【未来予測】2021年エコノミスト 表紙に隠された暗号を解読せよ! 核戦争が予言されているって本当!?

  • エコノミストの2021年の表紙について知りたい人
  • 2021年がどんな年になるのか知りたい人
  • 2021年に核戦争が起きたらどうしようと不安な人

人生は変えられる、石井貴士です。

今回は、2021年エコノミスト表紙に隠された暗号を解読せよ!核戦争が予言されているって本当!?という話をしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来、それは2021年エコノミスト表紙に隠された暗号について、一緒に考えることができる、という未来です。

その一年が予言されていると言われている、雑誌エコノミスト。

2021年も表紙が出ました、こちらの表紙です。どんな暗号が隠されているの?知りたい方は、是非この動画最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える三つのポイント。

①2021年のエコノミストの表紙をざっくり解説します

②2021年のエコノミストの表紙を詳しく解説します

③2021年のエコノミストの表紙を深読みします

ということをお伝えしていきます

この動画はどんな人にとって有益なのかというと、エコノミストの2021年の表紙について知りたい人、2021年がどんな年になるのか知りたい人、2021年に核戦争が起きたらどうしようと不安な人です。

なぜならエコノミストの表紙は、その一年を予言していると言われているからです。

発行元がロスチャイルド系だ、ということで予言なのか!?いやいや、ロスチャイルドによる計画書なんだよ!と、そういうふうにも言われています。

ですが、計画だったらバラすことはないとも思うので、さすがに計画書ではないと思うんですが、一年を予言しているのがエコノミストの表紙だ、と言われています。

今回なぜこの動画を、撮ろうと思ったのかと言うと、2021年のエコノミストの表紙ができたからです。

これを見て、そうか!そういうことか!やっぱりそうなるのね2021年ということもあれば、これは気づかなかったな!ということもあると思います。

今回は、2021年コノミストの表紙を、どこよりも分かりやすく解説いたしますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①2021年のエコノミストの表紙をざっくり解説します

ということで、まずは、ざっくり解説していきます。
その後に詳しく解説、最後に深読みして解説という、3段階でお届けしていきます。

こういう読み方っていうのは、受験テクニックです。

誰もしていないので僕がやります。

僕は受験勉強も得意で、こちらの「1分間勉強法」という本を出していて、この本が年間ベストセラー1位になっております。

まず、ざっと全体を把握して、そしてオーソドックスな解き方を学んで、その後、応用問題にいくという、完全に受験勉強と同じやり方で、このエコノミストを解説していきたいと思います。

で、今回のエコノミストの表紙、こちらなんですけれども、スロットマシンでできています。

何が起きるか分からない、4列のリールが回ってどこに止まるかわからない!カオスだ!ということを表しています。

このスロットマシンの特徴は、真ん中1列しか当たらないスロットだ、ということです。

真ん中とか両サイドにね、赤い矢印があるんですけれども、他のスロットマシンだと斜め斜めとか、一番下、一番上とかそういったことも当たるんですけれども、今回は真ん中1列だけしか当たらないスロットだよ、ということを分かってください。

そして、この赤と赤で挟まれた、真ん中よりも下が過去の出来事、そして上が未来の出来事だ。というふうに推測できます。

ではリールの中身を一つ一つ見ていきましょう。

まずは左リールですね、一番下には?マーク、その上に赤いマスクをした人、その上に注射器、一番上がウイルスです。

で、時系列で考えていくと、?マークっていうのは原因不明のものが現れた!というふうに解釈できます。

そして、赤いマスクをした人、これはもうマスクをした人なんで、コロナの蔓延を表しています。そして注射器、これはワクチンを表しています。

近い将来、2021年中にワクチンが開発されたり打たれたりする、いうことですね。

1番上が、またまたウイルスになっています。

これはコロナではなくて、全く新たなウイルスともとれますし、コロナの変異種ともとれます。コロナがまだまだ2021年中は、ずっと続くというふうにも取れます。

一番左のリールは、コロナウイルスを表しています。

そして、真ん中左のリールに行きましょう。これはアメリカを表していますね、一番下にTikTokのマーク、そしてその上に2つに割れているアメリカの国旗、その上にバイデン大統領、一番上に爆弾のマークが描かれています。

これは黄色い三角の印が3つ付いている、ということから紛れもなく核爆弾で確定だ、というふうに言われています。

まず過去なんですけれども、TikTokがアメリカで禁止になった、ということでマークが半分しか見えておりません。

あったけれども消えていった、ということが表されています。

そしてトランプ派とバイデン派、真っ二つに割れたのがアメリカです。

差別発言を繰り返す、人としてめちゃめちゃだというトランプ大統領。

そして明らかにこれ不正選挙じゃないの?と、不正選挙で当選したと言われているバイデン大統領。
そして敵国である中国とも繋がっていて、アメリカそのものを中国に売り渡すのではないか、ともバイデン大統領は言われています。

