水火既済(すいかきせい)

水火既済(すいかきせい)初爻

物事の区切りを示す卦です。すでに整っているので安泰とも言え、これからは下降運なので注意が必要とも解釈できます。ここではこれまでの疲れが出て、事態を悪くすることを示します。進めば途中で空しく引き返すこととなるので、おとなしくしているのが無難でしょう。

水火既済(すいかきせい)2爻

女性が首飾りをなくして外出ができないというストーリーです。小さなことを思いわずらわないで時を待てという意味です。期待はずれからがっかりすることがありますが、じきに、もとに戻る暗示。落ち着いて現状を保つのが大切なときです。

水火既済(すいかきせい)3爻

泰平のときが続くと、遠くの敵を攻めていきたくなるが、何年もかかるようでは疲弊するばかりであることを示します。すなわち、力が及ばないことをすべきではないという助言です。変化を求めたり、利を追いすぎたりすると失敗の暗示。無事を保つほうを優先してください。

水火既済(すいかきせい)4爻

船が水漏れするとか、華美な衣からぼろがのぞくというように、ほころびが目立ち始めることを示します。穴をふさぐ努力をし、再び破れないよう警戒が必要なときです。表面は立派でも中身が伴わないという点にも気をつけてください。非常時の備えを見直しましょう。

水火既済(すいかきせい)5爻

いけにえを山積みするより、簡素な供え物でも心がこもった祭をして、福を受ける姿勢でなければならないというストーリーです。右下がりの運気のため、無理や無駄を避け、内面充実をはかるべきということです。スケールダウンの判断も賢明です。

水火既済(すいかきせい)上爻

川を渡るのに、首まで浸かってしまうことを示します。つまり、頼れるものはなく、経験もないことに乗り出し、困難に陥るという意味です。いわゆる「首が回らない状態」になるかもしれません。何事もよく考え、身の安全を第一にしましょう。

周易のアクセスランキング