【人生が変わる16分】芸能人死去 コロナ時代に不安を解消する3つの方法

  • コロナに感染したらどうしよう、と不安になっている人
  • コロナで今の仕事がなくなったらどうしようと不安な人
  • この先どうやって生きていったらいいんだろう、と不安な人

人生は変えられる石井貴士です。

今回はコロナ時代に不安を解消する、3つの方法というテーマで、お届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、ぜひチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を見ることであなたが得られる未来、それは不安を解消する方法が分かる、という未来です。

いつコロナになるかもしれないから不安だ、いつ地震が来るかわからないから不安だ、いつ仕事がなくなるかもしれないから不安だ、という方多いと思います。

そんな中、僕は全く不安になっていません。
なぜかと言うと、不安を消す方法を知っているからです。

今回はあなたが生きていく上で、不安を持たずに生きていく方法について、お伝えしますので、是非この動画、最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる人生を変える3つのポイント

その① 勉強をする

その② 課題を持ち歩け

その③ 師匠を持つ

ということです。
この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、コロナに感染したらどうしよう、と不安になっている人、コロナで今の仕事がなくなったらどうしようと不安な人、この先どうやって生きていったらいいんだろう、と不安な人です。

なぜなら今、不安な人ばかりの時代だからです。

もちろん以前から先行き不透明な時代だ、とは言われていました。
ですが、まさかコロナまで来るなんて、ということです。

コロナによって、急激なパラダイムシフトが起きました。

昔だったら、繁盛して人がいっぱいいるお店は素晴らしい、と思われていました。
しかしコロナが来た時に、三密だ、繁盛している店に行ってはいけない、ということになったんです。

こんな常識の転換、今まであったでしょうか。

これからもこういった常識の転換が、あるんじゃないかと思って、不安になる人も多いと思います。

ではなぜ僕が不安にならないかと言うと、不安にならない方法を知っているからです。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、不安をなくす方法については、元アナウンサーの石井貴士は、プロなのではないか、という風に思ったからです。

アナウンサーは生放送で、何十万人と見ている中で原稿を読みます。

不安に対してどう向き合うのかを、毎日毎日考え続ける職業、それがアナウンサーだったわけです。
なので、アナウンサーっていうのは。、不安をなくすプロだ、ということも言えるんじゃないかな、と思ったんです。

ではアナウンサーは、どういう時に不安になるのか、それは準備ができていない時です。

原稿の下読みがろくにできないまま、オンエアに向かうとき、ものすごく不安になります。

地名の漢字が、読めなかったらどうしようとか、人名の読み違いがあったらどうしようとか、そういったことを考えてしまいます。

普段だったら原稿の下読みという形で、大声で原稿を読んだ後に、オンエアに向かうので不安はないです。

大声で下読みをしていると、他の人が間違っている時に、訂正してくれるんですね。今のここ、アクセント違ったよとか、ここを読み方違うじゃんって、教えてもらえます。

でも原稿がなかなかできなくて、本番直前まで来ないこともあります。

ひどい時には、オンエアの最中にやっと原稿が来る、という時もあります。
一本目のニュース原稿を読んでいる最中に、やっとできたよと言って2本目の原稿が来る、そんなこともしょっちゅうでした。

ものすごく不安でした、でもその時に思ったんです。
準備ができていることに対しては、不安にならないんだなと。

準備ができていないことに関して、なんとか取り繕おうとするから、不安になるんだと思ったんです。

なので、準備が出来ていないことに関しては、完全に諦めた方がいい、ということもわかりました。

原稿を読んでいる時に、いきなりこれ差し込みって言って、差し込み原稿が来ることもあります。

その時に報道デスクが手書きなんで、ミミズがのたくっているような字で、全く読めない、 ということもあるんです。

そういう時は、もう読まないって言って読みません。突っぱねるしかありません。

これも突っぱねると僕の中で決めたので、それが正解になりました。

だからそこに関しては不安はなかったです。

でも、多分この漢字の読みで合ってるんだけど、もし間違ってたら困るなっていう時、こういう時はとても不安になったりします。

原稿に関しても1枚目2枚目、3枚目5枚目っていう感じで、4枚目だけ飛んでいる。
そんなこともしょっちゅうあります。
なので、何度も何度も確認をしてから、スタジオに入るようにしていました。

