【人生が変わる9分】桜島噴火をシミュレーションする

人生は変えられる、石井貴士です。

今すぐに人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらの無料メールセミナー、人生を変える7つの魔法に今すぐご登録ください。

登録するだけで、特典動画も観られるようになります。

今回は、桜島噴火シミュレーション。

今、大正噴火と同じ規模の噴火が起きたらどうなるのか?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来それは桜島が噴火した時のシミュレーションが分かる、という未来です。

2021年4月25日 午前1時9分に桜島が噴火しました。

2万9,000年前に日本は一度、桜島の噴火で滅亡しています。

今も桜島の破局噴火をすると、1億2000万人の方が亡くなるというふうに言われています。

そうなんです。

日本滅亡の可能性があるというのが、桜島の噴火なんです。

そんな中、今日本において20世紀最大の噴火である大正噴火と同じだけのマグマが、桜島には蓄積されているというふうに言われています。

今回は、今大正噴火と同じ噴火が起きたら?という島噴火シミュレーションして行きますので是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは、結論からいきましょう。

人生を変える3つのポイント。

①過去の桜島の噴火はどうだったのか?

②大正噴火と同じ規模で桜島が噴火したらどうなるのか?

③2021年1月29日最新の桜島噴火シミュレーションとは?

という話をしていきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、桜島の噴火が起きたからこれに尽きます。

鹿児島県に住んでいる人は、1日に3回桜島が噴火しても今日の桜島は怒ってるな、とかそんな感想しか持ちません。

大丈夫なんでしょうか?

ものすごく危険なのに、そんな感覚でいいんでしょうか?

そんな甘いことは言ってられません。

なぜかと言うと、日本は2万9,000年前旧石器時代に、一度、桜島の噴火で滅亡しているからなんです。

そして今また桜島が噴火しているんです。

僕は、まだ生きていたいです。

そして、あなたも生きていたいと思います。

桜島の噴火の情報が出たら、逐一警戒して行きましょう。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①過去の桜島の噴火はどうだったのか?

ということなんですが、過去の桜島の噴火、ここ1,500年の歴史について見ていきましょう。

1,500年で大きな噴火があったのは4回です。

764年 天平宝字噴火、1476年 文明噴火、1779年 安永噴火、1914年1月12日の大正噴火。この4回なんです。

特に20世紀で日本最大の噴火、これが大正噴火なんです。

58人の方が犠牲になりました。爆発音は九州全域。四国でも確認されたということなんです。

噴煙は、なんと上空1万m以上に達したということなんです。

噴火から8時間後にマグニチュード7.1 震度6の地震が発生しています。

この時に家屋倒壊などによって、死傷者も出ました。

これが大正噴火です。

②大正噴火と同じ規模で桜島が噴火したらどうなるのか?

ということなんですが、今、桜島はどういう状態なのかと言うと、大正噴火の時と同じマグマの蓄積量になっているんです。

とても危険です。

そんな中、4月25日に桜島が噴火したというわけなんです。
ではもし今、大正噴火と同じ噴火が起きたらどうなるのでしょうか?

鹿児島市に関しては、自動車もバスも当然動かなくなりますし、電気ガス水道も止まります。

大正噴火の時には、噴火の8時間後にマグニチュード7.1 震度6の地震が来たので、同じように震度6弱くらいの地震が噴火の後に起きる可能性はあるのではないか、というふうに言われています。

噴火が来た後も地震に警戒する必要がある、ということです。

③2021年1月29日最新の桜島噴火シミュレーションとは?

ということで、なんと2021年1月29日、最近ですね、最近、鹿児島市が大正噴火が起きた時と同じ場合のシミュレーションというのを公開したんです。

大正噴火の時には、噴火の前に地震があったのが1月11日午前4時頃で、噴火が始まったのが12日午前10時過ぎということです。

同じ想定だとすると、地震が起きてから30時間以内に避難を終える必要がある、ということです。

そこで鹿児島市は、シミュレーションを実施したんです。

避難勧告の対象は38万人に上る、ということです。

マイカーで移動したり、避難所に皆さんで集まってから避難用のバスで移動したりすると、全員が脱出するまでに、どのくらい時間かかるかと言うと、101時間36分かかるというふうに結果が出ました。

30時間以内に全員が脱出するのは難しい、という結果が出たんです。

そこで見直し案として、車の利用を1世帯1台に限定、避難先の目標地点ごとに避難経路を分散、避難道路を15路線から28路線に増加ということをすることによって、29時間で避難が可能だ、ということがわかりました。

本当にそれでもギリギリだということですね。

このシミュレーションが出たのが、2021年1月29日だったので、そして今回の噴火が4月25日、本当に3ヶ月前にこのシミュレーションが出ていたということなんです。

でも今回は噴火の前に、地震というのは起きていませんでした。

噴火の直前に地震があった場合、みなさん避難してくれればいいんですけど、ただの地震だよ、関係ないよ!と思っちゃう方も多いのではないでしょうか?

ですが避難してくださいと行政側から言われたら、もちろん避難をしてください。

大正噴火と同じくらいの規模であれば、関東圏にはまあ影響はないんですけれども、破局噴火が起きたら日本滅亡クラスなので、1億2,000万人が亡くなるというふうに言われています。

逃げ場はありません。

一応ね、北海道だけは大丈夫だ、というふうに言われていますので、北海道を除いて日本が滅亡するのが桜島の破局噴火だというふうに覚えておいてください。

今回の4月25日の噴火、特に前兆があったという話は聞きません。

なぜかと言うと、小規模な噴火だからです。

大規模な噴火の前には、必ず前兆現象があるというふうに言われています。

噴火の規模が大きければ大きいほど前兆の現象も大きいので、大噴火が起きそうな時には、直前に予測ができるんです。

いきなり大噴火、ドカーン!ということはありません。

100年前の1914年の大正噴火の時には、前兆があったのか?と言うと、前兆として体に感じる地震があったんです。

1日で200回以上も起きた、ということなんです。

そこで、何かおかしいよね?とみなさんが思って、自主的に避難したことで当時の桜島の人口2万人いたんですけれども、ほとんどの方が助かったということなんです。

本当に破局噴火が起きるということになれば、かなり大きなもう明らかにこれは前兆としか思えないよね?というような地震が桜島で起きる、というふうに言われています。

まず真っ先に政治家が北海道に逃げると思います。

なので日本の政治家が、全員こぞって北海道に行ったらこれは、もういよいよヤバいぞ!というふうに思ってください

もしかして将来、日本の首都が札幌とか帯広とかになってそこから日本が復興していく、というシナリオがあるのかもしれません。

仮に破局噴火が起きて日本滅亡だ!となったとしても、前兆となる現象はあるんだな、と。いうことは覚えておいてください

前兆があるとは言え、その瞬間に北海道に逃げられるとか、海外に逃げられる
そんな決断ができる人は、少ないのではないかと思います。

今から心の準備しておいていただければと思います。

今回は桜島噴火シミュレーション、今、大正噴火と同じ規模の地震が起きたらどうなるのか?というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①過去の桜島の噴火はどうだったのか?

②大正噴火と同じ規模で桜島が噴火したらどうなるのか?

③2021年1月29日最新の桜島噴火シミュレーションとは?というテーマでお届けしました

今回も、ご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも、是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

コチラの記事も人気です