【人生が変わる15分】2020年の厚生省発表の死因別データから解析! コロナで亡くなる確率は〇〇%だった!

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらの無料メールセミナー、人生を変える7つの魔法に今すぐご登録ください。

登録いただくと、特典動画も観られるようになります。

今回は2020年の死因別データから解析!コロナで亡くなる確率はほぼ0%だった!?という話をしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それは2020年の死因別データを知ることで、コロナに冷静に対処できる、という未来です。

2020年日本で亡くなった方というのは、137万2,648人です。

その中で、コロナで亡くなったとされている方は、3,466人です。

3,466÷137万2,648=0.0025ということになります。

確率にすると、亡くなった方の中で、0.25%の方だけしかコロナでは亡くなっていないんです。

これ、冷静な数字なんだよと分かる動画になっていますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

人生を変える3つのポイント

①2020年死因別データ1位は腫瘍2位は心疾患3位は肺炎

②自殺者数など他の死因の数字と比べてコロナの死者数が多いのか読み解けるようになろう

③コロナを怖がるなら去年よりも6倍怖がろう怖がらないならそのままでいい

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、コロナに関するデータに関して、意味がある比較というものをしている動画が少ないと思ったからです。

コロナに対して、必要以上に恐れている人がいます。

逆に必要以下しか恐れない、全然恐れていないよという方もいます。

明らかにコロナを舐めている、という人もいます。

じゃあ、どっちが正しいのか?

恐れるべきなの? 恐れないべきなの?と、そういった方いると思うんですけれども、僕の立場としては、冷静に意味ある数字だけを眺めて比較をしようぜ!という立場です。

怖い、怖くないっていうのは、何と比べて?というのが大切です。

オバケと比べてコロナどっちが怖いんでしょうか?

うわ!オバケ!という人もいれば、うわ!コロナ!という人もいるはずです。

うちの嫁は、めちゃめちゃ怖いんだ!オバケどころじゃないぞ!という人もいます。

となると、うちの嫁とオバケとコロナどっちが怖いんだ?というもう訳が分からないことになります。

大切なのは「何と比べるか」なんです。

オバケとコロナを比べるな!とか、コロナとうちの嫁を比べるな!とかそういうのは不謹慎だ!という人もいるでしょう。

ですが、両方とも怖いということに関しては、共通しているわけです。

いやいや嫁が怖いのは、石井さんだけであってうちの嫁は、そうじゃありませんよ、という方いると思います。

これは、僕の嫁の話をしてるわけではありません。

そうではなくて、世間一般の話をしていると分かってください。

出た!という時に、コロナが出た!オバケが出た!嫁が出た!、いろんなケースがあるわけじゃないですか、この3つの中で嫁が1番怖いという旦那さん多いと思います。

でも僕は「コロナ」「オバケ」「嫁」どれが一番怖いか?という動画を作りたいわけではないんです。

なぜかと言うと、全く意味がないからです。

比較してもどうするんだ?意味がないじゃないかとなります。

そこで今回はコロナの死者数に関して、意味がある数字と比較していく、これが今回の動画のテーマなんです。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①2020年死因別データ1位は腫瘍2位は心疾患3位は肺炎ということを話していきます。

2020年日本で亡くなった方は、137万2,648人です。

その中でコロナで亡くなったとされている方は、3,466人です。

3,466÷137万2,648=0.0025確率にすると、亡くなった方の中で、0.25%の方がコロナで亡くなっている、ということになります。

では、そんな中1位は何なのか?と言うと、腫瘍です。

いわゆるガンとかですね。

28.5%となっています。

胃がん、肺がん、大腸がんなど色々あります。

そして第2位は何か?と言うと、循環器系の疾患25.2%です。

中でも心疾患が15.0%なので、これが一番循環器系の疾患では多いんです。

そして脳血管の疾患というのも、7.1%あります。

では第3位は何か?というと、呼吸器系の疾患12.6%です。

肺炎とか喘息、こういったものが含まれています。

これがベスト3です。

つまり腫瘍が28.5%、循環器系の疾患が25.2%、呼吸器系の疾患が12.6%で(3位までの合計)66.3%、つまり2/3の死因がこの3つで占められているということなんです。

