【未来予測】必ずやってくる縄文ブーム 縄文時代を知れば未来が分かる

  • 縄文ブームについて知りたい人
  • なぜ縄文ブームが来るのか知りたい人
  • これからの時代の流れを知りたい人

人生は変えられる、石井貴士です。

今回は、必ずやってくる縄文ブームとは、縄文時代を知れば未来が分かる、というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来、それはこれからくる、縄文ブームについて分かる、という未来です。

以前こちらの縄文時代の動画を出しまして、お陰様で縄文すごい!革命的な動画だ!
という声たくさんいただきました。

なのですが、縄文についてまだ知らない、という方も多いと思います。

今回は、必ず来るブームである縄文時代について、解説をしますので、是非この動画 最後までご覧ください。

まずは、結論からいきましょう。

未来予測3つのポイント

①縄文時代はどんな時代だったのか今よりも古い時代どころか最先端の時代は縄文時代だ

②なぜ縄文時代が最強で弥生時代から人類はダメになったのか

③これからの文化は縄文文化に近づいていく縄文文化を知ることが未来予測には不可欠だ

ということをお話していきます

今回なぜ、この未来予測を知って欲しいのかというと、これから確実に来るブーム、それが縄文ブームだからです。

いやいや、すでに縄文ブームきているじゃないか!縄文文化好きな人、集まってイベントしてるじゃないか!という方もいるかもしれません。

ですが、まだ縄文ブームを知らない、という方もとても多いんです。

この縄文ブームというのは、コロナで先行きが分からないという時に、人類が目指すべき方向性は、縄文時代である!とこういったことを、悟って行く人は多いと思います。

なので縄文ブームが来るぞ!と思って、今から準備をしておいてください。

では未来予測3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①縄文時代はどんな時代だったのか今よりも古い時代どころか最先端の時代が縄文時代だ

ということなんですが、縄文時代ってそんな昔のことを言って、どうするんだ!と縄文時代なんて文明が遅れているだけだろうと、そういった方浅はかです。

むしろ最先端の時代が、縄文時代だったということをこの動画をきっかけに分かってください。

我々人類が目指すべき目標とは何か。

それは一周ぐるっと回って、縄文時代なんです。
なぜならば1万年以上の間、戦争が起きなかったのが、縄文時代だからです。

そして貧富の差もありませんでした。

みんな平和に仲良く暮らしていた、それが縄文時代なんです。

ではいつから、人類はダメになってしまったのか。

それは弥生時代からです。

弥生時代以降、どんどんどんどん人類はダメになっていっています

どうやったら縄文時代に、我々は戻れるのかというのが、人類に問われていることなんです。

②なぜ縄文時代が最強で弥生時代から人類はダメになったのか

ということなんですが、
まず縄文時代は、いつからいつまでなのかという話をして行きます。

1万5,000年前から、紀元前400年までが縄文時代です。

1万5,000年前と言っていますが、2万年前からという説があったりとか、諸説ありますのでざっくり1万5,000年前から1万年以上続いていた、これが縄文時代だというふうに考えてください。

弥生時代以降というのは、紀元前400年から2021年まで、2420年ですね。

そう考えると、縄文時代っていうのは、1万5,000年近く続いていたわけですから、わゆる我々が知っている弥生時代以降の日本の歴史というのは、たかだか2,000年ちょっとしか経っていないよ、ということなんです。

日本というのは、ほぼほぼ縄文時代最近になって、やっと弥生時代以降が始まった、でもまだ縄文時代の1/4も経ってないよ、ということを分かってください。

では縄文時代、なぜそんなに最強なのかと言うと、超平和な時代だったからです。

戦争が全くない時代が、1万5,000年続いたんです。

そもそも全てのものには、精霊が宿っているというふうに考えていたので、人を殺すという発想さえなかった、という時代なんです。

人にも精霊が宿っているので、人を大切にします。物にも精霊が宿っているので、物を大切にします。

だから人を殺そうとか、そういったことを考えさえしないですし、物を奪おうと考えること、それさえもしなかったんです。

みんな仲良しという時代が、1万5,000年続いたわけです。

まさに最強、としか言いようがありません。

それが弥生時代になって、変化したんです。

稲作が始まった、これがすべての元凶です。

稲作さえなければ、人類は平和だったんです。

いやいや、何を言っているんだ、お米、重要じゃないか!とそう思う方多いと思います。

素晴らしいお米というものがあったから、人類は発展したんだ、そう考える人もいるでしょう。

違うんです。

稲作ができた、それによって食べ物が貯蔵できるようになった、だから貧富の差が生まれた。そして、そのお米を奪い合いになって、戦争が始まったんです。

戦争はなぜ起きるのか、その原因はもうすでに分かっています。

歴史をたどっていくと、貧富の差これが戦争の原因に繋がっていったということなんです。

お米を持っている人もいれば、持っていない人もいる。

ここで貧富の差が生まれて、戦争になっていた、土地を持っている人と土地を持っていない人がいる、これで戦争が始まっていった、第二次世界大戦は石油を持っている、石油を持っていない、そこで貧富の差が生まれて、戦争が始まっています。

