沢地莘(たくちすい)

沢地莘(たくちすい)初爻

良い人を選んで集めればいいとわかり、繁栄する卦の第一段階です。さまざまなものが集まる前に一度乱れ、物事の進展がないときです。改めて、目標を声に出して確認してみては? トップの立場の人にアタックする前に、二番手を攻略すべきという暗示もあります。

沢地莘(たくちすい)2爻

腐敗しやすい季節には、お供物を山積みするより、真心が大事であることを示します。自分から目立つことをしなくても、目上の引き立てや援助が期待できます。もちろん、正しい目標を持っていること、方針を変えないこと、誠実な態度であるからこそ、抜擢されるのです。

沢地莘(たくちすい)3爻

故障や妨害といったトラブルのために、物事がスムーズに運びません。あなた自身も横道にそれがちな点には気をつけたいときです。本流を見失わないようにして踏ん張ることが大切。そうしているうちに解決の糸口を見つけられます。ただ、自分勝手な頑張り方ではいけません。

沢地莘(たくちすい)4爻

人との交流の機会が多いときですが、相手のタイプは問えません。面白くない結果となる人間もいますし、気を使わなくてはならない相手もいます。今後良いつき合いができるかどうかを見定める姿勢が大切。そうやって選んだひとりとの共同作業は、概ねうまくいきます。

沢地莘(たくちすい)5爻

あなたのポジションや力を目当てに人が次々とやってきます。しかし、信頼関係が築かれるとは限らず、人を見る目を養いたいときです。また、一見すると立派なものが現れますが、内情をよく調べたほうがいいという解釈もできます。

沢地莘(たくちすい)上爻

「集まる」が極まれば、次は「散る」こととなり、嘆き悲しむ出来事の暗示です。自分でも信じられないような手違い、勘違いがあるとき。高い位置にいても、中身が伴わないのでバランスが悪いことを示します。反省し、力を養えば問題ありません。

コチラの記事も人気です