【人生が変わる25分】GO TO キャンペーンを止めるたった一つの行動【緊急動画】【拡散希望】

  • Go To キャンペーンについて知りたい
  • Go To キャンペーンをやめて欲しいと願っている
  • Go To キャンペーンを止めるために何か行動を起こしたいと思っている

人生は変えられる、石井貴士です。

今回はGo To キャンペーンを止めるためのたった1つの行動、というテーマでお伝えしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来。

それはGo To キャンペーンがどのようなものか分かるということと、Go To キャンペーンを止めるためのたった1つの行動が分かる、という未来です。

7月22日からGo To キャンペーンが始まります。
でもこのGo To キャンペーン、さっぱり内容が分かりません。

分かりにくすぎます。

旅行代金の半分を一泊につき、上限2万円で負担してもらえる、ただしその3割は、その地域で使うためのクーポン券、残りの7割が旅行代金ということです。

しかも地域で使うクーポン券は、9月1日以降でなければ使えないという、一度聴いただけでは、さっぱり意味が分からないものです。

どうやらお金に関しては、一泊2万円を上限にして、負担してもらえるらしいけれども、よく分からないというのは、このGo To キャンペーンです。

しかもあえてこの時期ですよ。

コロナの感染が拡大しているこの時期に行うということで、日本中にコロナウイルスが拡散される危険性があります。

国が主導して、お金をあげるので、全国に散らばってくださいね。

日本をパンデミックに陥れてくださいね。

というのがこのGo To キャンペーンのわけです。

そもそもGo To キャンペーン、複雑で分かりにくいわ、感染も広がってしまうわということですので、今回はまずGo To キャンペーンについて詳しく分かりやすくお伝えした上で、どうしたらこのGo To キャンペーン、止めることができるのか、ということをお話していきます。

Go To キャンペーンを止めるための、たた1つの行動。

それでいて、政府も喜んで、旅行会社も喜んで、旅館の方々も喜んで、地域の方々も喜んで、皆さん一人一人も喜ぶ、というウルトラCの行動をお伝えしていきますので、この動画最後までご覧下さい。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント

その1Go To キャンペーンって何?Go To Travel 、Go To Eat、Go To Event、Go To 商店街があるって知ってた?

②Go To キャンペーンの問題点、予算1兆7000億円を使い切った時点で終わり、という早い者勝ち企画だ

③2020年9月1日から2021年3月31日までという、コロナの第二波と同じタイミングで行われるのがこのGo To キャンペーンだ。 Go To キャンペーンを止めるためのたった1つの行動をお伝えします

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、

  • Go To キャンペーンについて知りたい人
  • Go To キャンペーンをやめて欲しいと願っている人
  • Go To キャンペーンを止めるために何か行動を起こしたいと思っている人です

なぜならGo To キャンペーンこのまま行くとGo To Hell!まさに地獄に落ちるという、キャンペーンになるからです。

アベノマスクも天下の愚策でした。

国のお金を使ってマスクを作ってますが、できた頃にはマスクの品薄問題は終わっている、という酷いものでした。

でも今回はさらに酷いです。

アベノマスクは、少なくとも感染を止めるためにやったことであることは間違いないです。

でも時期が遅かったわ!意味が無かったわ!という失敗なんです。

今回のGo To キャンペーンは、国がお金を使って、コロナを拡散させよう、というところが問題なんです。

日本中にコロナを広めるために、国が予算を使うということなんです。

ではいくら使うのか。1兆7000億円です。

期限は2020年7月22日から、2021年3月31日までの旅行です。
そのお金使い切ったら終わりだ、と言われています。

なので9月に使い切ってしまったら、9月でGo To キャンペーンを終了、10月で使い切ってしまったら、10月でGo To キャンペーンは終了、ということになります。