そしてこちらの2040年の未来予測、という本によればこれからは水がある国、水がない国によって、貧富の差が生まれて戦争が始まっていく、というふうに書かれています。

つまり貧富の差さえなくなれば、戦争はなくなるということなんです。

では戦争がない世界を作るには、どうしたらいいのか。

それはすでに僕が、この天才プロジェクトの動画に、まとめていますのでまだ観ていないという方は、是非ご覧ください。

稲作ができた、富が貯蔵できるようになった、貧富の差が生まれた、これが今起きている戦争の大元だった、ということです。

この貧富の差というのが、お米があるかどうか、お金があるかどうか、土地があるかどうか、石油があるかどうか、水があるかどうか、というふうに変わっていっているというだけなんです。

稲作さえ発明されなければ、世界は平和のままだったということなんです。

でも、もう嘆いても仕方がありません。

弥生時代に、稲作生まれてしまいました。

そして稲作をやるのに、便利だということで鉄器が生まれてしまいました。

でもこの鉄製の農器具って、この鉄の道具って人を殺傷することに使えるよね、ということで、武器が生まれてしまった。

これも稲作の悪いところだったんです。縄文時代の遺跡からは、武器は一切発掘されていない、というのをご存知でしょうか。

これは本当にど偉いことだと思うんですね。

1万5,000年の間、戦争が行われない、そんな時代があったという証明なんです。

我々人類は、どこを目指すべきなのか。

縄文時代を目指すべきなのではないでしょうか。

③これからの文化は縄文文化に近づいていく縄文文化を知ることが、未来予測には不可欠だ

ということなんですが、縄文時代というのは、最小限のものを持つというミニマリストの文化でした。

今、ミニマリストブーム来てますよね。
縄文時代に戻っていってる
じゃないですか。

では、最小限のもの何を持っていたのかと言うと、土器と弓矢です。
弓矢で狩りをして食べる、そして最低限のものを土器の中に入れて保存しておく、これだけだったんです。

狩りをするといっても、必要以上に動物を狩るのではなくて、全てのものには精霊が宿っている。
なので最小限の狩りをして、ありがたく食べるという文化でした。

とても平和な時代ですよね。

そして足りないものがあったら、他の人から借りるというシェアが当たり前の時代でした。

シェアリング・エコノミー。
今これ世界中で叫ばれているじゃないですか。縄文時代に戻っていっている、ということなんです。

これからは時代の流れが早すぎて、車もシェアをする時代になってくる、というふうに言われています。

というのも2030年からは、電気自動車に完全に切り替わって、さらには空飛ぶ車も出てくる、というふうに言われています。

1年ごとに空飛ぶ車がバージョンアップ。バージョンアップしていったら、これは買っていたらお金が持ちませんよね。
なので全てがシェアの時代が、当たり前になっていく、ということなんです。

貿易が盛んだったというのが、縄文時代です。

今メルカリで、個人で物を販売してる人、多いじゃないですか。縄文文化とやってること、変わらないということです。

縄文時代というのは、あるものをお互いに出し合えばいいじゃないか、そこに貨幣経済はないよ、という時代でした。
ということは、これからの時代どうなっていくのか予測できます。

今後、デジタル通貨になって、現物のお金はなくなっていく、そんな世界がやって来ます。

一周回って、縄文時代みたいになっていく、ということなんです。そしてお金もデジタル通貨になれば、あいつのものを奪ってやろう、ということもなくなりますよね。

銀行強盗だ!と言って、銀行に入って行ってもそこに現金が一切なければ、銀行強盗は現れません。

平和で争いもなく、お金もなくなっていくそんな時代になると人はどうなるのか、自分の可能性を開きたい、そうやって思うようになるんです。

そうなんです、ここでもスイートスポットを知っているかどうか、という時代になるんです。

自分の場合何をすれば成功できるんだろうか、時間はたっぷりあるぞ、ということになります。

そこで、自分のスイートスポットのある職業をしていくことが、重要になります。

いつかそんな時代がやってくるぞと思って、僕は2005年からあなたのスイートスポットが見つかる、SFT講座という講座を開催しています。

さらにSFTインストラクターというものを、フランチャイズで募集していて、僕以外の人でもスイートスポットが出せるようにしています。

とても平和で時間はたっぷりある、という時代になったら自分の可能性を追求したい、才能を見つけたい、という人が増えるというのは、縄文時代を見れば必然だからです。

是非まだスイートスポットを見つけていないという方は、縄文ブームに乗るためにも、スイートスポットを見つけて自分の才能と向き合って、毎日を生きていただけたらと思っています。

今回の未来予測、必ずやってくる縄文ブームとは、縄文時代を知れば未来がわかるというテーマでお届けしました。

未来予測3つのポイント

①縄文時代はどんな時代だったのか今よりも古い時代どころか最先端の時代が縄文時代だ

②なぜ縄文時代が最強で弥生時代から人類はダメになったのか

③これからの文化は縄文文化に近づいていく縄文文化を知ることが未来予測には不可欠だということをお話ししました

今回も、ご視聴ありがとうございました。

学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

人生が変わる未来予測のアクセスランキング