アナウンサーをやってわかったことは何か、というと不安というのは準備ができていない時に、起きる感情だということです。

だから準備さえあれば、不安はなくなるんです。

アナウンサーを5年間していた僕が、不安をなくす3つの方法について、お伝えしてきますので、この動画是非最後までご覧ください。

では人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

1 勉強をするということです。

なぜ不安になるのか、それは準備不足だからです。

不安というのは、準備ができていない時に起きる感情なわけです。

ではどうしたら、準備不足ではない状態を作ることができるのか、それは勉強しておけばいい。

ただそれだけなんです。

例えば学校で、先生にこの問題指されたらどうしよう、ていう時ありますよね。
その時は不安だと思います。
なぜ不安かと言うと、勉強していないからです、予習してこなかったからです。

でもどんな問題でも解ける、というくらいに勉強している時は、全く不安にならなかったはずです。

むしろ指してくれ、という風に思ったはずです。

その時と同じで、あなたが不安になる原因というのは、勉強していないからなんです。

僕は成功しようと思って、最初の5年間で一千万円自己投資をしました。
ここまで勉強すると不安がなくなります。

ソフトバンクの孫正義社長も、僕より勉強してる人はいないんだから、不安にはならない、というようなことを言っていました。

あなたがこの先不安だと思っているとしたら、それはそもそも一千万円の、自己投資をしていないからです。

まずあなたは、自分自身にどうすれば成功するのかという、スイートスポットを知っていますか?と言われたら知らない、という人が90%以上なんです。

何をすれば成功できるのかという、スイートスポットを知らないで毎日頑張る、これは、例えばイチロー選手が、毎日すごく頑張って、テニスの練習をしているようなものです。

ピカソが毎日、朝から晩まで、将棋の勉強しているようなものです。

あなたがサラリーマンとして、朝から晩まで頑張っているとしたら、このピカソと同じような状態になっている、ということなんです。

何をしたら成功できるかが分かっていないにも関わらず、朝から晩まで頑張って仕事をしている、こんな人ばかりなんです。

これは大いなる人生における時間の損失です。

まずあなたは、どんな勉強する必要があるのかというと、
スイートスポットを見つける、そのための勉強をするということです。

その後にどうしたらうまくいくんだろう、というノウハウを勉強するということです。

成功するために必要なのは、目標設定8割、目標達成2割です。

多くの人がどうやったら、今やっている仕事はうまくいくんだろう、ということで悩んでいます。

ちょっと待ってください、そもそもその仕事だから、うまくいっていない、という可能性の方が高いんで、スイートスポットの仕事だったら、そんな悩みをそもそもしていない、可能性が高いからです。

そもそも自分は何をやれば成功するのか、というこの目標設定の部分に、全てのお金と時間を投じていく、そして何をすればいいのかがわかったら、どうやってやればいいんだろう、というところに、お金と時間を突っ込んでいけばいいんです。