今、熊本では洪水で大変なことになっています。

ですが熊本で被災された方には、お金をあまり使わないけれども、コロナを拡散させるためには、1兆7000億円を使う、ということが問題なんです。

そのお金があったら熊本の被災者の方のために、使って欲しいなと思います。

ですがそんな中、国がコロナを拡散させるために、お金を使いそうだということで、今とても話題になっているんです。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかというと、Go To キャンペーンを止める、たった1つの行動が存在するからです。

Go To キャンペーンが行われてしまう、もう無理だ、日本中はパンデミックになってしまう、と諦めるのはまだ早いです。

たった1つ取れる行動があるからです。

僕が、他の動画でやっている未来予測、観て頂いてる方多いと思いますけれども、2020年9月1日から2021年3月31日までが、コロナの第二波が来るというふうに言っています。

今回のGo To キャンペーン、なんと地域のクーポン券が9月1日から使えるよ、ということで、9月1日からGo To キャンペーンで旅行に行こう、イェーイ!って言っているような、そんなYouTuberさんも見かけました。

お金の事だけを考えたら、9月1日以降に旅行に行きましょうね。と言っている人がいるんです。

何を言っているんですか!

そんなことより命のほうがずっと大切です!

9月1日以降旅行なんて行っちゃいけません!

今Go To キャンペーンが行われようとしている、それを止めることはもうできない、そんな中 9月1日以降に旅行に行こうねと、言っている人まで多くいる。

野党に至っては、もっと後の時期にやったらいいんじゃないか、というふうに言っています。

最悪です。

インフルエンザウイルスというのは、冬が一番猛威を振るうからです。

夏にインフルエンザになる、というケースは少ないです。

冬が怖い、この冬のために、どう備えていくかがとても重要なんです。

せめてこの動画を観ている方だけでも、コロナウイルスの第二波は冬が本番なんだなということを、心に留めておいていただきたいなと思います。

では人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①Go To キャンペーンって何? Go To Travel 、Go To Eat、Go To Event、Go To 商店街があるって知ってた?

分かりにくいんですが、Go To キャンペーンは、イコール Go To キャンペーンという感じではないんです。

Go To キャンペーンの中に、Go To Travel 、Go To Eat、Go To Event、Go To 商店街というものが入っているって事なんです。

具体的に内容が決まっているのが、Go To Travelだけだということなんです。

とても分かりづらいです。

ではGo To Travel以外のマイナーなものから説明していきましょう。

Go To Eat

Go To Eat、食べに行けということですね。

食べに行ったら、お金を少しでも負担してやるぞというものです。別に国から食えと言われなくても、勝手にお腹は空くので食べに行きます。

この時点で意味が分かりません。

具体的に文言を読み上げますと、オンライン飲食予約サイト経由で期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイントなどを付与、最大一人当たり1000円分、登録飲食店で使えるプレミアム付食事券、2割相当分の割引等を発行ということなんです。

聞いても意味が分からないと思います。

しかもたった1000円?意味あるの?ということです。

しかも飲食予約サイト経由限定って、食べログとか、そういうところにお金が流れるってことですよね。

予約サイト経由だとお金がもらえるけれども、予約サイト経由以外、直接お店に電話して予約をしたら、お金はもらえないっていうことなんです。

食べログのような予約サイトを、国が推奨してしまうということなんです。

星三つ星五つと言った内容を国が保証するわけでもないのに、そのサイトが存在していることの信憑性に国がお墨付きを与える、ということなのでとても良くないと思います。

Go To Event

次にGo To Eventキャンペーン、これもチケット会社経由で期間中のイベント、エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し割引クーポン券等を付与2割相当分というふうに書いてあります。

ちょっと待ってください、チケット会社経由じゃないとダメだ、ということなんです。直接はダメ、というのが気に入らないです。

中抜きをする業者、中間マージンを搾取する業者を優遇するっていうことなんです。

むしろ中抜きビジネスをやっている人から、多く税金を取れ!っていうくらいに思うんですけど、日本という国が、中抜き業者を儲けさせるって言う事なわけですから、酷い話だと思います。

