天風姤(てんぷうこう)

天風姤(てんぷうこう)初爻

どん底のときには、さらに悪い者と出会うことを示します。今は勢力が弱いものの、あなたを脅かしそうな物事があるので、何かにつないで動きを封じるべきということ。つまり、問題のスケールが小さいうちに凍結したほうがいいでしょう。風評被害にも気をつけたいとき。

天風姤(てんぷうこう)2爻

新鮮ではない魚を大事な客には出せないというストーリーです。すなわち、身近に腐りかけているものがあるが、それを外に出さなければ災難に遭わないという意味です。陰謀や不正、また悪い誘いの取り扱いに注意。悪者とは真っ向から勝負するのではなく、上手にかわしてください。

天風姤(てんぷうこう)3爻

気持ちが落ち着かず、迷ってばかりで進めないときです。けれど、今は無理をせず、立ち止まっているのが無難。むしろ、予定通りにできず、止まっているところに幸運のきっかけがある兆しです。新規事業はスタートさせないほうがいいでしょう。

天風姤(てんぷうこう)4爻

人に奪われた何かを取り返そうとして災いを招くことを示します。訴訟を起こしたり、お金をつぎ込んだりしても、もとには戻りません。また、タイミングをつかめず、コミュニケーションが不十分なために望むものを手にできない暗示もあります。意地を張らないことです。

天風姤(てんぷうこう)5爻

風が吹いて柳の大木が揺れ、根元に隠れていた瓜がチラリと見えることを示します。何かが隠されているのがわかるとか、思いがけない現象が現れるという意味です。不出来な部下を表舞台に出してはいけないとも読めます。また、真相を知っていても知らんぷりするのがいいとき。

天風姤(てんぷうこう)上爻

行きすぎ、やりすぎが多くなるとき。人と競ったり争ったりすることが多くなりますが、うかうかと勝負に乗らないほうが無難です。人のすることに手出し、口出しすることも凶。また、立場を強調しすぎて、目下の人たちとぎくしゃくするということもあるでしょう。

周易のアクセスランキング