勉強していれば、不安はなくなります。

何をしたら成功するのかを知っていて、どうやったら成功するのかを知っていれば、コロナ時代も不安はなくなります。

逆を言えば、何をしたら成功するのかが分かっていない、そんな状況で生きているとしたら、毎日不安で不安でたまらなくなる、ということです。

まずはスイートスポットを知ることで、あなたの仕事が不安はなくなっていくと、考えて下さい。

2 課題を持ち歩くということです。

まずスイートスポットが分かっている、ということが前提ではありますけれども、あなたの悩みを全て紙に書き出してみてください。

これが不安だ、ということがあれば、どんどん何が不安かを紙に書いていくんです。

この紙に書き出すという作業のことを、専門用語で思考の外部化、という風に言います。 頭の中で考えていることを外部化、つまり紙の上に落としていくということです。

そして不安のリストを左に書いて行って、右にどうしたらいいか、という課題を書いていくんです。

そうすると不安リストが、どんどん課題リストに変わっていくんです。

大学受験で合格できるか不安だと思った時は、まず紙に大学受験で合格できるか、不安だという風に書きます。

紙に書いてやっと具体化できるんです。

そうすると数学が不安だ、英語が不安だ、とか色々出てきますね。

そして英語が不安だという場合は、英単語が不安だ、英熟語が不安だ、英文法が不安だ、という風に出てくるわけです。

知らない単語が不安だという時は、ではそれを具体的な対策にしたらどうなるのか、英単語を2,000個覚えるなのか、英単語を5,000個覚えるなのか、それは人によって違うと思います。

ここで具体化して、英単語を5,000個覚える、と書いた瞬間にそれは不安ではなく課題になります。

こうやって不安をリスト化して、課題に変えていく、これだけで不安はなくなっていくんです。

ビジネスがうまくいっていないという場合は、何が不安なのかを書き出してください。

まずこの仕事をやるべきなのか、という不安もあるかもしれませんし、この仕事をやることは分かっているんだけれども、集客で悩んでいるのか、従業員の教育で悩んでいるのか、取引先との関係で悩んでいるのか、そういった事を一つ一つ、リスト化していくんです。

とにかくお金がなくて不安なんだ、という場合はまずお金がない、という不安を出します。

じゃあ、どうすればいいのと言うと、お客さんが1,000人来たらいい、ということになるかもしれません。

そしたら、どうやってお客さんを、1,000人集めればいいか、ということにフォーカスしていけばいいんです。

まず不安を書き出して下さい。

そして不安をどんどん具体化していってください。

そして不安リストの右に、課題リストを作っていっててください。

そして不安リストを、課題リストに変えていって下さい。

そして課題リストができたら、それを持ち歩くようにしてみたら、どうでしょうか。

そうすると、課題リストを見返す、という毎日が続くというだけで、不安とは無縁の生活になります。

サッカーの本田圭佑選手は、常に100以上の課題リストを持っている、と言っています。試合に出る前に100個の課題リストを見る。

そしてそれを今回の試合では、どこまで達成できたんだろう、という風に見ているというわけです。

本田圭佑選手は100の課題リストを持っている。

ではあなたは、いくつ課題リストを持っていますかと言うと、持っていないという方が多いと思うんです。

それだったら不安になっても、しょうがありません。

不安なことがあったら、全て課題リストに変えていって、さらに持ち歩くことまで出来れば、不安というのは解消されます。

例えば僕の場合ですと、あなたのスイートスポットが見つかる。

SFT講座の受講者を、1万人にするという課題を書いています。

今現在15年やっていて、350人の受講者です。

そんな中、1万人という大それた目標を、書いているんです。

そうなると、これはYouTubeをやって、YouTuberとしてブレイクするしかないな、という課題が浮き上がります。

そして僕一人の力では無理なので、SFTインストラクターという形で、フランチャイズ化して、多くの人にスイートスポットを出していく、ということが重要だな、ということも分かってきます。