しかもこのGo To Event、お金をあげるから、イベントに行ってコロナに感染してきてくださいね、ということなんです。

Go To 商店街

そしてGo To 商店街、商店街だけ日本語っていうこのセンスなんなの?ってまず思います。

なぜGo To Shopping Mallではないんでしょうか。イオンとかそういうショッピングモールは果たして商店街に入るんでしょうか。

それもよく分かりません。

具体的には、商店街等による、キャンペーン期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品の開発等の実施、というふうに書いてあります。

さっぱり意味がわかりません。

商店街を活性化させてしまったら、そこが密になってしまうじゃないですか。商品は商店街からではなくて、オンライン ネットショップで買わないといけないんですよ。

なぜならば密になるからです。

というわけで、Go To キャンペーンというのは、皆さんが考えている、Go To Travelだけではないんです。

Go To Eat、Go To Event、Go To 商店街もあるっていう事を頭に置いておいてください。

飲食店に行ったら密になり、イベントに行ったら密になり、商店街が活性化されたら密になる、というこれをなぜか国がお金を出して、推奨しようとしている、ということなんです

Go To Travel解説

ではいよいよ本命のGo To Travel、この解説に行きましょう。

旅行業者経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の1/2相当分のクーポン、(宿泊割引や地域産品飲食・施設等の利用クーポン)を付与

最大一人あたり一泊2万円分、ということです。

詳しく説明しますね。

どういうことかと言うと、一泊4万円食事付きという宿に泊まったら、2万円を負担してもらえる、ということなんです。

これは「旅行代金」っていうふうに書いてあるんで、航空券と宿泊券がついた、パック旅行であっても、一泊4万円の旅行であれば、2万円が負担されるということになります。

ということは、自家用車で行った時のガソリン代は、当然負担してくれないということです。

これもJTBとかじゃらんとか、楽天トラベルとか、旅行サイト経由でないとダメだと言うことなんです。

直接宿に申し込んではいけませんよ、ということを覚えておいてください。

なぜか中抜き業者を優遇する、これが今回のGo To Travelの中身なんです。

その②Go To キャンペーンの問題点予算1兆7000億円を使い切ったら終わりなので早い者勝ち

今回のGo To Travelいくつも問題点があります。

まずは連泊OKだということです。何泊泊まっても構わないんです。

例えば、100日連続で泊まってもいいんです。

それ旅行と言うより、ロングステイだと思うんですけど、100日連続で一泊4万円の宿に泊まったら、2万円×100日なんで200万円を国が負担してくれるって言う事なんです。

もちろん自分も200万円負担しなきゃいけないんで、それもかなりキツいと思いますけど、なぜか国から200万円の予算が下りる、ということなんです。

一応極端な例として、7月22日から3月31日まで全部一泊4万円のところに泊まったらどうなるのか。

だいたい220日分になりますので、440万円国からもらえる、ということになります。

その代わり自分も440万円、負担しなければいけません。

でもこんなやついるのかと言うと、多分いないとは思います。

実は一人につき、最大一泊2万円なので、10人家族で一泊したら20万円負担してくれるということです。

どうしたらいっぱい国から、金がもらえるかと言うとなるべく大人数で、なるべく多くの泊数ですね。

何泊も何泊もしたら、お金がもらえますよということです。

クーポン券が使える9月以降はコロナ第二波か?