それに老衰の9.6%というのが、加わってきます。

ざっくりまとめて言うと、人は腫瘍ができなくて、循環器系の疾患も呼吸器系の疾患もなければ2/3は死なない。

そして老衰で亡くなる方が、10人に1人いるんだよ、というのが2020年のデータだったわけです。

なので、これ以外のことが原因で亡くなる日本人というのは25%である、ということなんです。

これが冷静な数字、データから見た2020年の死因だったということになります。

②自殺者数など他の死因の数字と比べてコロナの死者数が多いのか読み解けるようになろうという話をしていきます

腫瘍で亡くなった方28.5%、循環器系の疾患で亡くなった方25.2%、呼吸器系の疾患で亡くなった方12.6%、老衰で亡くなった方9.6%、コロナで亡くなった方0.25%、これが冷静な数字です。

ですが、ここで数字を比べることに意味があるのか考えてみてください。

28.5%の死因である腫瘍、つまりガンと0.25%の死因のコロナ、これ比べることに意味があるんでしょうか?

「28.5」と「0.25」で割ってみると114、ということになります。

28.5÷0.25=114なんです。

つまりガンの方が114倍コロナよりも怖いよ、ということになるわけなんです。

これは、あまりにも数字が開きすぎています。

比べることに意味があるんでしょうか?

ゾウの体重とアリの体重は、何百倍違いますとか、そういったことを言っても、あまり意味がないですよね、それと一緒かもしれません。

ではコロナで亡くなった方の数3,446人に、近いものは何なのか?と言うと、これが交通事故の死者数です。3,713人です。

ちなみに2019年は4,279人でした。

1年で500人近く交通事故の死者数が減った、ということなんですが、これが一番近いと思います。

これね、交通事故の死者数が減ったっていうのは、コロナで人の往来が少なくなった、ということも原因かもしれません。

2020年に関してはコロナで亡くなった方と、交通事故で亡くなった方の数は、ほぼ一緒だった、ということが言えると思います。

これが冷静な数字です。

そして自殺で亡くなった方、これも気になる方は多いと思います。

2万222人となっています。

2019年は1万9,425人だったので、少しだけ増えています。

2020年はコロナで亡くなった方は3,466人、自殺で亡くなった方は2万222人ということで、コロナで亡くなる方よりもね、自殺で亡くなる方の方が、はるかに多かった。

これに関しては、そうなんだなということが言えます。

これが冷静な数字の比べ方となります。

何の感情も入っておりません。

そうか!コロナの怖さというのは、交通事故と変わらないんだな、自殺の方が怖いんだなと思ってしまった、そこのあなた!騙されています!

データのマジック、データのトリックに騙されています。

ちょっとデータを示されただけで、そうなんだなと信じてしまう。

この現代人なんと愚かなんでしょうか。

騙されないでください。

あくまでも2020年に関しては、そうだったよと言う過去の数字でしかありません。

これからもそうなるとは限らないんですよ。

なぜかと言うと、未来予測をしていないデータには、全く意味がないからです。

では正しいデータの見方をお伝えしていきましょう。

③コロナを怖がるなら去年よりも6倍怖がろう怖がらないならそのままでいい

2021年6月28日時点で、日本でコロナで亡くなった方1万4,712人です。

2020年は1年間で3,466人の方が亡くなったので、1万4,712-3,466=1万1,246人です。

これは今年に入って、6ヶ月間で1万1,246人の方が、コロナで亡くなっているということなんです。

このまま横ばいのペースで以降するとすると、2万人の方がコロナで亡くなるというのが、2021年だということになります。

いきなり7月以降死者数がゼロになる、とは考えづらいです。

なので2021年に関しては、コロナによる死者数が自殺者数とほぼ同じになる、これが正解なんです。

去年と比べても、全く意味がありません。

これが正しい数字の読み方です。

去年は交通事故の死者数は3,700人、去年のコロナの死者数は、交通事故の死者数3,700人と
同じくらいだったんですが、2021年は自殺者数の2万人と同じくらいになりそうな勢いだ、ということなんです。

さらにコロナの感染者数、死者数というのは、比較級数的に伸びていくという可能性もあります。

もちろん収束するっていう可能性もあるんですけれども、オリンピックで多くの方が海外から来て、オリンピック株と呼ばれるものが発生したら、さらに多くの方が亡くなる可能性もある、ということになります。

2020年4月7日の緊急事態宣言の時にコロナ怖い!と恐れていた方、とても多かったと思います。

僕もとても怖かったです。

初めての緊急事態宣言です。

ですが2021年4月の緊急事態宣言、気が緩んでいたよという方、多かったのではないでしょうか?

