【人生が変わる9分】2021年4月25日 アビギャ・アナンド君 最新予言の内容とは? 新型コロナ、変異株 2021年、2022年の世界情勢

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらの無料メールセミナー、人生を変える7つの魔法に今すぐご登録ください。

登録いただくと、特典動画も観られるようになります。

今回は、2021年4月25日アビギャ・アナンド君、最新予言の内容とは?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それは、アビギャ・アナンド君の2021年4月25日最新予言を知ることができる、という未来です。

コロナのパンデミックを的中させたアビギャ・アナンド君、インドの天才少年と言われております。

そのアビギャ君の予言、最近なかなかなかったんですが、2021年4月25日にやっと最新の予言が出ました。

今回は、その内容をご紹介していきますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

人生を変える3つのポイント

①今悪いことが起きている2つの理由1つが人工的なワクチンもう1つがグレート・コンジャンクションだ

②2020年12月20日のグレート・コンジャンクションから悪いことが起きている

③2021年、2022年はどんな年になるのか?

という話をしていきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、やっとアビギャ君の最新予言がアップされたからです。

アビギャ君の予言の内容紹介している動画もあるにはあるんですけれども、とても分かりにくいです。

特に今回のアビギャ君の動画の内容が、あっちに行ったり、こっちに行ったりとかなり訳が分からないことになっています。

なので、どこよりも分かりやすく、石井貴士が解説していこうと思います。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①今悪いことが起きている2つの理由1つが人工的なワクチンもう1つがグレート・コンジャンクションだ

ということなんですが

2021年4月25日の予言で、アビギャ君が言っていることをまとめて僕が意訳していこうと思います。

一言一句、正確に伝えてくれなければ嫌だ!という方、大変申し訳ございません。

そういったこと石井貴士には、できません。

アビギャ君もまだ16歳の少年です。

直訳をしても、多分あなたには伝わらないと思います。

こっちのことを話したと思ったらこっちのこと、こっちのことを話したと思ったらこっちのことという感じで、何を言っているかまとめないと分からないんですね。

世界で一番わかりやすく解説していくというのが、このチャンネルのポリシーなので、分かりやすく解説していきます。

その代わり僕がかなり意訳しています。

アビギャ君は、そんなこと言っていないぞ!石井貴士、嘘をつくな!という方、いらっしゃると思うんですが、すいません分かりやすくしないと伝わらないので、分かりやすく伝えるようにしているということをご理解ください。

では行きます。

4月25日の予言です。

今悪いことが起きているのは、2つの理由があります。

1つが人工的なワクチン。もう1つが2020年12月20日のグレート・コンジャンクションです。

まず、ワクチンについてお話をして行きます。

今、ワクチンでコロナを何とかしようとしているんですけれども、これはパンデミックを抑えるために、賢明な方法とは言えません。

というのも、いち早くワクチンを取り入れたアメリカが、上手くいっていないからです。

50万人の死者数を出しています。

最先端のワクチンを進めているアメリカが一番苦しんでいる、というのが実情なわけで、もしワクチンが効果的なのであれば、アメリカでコロナが収まっていなければ、おかしいはずですよね。

でも、そんなことはありません。

なのにアメリカがやっていることと、同じことをしようと世界中がしているというのは、ちょっと意味が分かりません。

そしてインドの変異株など、変異株にワクチンが効果があるのか?というのもまだ不明です。

なので免疫力を高めて、どんな病気にもかかりにくくするというアプローチが良いのではないか、というふうに言っています。

そして2020年12月20日に見られた、400年に1度のグレート・コンジャンクションについて、お話をします。

2020年12月20日に、木星と土星が重なりました。

そして2021年2月中旬に、山羊座の場所で6つの惑星が接近しました。それが惑星のパレードと呼ばれる現象です。

その時に、新型コロナの変異株がインドで発生して、インドでコロナの感染が拡大しました。

変異株になって感染力も拡大しました。

この6つの惑星が近づいたせいで、インドでコロナの感染が拡大したとアビギャ君は思っているようです。

そして改善策として、アーユルヴェーダを取り入れたライフスタイルをしてください、というふうにアビギャ君は言っているんです。

アーユルヴェーダを使ったライフスタイルを取り入れることで、身体的にも、感情的にも、精神的にも、よりパワフルになることができていかなる病気にも立ち向かえるんだ、ということを言っています。

では、アーユルヴェーダのライフスタイルは何かと言うと、朝早く起きて太陽礼拝をして深呼吸をする、というライフスタイルのことです。

家の中に閉じこもるのではなくて、母なる自然を重んじるライフスタイル、こちらにシフトしていきましょう。

ということを言っています。

②2020年12月20日のグレート・コンジャンクションから悪いことが起きている

ということなんですが、2020年12月20日に見られた400年に1度のグレート・コンジャンクション、木星と土星が重なったということなんです。

そして2021年2月中旬に、山羊座の場所で6つの惑星が接近これが惑星のパレード、というふうに呼ばれる現象なんですが、これによって新型コロナの変異株というのが現れて、それがインドで発生してコロナの感染が拡大した、ということなんです。

変異株になったことで、感染力というのも拡大しました。

アビギャ君が考えるには、やはりこの6つの惑星が近づいた、これが原因となってインドでコロナの感染が拡大したのではないか、惑星と関係があるんじゃないの?というようなことを言っています。

まあ スピリチュアル的に考えれば、そういう因果関係があるということなんですが、論理的に考えるとね、星がどうこうなったから変異株が拡大したというのは、言い切れないとは思うんですけれども、16歳の少年であるアビギャ君はここに因果関係を占星術的に見出している、ということなんです。

③2021年、2022年はどんな年になるのか?

ということなんですが、2021年4月25日の予言で今年、来年の流れを話しています。

世界情勢は、2021年11月に改善の兆しが見え始めて、2022年5月から改善していることの実感が見えてくる、ということです。

とは言え、コロナが11月に改善するかどうかは今のところはまだ不透明だ、というふうに言っています。

免疫力を高めるやり方をしていたら、コロナはなくなっていたのかもしれないんですが、ワクチンという人工的なやり方をしてしまったので、11月には収まらないかもしれない、ということです。

2021年6月20日以降は、木星が逆行するのでここでコロナはさらに一段と酷くなる、ということを予想しています。

9月、10月により酷くなるのではないかと、そして11月から回復が始まって、2022年5月に向けて改善していく、という予測を立てています。

僕の西洋占星術の予測でも、コロナの一旦の収束時期というのは、2021年12月だ
というふうに思っていますので、同じような時期の予測ということになっています。

コロナが年内は続きそうだと、そして2022年5月までまあ続いていくだろうというふうに仮定すると、あなたがやるべきことは何か?というと家から一歩も出なくても稼ぐことができる、そんなビジネスモデルの構築、これに尽きます。

人にはこれをすれば成功できる、というスイートスポットが3つあるというふうに言われています。

それがスイートスポット理論です。

こちらの動画まだ観ていない方は、是非、ご覧ください。

コロナの収束が長引いたとしても、スイートスポットを見つけて、家の中から一歩も出なくても生きていける、そんなビジネスモデルを作ってください。

今回は、2021年4月25日、アビギャ・アナンド君最新予言の内容とは?というテーマでお伝えしました。

人生を変える3つのポイント

①今悪いことが起きている2つの理由1つが人工的なワクチンもう1つがグレート・コンジャンクションだ

②2020年12月20日のグレート・コンジャンクションから悪いことが起きている

③2021年、2022年はどんな年になるのか?という話をしていきました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも、是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

コチラの記事も人気です