仮に4万円の宿で2万円もらえるとして、その2万円の内訳なんですけれども、3割が地域クーポン券、7割が旅行代金ということになっています。

なのですが、地域クーポン券が使えるのは、9月1日以降だということになっています。

ということでお金の面だけを考えて、9月1日以降の方がGo To キャンペーンはお得ですよと言っているYouTuberさんとか、言っている多くの人がいます。

確かにお金の事だけを考えたら、そうかもしれないんですが、2020年の9月以降は、コロナの第二波が予想されています。

コロナの第二波が始まるタイミングに、国民全員で旅行に行け!というのはコロナの第一波を広げるのではなくて、コロナの第二波を広げようとしている、ということにつながってしまうんです。

9月1日以降に、Go To キャンペーンを使おうとしてる人がいたら、何言ってるの?それやめた方がいいよ!というふうに、必死で止めていただきたいと思います。

予算を使いきったらキャンペーン終了

そして今回の予算、決まってます。

一兆7000億円です。使い切ったら終わりというキャンペーンです

なので早く予約して、早く申請した人はもらえるけれども、予約したけれども、申請がちょっと遅れてしまったりしたら、もらえない人も出てくるっていうことなんです。

もしかしたら、9月いっぱいで使い切ってしまうこともあるかもしれませんし、10月いっぱい11月いっぱいで使い切る、ということもあるかもしれません。

結局この制度どういう穴があるかって言うと、まず今コロナで失業しましたって言う人も多いわけですよ。

コロナで売り上げが下がって大変だ、という経営者もいますし、コロナで派遣切りにあった、という方も多いんです。

旅行、行けると思います?

毎日食べるものにも困っている、という人が多くいたりとか、熊本で洪水で大変だという人もいる中で、旅行に行けって言われても、一泊4万円のところ行けないですって。

なので旅行に行ける、余裕がある人には、補助をするけれども、旅行に行く余裕がない人には、一切お金もあげないっていうことなんです。

洪水で被災してるって言う人もいるのに、今この時期に旅行に行くなんて、不謹慎なんじゃないの?というふうに考えている人もとても多いと思います。

それでいて、旅行サイトっていう、中抜きをする業者は助けます、ってことなんです。旅行サイトに登録していない旅館は、ダメだってことなんです。

そして何よりこのGo To キャンペーン、分かりづらい。

これだけ説明しても、どこまで分かっていただけたのか。

非常に分かりません。ここまで説明しても、完全に分かったという人は少ないと思います。

単純なものは、良いものであるケースが多いですけど、複雑なものっていうのは、酷いものであるケースが多いんですよね。

③2020年9月1日から2021年3月31日までというコロナ第二波と全く同じタイミングで行われるのがGo To キャンペーンだ、Go To キャンペーンを止めるためのたったひとつの行動