またかよ!と、以前と同じだから変わらないなと、もう飽きたよ!と思った方も多いと思います。

ですが、よく考えてみてください、2020年のコロナの死者数3,466人2021年のコロナの死者数2万人ぐらいだというふうに考えると、2020年の緊急事態宣言の時よりも、6倍怖がっていた、というのが本来の正解のはずなんです。

では、あなたは今回の緊急事態宣言、去年よりも6倍怖いと思っていたでしょうか?

おそらく慣れていて、そうじゃなかったという方、多いんじゃないでしょうか?

ですが、ですがですよ、一方でコロナで亡くなった方、去年は死因の0.25%。

これが6倍になったとしても、0.25%が1%に上る、というだけなんです。

3,466人が2万人に増えるだけだからです。

日本の人口は6月1日現在で、1億2,547万人です。

コロナで亡くなる方が2万人だ、というふうに仮定すると0.016%の方がコロナで亡くなるということになります。

ちょっと冷静になって、数字で、もう1回まとめてみましょう。

日本全体で2021年に、このままだとコロナで亡くなる方は、1億2,547万人中2万人
そして亡くなる全体の死因としては、1%の方がコロナで亡くなることになりそうだ

ということです。

もしコロナが怖い!と思うのであれば、2020年の時よりも6倍怖がってください

僕は怖がらなくていいよ、ということを言いたいわけではありません。

怖がれ!ということを言いたいわけではありません、どうせ怖がるならば、去年よりも6倍怖がれ、ということは言いたいです。

僕はこの動画で、どっちに持って行きたいとかね、怖がる方に持って行かせたいとか、怖がらない方に持っていかせたいとか、そういうわけでありません。

ただ数字を見てほしいというだけです。

怖い、怖くないというのは、人それぞれの感情です。

感情なので第三者には、どうしようもないです。

数字から考えて、怖い!と思うのであれば、去年よりも6倍怖がってほしい。

そして、もうそもそも怖くないよ!という方は、そのままでいいわけです。

ただ一番なぜなんだ?と思うのは、去年よりも怖がっていない人が多すぎるということです。

怖がるなら去年より6倍怖がれと、怖がらないなら、そもそも怖がるなというのが正しい感性です。

正しい感性というのは、ちょっと違うかもしれないですけど、数字から見た正しい感性ということになります。

コロナは怖いんだけども、去年より6倍怖がっていないよという方は、コロナとオバケでオバケが怖いとか、コロナとオバケと嫁で嫁が怖いとか、そういう人がいた時に不謹慎だと笑えるんでしょうか?

コロナに対する恐怖というのは、人それぞれです。

ですが怖がるのであれば、去年よりは6倍怖がっていないとおかしい!ていうことなんです。

私はコロナは怖い!と思っているんだ、だからお前も怖いと思え!、というのも間違っていますし、私はコロナは怖くないんだから、みんな怖がるのやめよう!というのも間違っているっていう事なんです。

コロナに関して、怖い、怖くないというのは、その人それぞれの感情ですので、放っておいてください。

ただ冷静にデータを見て正しく読み解く、これがコロナとの正しい付き合い方だな、と思っています。

今回は2020年の死因別データから解析!コロナで亡くなる確率はほぼ0%だった!?というテーマでお届けしました。

人生を変える③つのポイント

①2020年死因別データ1位は腫瘍2位は心疾患3位は肺炎

②自殺者数など他の死因の数字と比べてコロナの死者数が多いのか読み解けるようになろう

③コロナを怖がるなら去年よりも6倍怖がろう怖がらないならそのままでいい

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも是非お寄せください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

Youtubeチャンネルのアクセスランキング