沢山咸(たくざんかん)

沢山咸(たくざんかん)初爻

何事も人間を信じることから始まるという卦の初期段階です。心ははるか先を見ていますが、最も物事の変化を感じ取っているのは、足の親指であることを示します。足先は、歩くのに一番初めに動くところ、つまり、最初の一歩を大切にしたいときという意味です。焦らないこと。

沢山咸(たくざんかん)2爻

感応する部分が、足の先から進展して、ふくらはぎであることを示します。体の主要部分とは離れていることから、各所との連絡がうまくいかないことを暗示。本来進むべき道からそれてしまいがちなので、常に足元を確認しましょう。

沢山咸(たくざんかん)3爻

足の先から始まって、股の部分まで感応の状態が進んできたことを示します。体の中心ではありますが、止まるべきなのに止まらないという意味があります。落ち着かず、周囲に振り回される暗示。不摂生や、情欲による失敗に注意したいときです。

沢山咸(たくざんかん)4爻

体の胸の部分に焦点が当たります。正しい心でいれば問題はありませんが、心を揺らす出来事も多くあり、姿勢を問われるときです。目先の利に惑わされないよう注意。また、年下の人間に苦労をかけられます。あなたの指示が曖昧だったり、途中で方針を変えたりすれば、さらに非難されます。

沢山咸(たくざんかん)5爻

体の背中の部分に焦点が当たります。背中は敏感とは言えないことから、悪いものとは感応せず、近づくことがない。そのため、安泰です。危険はないものの、鈍感ということは志が低いと言われても仕方がない状況です。しかし、無理をせず、無事であることを喜びましょう。

沢山咸(たくざんかん)上爻

顔の中の口に焦点が当たります。口先だけになりやすいという意味です。失言に注意するほか、人の甘言に惑わされないよう気をつけましょう。言葉だけでは、人を感心させたり、説得したりができません。誠実さを第一にしてください。

周易のアクセスランキング