今回のGo To キャンペーン、何が最悪か。それはタイミングです。

9月1日以降に旅行をしようという人が増えそうなんです。

2020年夏に一旦コロナウイルスは収束する。

そして2020年9月から、コロナ第二波がやってくる、コロナ第二波は猛毒化することが予想されています。

第一波はお年寄りが亡くなりましたけれども、第二波に関しては、小学生、中学生、高校生、大学生、25歳以下の方が亡くなると予想されています。

100年前のスペイン風邪の時には、第二波が猛毒化しました。

第一波は致死率が1%だったのに対して、第二波は致死率が5%に跳ね上がったんです。致死率が5%というのは、20人に1人が亡くなってしまうということです。

40人学級があったら、2人の人が亡くなってしまうということとイコールなんです。

その第二波が9月1日から、やってこようとしているわけです。

9月1日から旅行に行った方が、地域クーポン券を使えるからお得ですよ、と言っているYouTuberの方も見ました。とんでもないです。

お金の事しか考えていません。浅はかすぎます。確かにお金をもらえるかもしれないんですが、1日最大6000円分しかもらえません。

6000円プラスしてもらえるからといって、コロナを拡散させに行く、というのは最悪だと思うんです。

あなたは9月1日からのGo To キャンペーン、絶対行っちゃいけません

ではどうやったら、このGo To キャンペーン止めることができるのか。

知りたい方は多いと思います。

その方法はたった1つしかありません。

それは7月22日から8月31日までの間に、Go To キャンペーンにみんなで一斉に申し込んで、8月31日までに、1兆7000億円を使い切ってしまうことです。

もちろん旅行代金の半分、最大2万円のうち6000円は、捨てることになります最大14000円分しかもらえません。

でも腹八分目という言葉もありますし、7割でいいじゃないですか。

ではなぜ8月31日までに、全国民で1兆7000億円を使い切る必要があるのか。

それは予算を使い切ってしまえば、このGo To キャンペーンを、終わらせることができるんですよ。

始まることは決まってしまいました。

もう止められません。

ということは、最速で終わらせるというのが正解なんです。

9月以降3月31日までで、どうしても旅行に行かなければならない、どうしても必要な出張があるという方は8月31日までに、申し込んでしまってください。

少しでも1兆7000億円を使ってしまいたいです。

そんなこと言って、8月にコロナになったらどうするんだという方、いるかもしれません。

ですが基本的に、インフルエンザウイルスというのは夏には収束します。

冬のインフルエンザが一番怖いんだ。毎年8月に、いや〜、インフルエンザにかかっちゃってという人はほとんど見たことがありません。

その代わり冬には、インフルエンザで学級閉鎖、ということが多かったはずです。

万が一コロナにかかってしまったら、本当に申し訳ないです。

でも9月以降の第二波にかかるよりは、第一波にかかった方がまだマシです。そして8月31日までの旅行に関しては、当然3密は避けてください。

あなたができるたった1つの行動、それは国民全員で、7月22日から8月31日までの間に、予約サイトを使って、Go To キャンペーンに申し込みまくることです。

そして1兆7000億円、この動画を観ている方だけで、使い切ってしまいましょう。

今回のGo To キャンペーンを、終わらせるための戦いは何か。

それは8月31日までに、1兆7000億円を使い切らせることができるかどうか、という戦いなんです。

それが唯一9月1日以降の、コロナ拡大を抑えることができる手立てなんです。

結局、予算を使い切らせることでしか、このキャンペーンは止まりません。

止めたいんだったら、一刻も早く予算を使い切らせてしまう。
これしかないんです。

GoToキャンペーンを一瞬で終わらせる禁断の技

では、やってほしくないけれども、Go To キャンペーンを一瞬で終わらせる裏技あるのかと言うと正直あります。

でも皆さん絶対これはやらないでください!

やるなよ! やるなよ!と言って、やれ!というあのダチョウ倶楽部みたいな感じゃありません。本当にやらないでください!

あなたは偽計業務妨害罪で、捕まる可能性もあります。

でも僕がここでこの作戦を示さないと、誰かやるやつが出てきちゃうんであえてやめてくださいね、という形で伝えさせて下さい。

その方法は何かというと、12月20日から3月31日までの100日間、一泊4万円の宿を予約するということです。

そうすると政府に200万円分、予算を使わせることができます。

そして9月くらいになったら、1兆7000億円分の7000億円分くらいは多分、何もしなくても皆さん使ってくれます。

だったら残り1兆円を、速攻で使い切ってしまえばいいんです。

50万人の人が200万円分、負担させることができれば、それだけで1兆円分使い切らせることができます

そしてGo To キャンペーンもう終了しました、と言った瞬間に、旅行サイトに連絡して、すいません キャンセルします。っていうふうに言えばいいんです。

50万人が一斉に予約して、Go To キャンペーン終了と同時に、一斉にキャンセルをすると、そうするとGOTOキャンペーン、最速で終わらせることができるんです。

これを8月31日までにやれば、コロナの第二波の感染を防ぐことができます。

なんですが、これ旅館の方には大迷惑です。

でも大迷惑と引き換えに、コロナの第二波を止めることができるんじゃないか、ということで誰か先導してやり出す人がいそうなので、是非あなたはやめてください。ということをお伝えします。

