【人生が変わる9分】15個中13個が的中! たつき諒さんの予知夢が的中するメカニズムとは?

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらの無料メールセミナー人生を変える7つの魔法に、今すぐご登録ください。

登録いただくと、特典動画も観られるようになります。

今回は、15個中13個が的中!漫画家たつき諒さんの、予知夢が的中するメカニズムとは?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それは、漫画家たつき諒さんの予知夢は、どのようにして当たるのか、的中する法則が分かるという未来です。

2021年8月に富士山噴火という、予知夢があるんですけれども、たつきさんの場合はどのようなメカニズムで予知夢が当たるのか?というのを、今回の動画で解説していきますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは、結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①たつきさんの予知夢8月の富士山噴火が直近では一番ヤバい

②予知夢を見た日と事件が起きる日が5の倍数で同じになるケースがある

③災害の場合は夢を見た日から15年ごとになるらしい

という話をしていきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、漫画家のたつき諒さんの予知夢、2021年8月 富士山噴火まで、もうすぐに迫ったからです。

そしてどうして当たるんだろう?どんな法則があるんだろう?というふうに調べていたんです。

今回はどんな法則で予知夢が的中していくのか、というのを解説していきます。

それでは人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①たつきさんの予知夢8月の富士山噴火が直近では一番ヤバい

ということなんですけれども、たつきさんの的中した予知夢というのは、15個中13個が的中したということです。

残り2つは何か?と言うと、2021年8月の富士山噴火、そして2026年6月から9月までの神奈川大津波です。

2021年8月の富士山噴火は、当初は8月20日と日付まで言っていたんですけれども、過去に4日のずれがあったということで、今は日付というのは削除されていて、2021年8月というふうに訂正されています。

以前は2021年3月に、東日本のどこかで大災害という夢を見て、夢を見た日付が3月11日だった、ということがあります。

富士山噴火の夢を見たのが、8月20日ということで8月20日には、一番警戒が必要なのかなとこの予知夢上ではね、 思っております。

そんな中こちらのイルミナティカード、「複合災害」のカードをご覧ください。

オリンピックカラーが描かれています。

オリンピックは、7月23日から8月8日までなんです。

8月1日から8月8日までの間が、ここで被ってしまったということなんです。

8月1日から8月8日までのどこかで、巨大地震と富士山噴火が同時に起きる。

もしくは、すでに6月11日から7月11日に、巨大地震が起きているという状態で、8月1日から8月8日までの間に、富士山が噴火する。
そういった可能性も出てきた、ということなんです。

では、たつきさんの予知夢には、どんな法則があるのか?検証していきましょう。

②予知夢を見た日と事件が起きる日が5の倍数で同じになるケースがある

ということなんですが、まず1つ目ですが1976年11月24日歌手のフレディマーキュリーさんが流行病で亡くなるという夢を見ました。

15年後、1991年11月24日にHIVウイルス感染症からの肺炎で、フレディ・マーキュリーさんが亡くなっています。

11月24日に夢を見て、11月24日に現実になっています。

2つ目なんですが、1982年4月25日に日本のロック歌手が若くして亡くなるという夢を見ました。

すると10年後の、1992年の4月25日に尾崎豊さんが亡くなる、ということが現実に起きました。

これは10年後の同じ日に、現実が起きたということですね。

3つ目1992年8月31日ダイアナ妃が亡くなったという文字が書かれた夢を見たそうです。

5年後の1997年8月31日に、ダイアナ妃が亡くなりました。

これは5年後の同じ日に、現実になったということなんです。

そして4つ目、1996年3月11日に大災害は2011年3月東日本のどこかそして自分の顔を怪我をするそんなイメージを見た、という予知夢がありました。

これがドンピシャで、2011年3月11日 東日本大震災だったということなんです。

15年後、全く同じ日付ですよね。

これで日付が当たった予知夢というのは、全てなんですけれども、15年後、5年後、10年後、15年後ということで、全て5の倍数になっている、というところが注目に値するところです。

③災害の場合は夢を見た日から15年ごとになるらしい

ということで、災害の場合は、夢を見てから15の倍数の年になるケースがある、というふうにたつきさん本人が語っています。

富士山噴火に関しては、2021年来なければ2036年、来なければ2051年という感じで15年ごとになっていくということです。

神奈川大津波に関しても、2026年の6月から9月、もし来なければ2041年、2056年というふうに15年ごとになっていく、ということなんですね。

この神奈川大津波に関しては、関東大震災もしくは南海トラフの東側を震源とする静岡県・神奈川県大震災の可能性もあるということです。

今、これから我々が注意すべき予知夢があるとすると、2021年8月の富士山噴火と2026年6月から9月の神奈川大津波です。

特に2021年8月の富士山噴火というのは、歴史から考えても論理的に考えても十分に可能性があると考えています。

歴史から見ると、感染症が来る、地震が来る、不況が来る、戦争が来るでワンセットです。

感染症であるコロナは、すでに来ているんですから次は地震への警戒が必要だということです。

富士山の宝永噴火は、南海トラフ地震の49日後に来ています。

もし6月11日から7月11日までに巨大地震が来たら、もう富士山噴火起きる可能性があるということだと考えて良いと思います。

宝永噴火の時は200年、マグマを溜めて噴火しました。

今マグマは314年分溜まっていますので、宝永噴火よりも大きな噴火になっておかしくありません。

2021年は6月11日から7月11日にかけての巨大地震からの8月の富士山噴火、これに一番警戒していただきたいと思っています。

あなたが、それまでにすべきこと2つです。

何度でも言います。

伝わるまで言いますけれども、1ヶ月分の備蓄そして家から一歩も出ないでいいビジネスモデルの構築です。

1ヶ月分の備蓄できていますでしょうか?

何度も何度も僕は言っていますが、まだできていないという方、多いのではないでしょうか。

こちらの備蓄の動画もありますので、是非ご覧ください。

そして家から一歩も出なくても、お金を稼げるビジネスモデルすでに出来ていますでしょうか?

人はこの職業をすれば成功するという、スイートスポットが3つあるというふうに言われています。

スイートスポット理論の動画も、是非ご覧ください。

スイートスポットを知ることで、どうやったら自分の場合は、家から一歩も出ないでもいいビジネスモデルを構築することができるのか、これが分かっていくのではないかと思います。

是非、あなたもスイートスポットを見つけて一緒に成功していきましょう。

今回は、15個中13個が的中!漫画家たつき諒さんの予知夢が的中するメカニズムとは?
というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①たつきさんの予知夢8月の富士山噴火が直近では一番ヤバい

②予知夢を見た日と事件が起きる日が5の倍数で同じになるケースがある

③災害の場合は夢を見た日から15年ごとになるらしいということをお伝えしました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録そして良かったよ!というコメントも、是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

コチラの記事も人気です