです。

そのために今、僕は同時に、SFTインストラクターというものをフランチャイズで募集しています。

僕1人の力では、1万人の人に対して同時にセミナーってのができないんですよね。

もともと定員6名で、このセミナーやっておりまして大抵6名かな?と。

8名ぐらいまで行けるっちゃ行けるんで、行ってもいいんですけどそれでもね、やっぱり8名ぐらいですよ。

しかも3日間みっちりかかるセミナーをやっているんです。

なのでマンパワー的に、石井貴士一人が講師では1万人のスイートスポット見つけるっていうのは、難しいんですよね。

僕以外のインストラクターがどれだけ増えていただけるかにかかっています。
そのためにもね、僕自身がセミナーを開催し続けなきゃいけないな、というふうに思っているんです。

インストラクター300人現れてほしいなと、いうこの300人インストラクター体制、これが目標なんですが、現在は10人に満たないというぐらいです。

その為にはね、インストラクター300人体制が望ましいと思ってますので、早く300人集まらないかな?というふうに思っています。

まだ僕自身がね、仲間を見つけてスイートスポット理論広めていくという段階なので、僕が自ら講師も務めてSFT講座開催しているという状況です。

そして短期目標としては、YouTube動画を1週間に3本から6本作成するというのがあります。

1人でも多くの人が、人生を変えてほしい!と思っていただきたいということと、いつかね僕に100億円あげてもいいよ!という人が、ふらっと観るかもしれないので、そう思って僕はね、このYouTubeやっています。

では長期目標、中期目標、短期目標、あなたはゼロ秒で言えるでしょうか。

これを言えるようになると、それ以外の仕事というのは断れるようになるということなんです。

石井さん、雑誌の連載お願いします、と言われても僕は断ります。

全く関係ないからです。

そんなことしてる暇ないです。

テレビ出演してください、基本的にはね断ろうとは思ってはいるんですけれども、でもね、もし僕好きな芸能人の方と共演できるとなったら、もうそれは、もちろん出ますよ。

出会いのためには出たいけど、仕事のためには出たくないなと思ってます。

テレビには出たくないけど、YouTubeのコラボだったら有名な人とやりたいなというのはあります。

これはね、YouTubeのチャンネル登録者数が増えれば増えるほど、僕の目標に繋がっていくからです。

こうやって長期目標、中期目標、短期目標が決まっていくと、関係ないと思える仕事を、どんどん断ることができるようになるわけです。

有名な起業家というのは、大体ね、20個依頼されて19個断る、これが普通のようです。

もしあなたが20依頼されて、19断っていなかったとしたら、それは長期目標、中期目標、短期目標が、ゼロ秒で毎日言えていないのではないか、ということだと思います。

③1日は最も難しいタスクから手を付ける

ということで、「カエルを食べてしまえ!」というブライアン・トレーシーさんの本があるんですけれども、大変な仕事を頭がクリアになっている朝にまずやってしまおう!ということなんです。

そうすれば楽になれるよ、ということです。

難しいタスクを後回しに、あなたはしていないでしょうか?

難しいことから手をつける、これが仕事術ではとても重要です。

1日のうちに、これは重要だぞ!と大変だぞ!というタスクを最大で3つにしましょう。

というふうにこの本には書かれています。

そして、その3つをね、何時から何時までにやるか、というのをブロッキングしていく
これタイムブロッキングというやり方ですね。

これがとても重要だというふうに言っています。

僕のお勧めは、2大目標を立てるということなので、重要なタスクは1日最大2つにするというふうに勧めています。

この本では3つってあるんですけど、僕は2つがいいというふうに思っています。

3つもね、できません!

3つあったら翌日にまわそうと思ってます。

2大目標を立てて、何時から何時までにやるかというのを朝のうちにタイムブロッキングしてしまいましょう。

それで最大の成果が上がるということです。

僕の場合はね、執筆の時間っていうのは朝10時からお昼2時までというふうになっているので、執筆をする時には必ずこのタイムブロッキングというのをやっています。

2大目標を立てる。そしてタイムブロッキングをする。

これを朝のうちにしてしまうことで、最速で結果が出ますので、是非あなたもやっていただきたいと思います。

あなたの人生で一番大切なこと、一番の重要事項っていうのはスイートスポットを見つけるということです。

なぜかと言うと、スイートスポットと関係ない仕事をしている1日8時間、何年という時間が一番もったいないからです。

イチロー選手が野球をしないで、ずーっとテニスをしていたら、その時間もったいないですよね。

それと同じことが、あなたにも起きていますので、まずはスイートスポットを見つける、ということが一番重要なので、そこから取り掛かっていただきたいなというふうに思います。

こちらのスイートスポット理論の動画、まだ観ていない方は是非ご覧ください。

スイートスポットという一番重要なところから手をつけていただきたいな、というふうに常々思っています。

今回は「超速」後編、最速で仕事を終えられるようになれば人生が変わる!というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①最も難しいのは最初の1秒だと知る

②長期目標と短期目標をゼロ秒で言えるようにする

③1日は最も難しいタスクから手を付ける、ということをお話しました。

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録そして良かったよ!というコメントも、是非2分以内にお寄せください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