くれぐれも石井貴士が思いついたんだから、石井貴士が先導しているとか、そういうことはやめてください。

でも一瞬にして国に1兆7000億円、使わせることさえできれば、このキャンペーン終わらせることができるので、理論的には可能なんです。

ただ多くの人が迷惑しますし、これは国に対する、反逆罪になるかもしれないので、絶対にやめてください

あなたができる唯一の行動は、8月31日までに実際に旅行をしてしまうという、これしかないと思ってください。

決して裏技をお勧めしませんので、くれぐれも裏技をやろうと広めるのはやめてください。

北風と太陽で、太陽の作戦をしよう。

Yahoo!みんなの意見、っていうところがあるんですが、今回のGo To キャンペーン利用しますか?というアンケートがあります。

74%の人が利用しない、と答えています。

なぜかと言うと、コロナを広めたくないからということです。

でもちょっと待ってください。

74%の人がGo To キャンペーンを利用しなかったらどうなるのか、3月31日までGo To キャンペーンがずーっと行われてしまいます。

コロナの感染がさらに広がってしまうんです。

Go To キャンペーンには反対だ、旅行には行かないぞ、というのは、北風と太陽で言うと、北風の作戦です。

政府を批判しても始まりません。

そうではなく北風と太陽の、太陽の作戦です。政府の予算を使い切らせればいいんです。

しかも8月31日までに使い切らせる、ということが重要です。

政府が想定している以上の、最速のスピードでGo To キャンペーンを成功させてしまう、それさえできれば、コロナの第二波は止められるんです。

このGo To キャンペーンもすぐに終わりになります。

そして1兆7000億円補助しているって事は、その倍の額が旅行業界に回るわけですから、日本経済はとても活性化します。

潰れそうだという旅館も、一気に持ち直す可能性があります。

コロナで不況だ、どうしようもないという人が、8月に突然盛り返すことも可能です。

そうすると自民党の方も、政策当たって良かったと喜びますし、旅行業界の方も、お金がいっぱい入ってきて良かった、景気が良くなったと言って喜びますし、国民の方もわーい!半額で行けたぞ!ということで喜びますし、なにより9月1日以降の感染が止まったぞ、ということで、全国民が喜ぶ

これが北風と太陽でいう太陽の作戦です

最悪なシナリオっていうのは、Go To キャンペーンは酷い!だから利用しないぞという人が多くなることです。

そうするとズルズル3月31日まで、Go To キャンペーンが続いてしまいます。

そうなるとほぼ確実に、秋から冬にかけて日本列島でコロナウイルスのパンデミックが起きる、ということになります。

あなたが取るべき行動は何か。

7月22日から8月31日の間に、旅行サイトを使って、1兆7000億円を使い切らせる、ということです。

8月31日までの旅行を、最速で予約して下さい。

そして9月以降に出張の予定、旅行の予定がある人はぜひ8月31日までに、予約を済ませておいて申請をしてください。

もちろんくれぐれも、空予約をするのはやめてください。

旅館の方に本当に迷惑です。

是非、この動画、Twitter Facebookなどで、拡散していただけたらと思います。

コロナを止められるのは、皆さん一人一人の力しかありません。

今回はGo To キャンペーンを、止めるためのたった1つの行動、というテーマでお伝えしました。

人生を変える3つのポイント

①Go To キャンペーンって何?Go To Travel 、Go To Eat、Go To Event、Go To商店街があるって知ってた?

②Go To キャンペーンの問題点、予算1兆7000億円を使い切ったら終わりという早い者勝ち企画だ

③2020年9月1日から2021年3月31日までという、コロナ第二波と全く同じタイミングで行われるのがGo To キャンペーンだ、Go To キャンペーンを止めるためのたった1つの行動をお伝えします。ということをお届けしました。

皆さんができるたった1つの行動は、予算1兆7000億円を8月31日までに政府に使い切らせることです。

是非、この動画、拡散していただけたらなと思っています。

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、よろしくお願いいたします。

石井貴士チャンネルメンバーシップ