水沢節(すいたくせつ)

水沢節(すいたくせつ)初爻

いつまでもエネルギーを発散させているわけにもいかず、節度をもって調整すべきという卦です。その中で、この爻(こう)は、家を出ず、事を起こさないほうがいいことを示します。意見があっても今は口に出さず、野心を人に漏らさないでください。トラブルを避けられます。

水沢節(すいたくせつ)2爻

家の門を出ないために凶を招くことを示します。つまり、慎重になりすぎると好機を逃すと助言するものです。進むべきときには、次の節目まで歩を進めるようにしましょう。何かを申し込みたい相手がいれば、迷わずアタックを。相手は受け入れてくれるはずです。

水沢節(すいたくせつ)3爻

うまくいかないのは人や時のせいではなく、自分の怠惰からであることを示します。遊びはほどほどのところで切り上げ、真面目に本業に取り組めば問題がないときです。また、何事も行きすぎたり、極端な考えに傾いたりしないように調整しましょう。

水沢節(すいたくせつ)4爻

驚くような良いことも、逆に悪いこともありません。才能が光る機会も少ないときですが、品行正しくしていれば、身の安全がはかれます。担当外のことには手出しをしないのが無難です。周囲の人たちとのコミュニケーションにも不安がなく、スムーズに協力し合えます。

水沢節(すいたくせつ)5爻

大きな望みが叶うとは言えませんが、満足感に溢れる好調期です。世間の物事もよく見えて、うまく立ち回ることができますし、人も喜んでついてきてくれるでしょう。ただし、調子に乗って急に何かを動かそうとすると、平和なムードが壊れますので気をつけてください。

水沢節(すいたくせつ)上爻

節(節度)も無理強いすれば、苦節となることを示す爻(こう)です。やりすぎ、厳しくしすぎは害になるという意味。自分の方針が人を苦しめていないか、陰で人に侮られていないかを点検するといいでしょう。成功体験に固執せず、柔軟な対応が望まれます。

周易のアクセスランキング