YouTubeのチャンネル登録者も、最低100万人行かないと、1万人のSFT受講者はできないな、という風に思ったりしています。

SFTインストラクターが1,000人になる、という課題も書いています。

インストラクターが1,000人になると、中国語ができる、英語が出来るって言う人も、入って来てくれると思うんです。

そしたらやっと、SFT講座の世界展開っていうのが、出来るようになってくると思います。

こうやって課題を、どんどんリスト化しているので、僕に不安はない、ということです。

あなたも是非、課題リストを作って、不安をゼロにしていってください。

3 師匠を持つということが大切です。

師匠、メンターがいない人というのは、とても多いです。

人生の師匠、ビジネスの師匠、スピリチュアル系の師匠の3人が、少なくとも必要です。

人生の師匠というのは、こういう人になりたいな、という師匠のことです。

男性であれば男性、女性であれば女性で、こういう人になりたいなという人を、人生の師匠にしてください。

ビジネスの師匠っていうのは、自分よりも先輩で、10年以上そのビジネスをやっていて、自分と同じビジネスをやっている人、そういった人が師匠になります。

同じビジネススタイルにする、ということであなたの悩みがなくなっていきます。

スピリチュアル系の師匠というのは、占い師、霊能者の先生ということです。

一人いれば十分ですが、その一人がなかなか見つからない、ということがあります。

スピリチュアル系の師匠を探すというのは、ツチノコを見つけるのと同じくらい難しい、といつも僕は言っています。

そのくらい世に出てこない方が本物である、ということが多いので、なかなか見つけることできないんですよね。

本物は表に出てこないので、ホームページも基本的にないと思ってください。

最後はその3人とは違って、別腹の師匠と僕が呼んでいるものです。

メインディッシュが、人生の師匠、ビジネスの師匠、スピリチュアル系の師匠だとすると、スイーツに当たる部分、別腹の部分が別腹の師匠です。

こういう場合はどうしたらいいのか、ということを毎月のように聞ける人です。

コーチのような存在でもあり、カウンセラーのような存在でもあり、伴走者のような存在でもある。

もちろん、なんでも色んなことを聞いたら、全てすぐに返ってくる。

そんな人にする必要があります。

僕のポジショニングっていうのは、完全に別腹の師匠というところです。

圧倒的な論理と圧倒的なスピリチュアルで、あなたの相談に乗って行きます。

何をしたら成功できるのか、というところまでは、あなたのスイートスポットが見つかる、SFT講座で導いていけます。

そしてあなたのスイートスポットは画家です。
ということが出ても、僕に残念ながら絵を教えることはできません。

スイートスポットはバスケットボール選手だ、と言われても僕にバスケを教えることはできません。

SFT講座を受講した後は、皆さんそれぞれで、ビジネスの師匠を見つけていく必要があります。

人生の師匠も、あなたがどうなりたいか、というのは人それぞれ違いますし、スピリチュアル系の師匠というのも、ご縁で見つけていく必要があります。

そんな中僕の場合は、人生の師匠という意味では、楽しく生きる、自由に生きる、ということがあります。

ビジネスの師匠という意味では、日本一の起業家組織を運営していた時期があります。なのでビジネスにも強いです。

そしてスピリチュアル分野に関しては、占いに関しては、ほぼコンプリートしていますので、かなりのスピリチュアル能力があると思っています。

なので、別腹の師匠という意味では、僕はかなり優れているんじゃないかなと、自分でも思っています。

人生は変えられるVIP会員、というのやっているんですが、これは僕を別腹の師匠にしたい、という方が集まる場になっています。

師匠がいれば不安はなくなります。

不安なことがあっても、これどうしたらいいですかと聞くだけなので、不安がなくなるんです。

人生は変えられるVIP会員の、石井貴士オンラインセミナーの中では、これどうしたらいいですかねーっていうことを、僕が簡単にビジョンリーディングをしていく。ということも可能です。

もちろん論理的に答えられる場合は。理的にお答えします。

師匠を見つければ不安はなくなる、なのに師匠を見つけずに、不安だ不安だと言っている人が、あまりにも多いです。

是非師匠を見つけるというところに、お金と時間を投入して、その後に努力をする、ということをしていただきたいなと思っています。

今回は、コロナ時代に不安を解消する3つの方法、ということでお伝えしました。

今回の動画から学べる人生を変える3つのポイント

1 勉強をする

2 課題を持ち歩け

3 師匠を持つ

ということをお伝えしました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、よろしくお願いいたします。

石井貴士チャンネルメンバーシップ