そんな形でトランプ派とバイデン派、真っ二つに分かれたのがアメリカです。

トランプさんも酷い!バイデンさんも酷い!ということで、酷い同士で真っ二つに割れたわけです。

そして真ん中にある、バイデン大統領の顔なんですけれども、これはもうバイデン大統領が当選した、ということを表しています。

ちょうど現在の位置に、バイデン大統領の顔があります。そして将来、これがこのスロットの全ての中で、一番気になるところです。

それがバイデン大統領、核爆弾を落とすこともあり得る、という発言を過去にしているということが明らかになっています。

2021年第三次世界大戦に突入して、アメリカもしくは他の国が、核爆弾を落とす一年になる、という予言ともとれます。

では、真ん中に右のリールに行きましょう。これは、中国を表しています。一番下に中国の国旗、その上に風力発電のマーク、その上に$マーク、一番上が?マークです。

一番下なんですが、これは、そのまま中国の国旗ですね。風力発電が中国で行われていますので、風力発電のマークここまでが、過去です。

今後は$マークなので、中国経済がより力を増していくことが予想されます。

その上に?があります。そのまま中国は何をしてくるか分からないよ、という将来が描かれています。

では、一番右のリールに行きましょう。一番右のリールは、世界全体で何が起きるのか、というのが表されています。

一番下にウイルスマーク、その上にビデオマーク、その上に木が燃えているマーク、その上に右肩上がりの折れ線グラフのマークがあります。

一番右のリールっていうのは、左からコロナ関連、アメリカ、中国と来て世界全体を表している、というふうにとれます。

一番下のウイルスマークなんですが、これはコロナを表しています。世界でコロナのパンデミック起きてますよね、そして、その次に起きたのが、このビデオマーク、Zoomのマークとほとんど同じなんですけれども、オンラインで人が繋がるのが当たり前だとか、オンライン化が当然だ、という流れができました。

そしてまだ起きていないのですが、その将来何が予想されているかというと、森林火災
、これが予想されています。これからアマゾンとかインドネシア、オーストラリアといったところで、森林火災が起きてもおかしくない、というふうにいつでも言われているんですが、この2021年に森林火災、起きていく可能性もあります。

世界的には、本当に大事件なんですが、日本まで火が来るということは、さすがにないので直ちには関係ある出来事とは言えません。

ですが、世界の気候的には、森が燃えたら本当に大変なので世界的には、とても良くないことであるのは間違いありません。

そしてその上は、右肩上がりの折れ線グラフですね。これは株価が上昇する、ということを表しているのか。もしくはコロナの死者数が増えていくのか、全く分かりません。

何かが上昇していく、というところまでしか、予測はできないと思います。

大方、株価ではないかと思いますが、株価ではない何かが上昇する可能性もあります。こんな形でエコノミストの表紙を、ざっくりと解説しました。

②2021年のエコノミストの表紙を詳しく解説します

ということで、今度は先ほどの解説をもっと詳しく解説していきます。

まず、左リールの注射器です。これは、コロナワクチンを表していると言われているんですが、注目すべきなのは何か。注射器の液体の色です。

これが緑色になってるんですね、この緑色っていうのは、西洋では毒を表しています。
なので毒が入ったワクチンを打たされるぞ!ということが、ここで暗示されているということなんですね。

コロナワクチンできるはずがありません。2021年にワクチンは基本的にできません。

もしワクチンだ、と言われるものがあるとすると、ワクチンという名前で別の何かが入っているものだ、ということになります。

こちらのコロナワクチン強制接種計画の動画、まだご覧いただけない方は是非、ご覧ください。

そして、真ん中右のリールですね、これだけ残像が無いんです。

ピタッと止まっていますよね、他の3つのリール残像があるんですが、これだけ止まっているので、確定しているというふうに読むことができます。

バイデン大統領の当選、これも確定しました。
ということで、核爆弾が2021年に落とされるというのは、確定事項なのか!?とここが一番不安だと思います。

エコノミスト表紙的には、バイデン大統領が核爆弾を落とすことは確定している、ということなわけです。

この表紙の中で、一番読みとくべきことは何か。
一番重要事項は何かというと、まさにこの核爆弾のマークのところです。

理由は確定しているからです。

そして、真ん中右のリールですね。

これは将来$マークがあることから、中国経済が発展する一年になるぞ、ということが予想されます。

アメリカがダメになっていき、中国が発展する、そして一番上の?マークですね、何をやってくるか分からない、中国が何を起こしてくるか分からない、ということが暗示されています。ドラゴンクエストで言うと、パルプンテの呪文です。

すぐ隣のアメリカの核爆弾というところと、対比して考えると、アメリカは核爆弾そして中国は?ここで2つの国がぶつかり合っていく、ということが予想されます。

2021年も第三次世界大戦に、警戒していきましょう。

で、一番右のリール、森林火災が起きるそして何かが上昇するというところですね。

株価のグラフのようには、見えるんですけれども何が上がるか、というところまではあえて示されていません。

エコノミストの表紙から分かる2021年、どんな一年になるかまとめるとどうなるかというと、毒が入ったワクチンを打たされてさらなるウイルスがやってくるバイデン大統領が核爆弾を落とす、やめてほしいですけど中国経済が発展して、訳のわからないことを中国がしてくる、世界的には森林火災が起きて株価か何かが爆上がりする一年になる、ということが読み取れます。

③2021年のエコノミストの表紙を深読みします

ということで、ここまではスロットの画面の中を、見ていたんですけれども今度は画面の外を見ていきましょう。

まずはレバーですね、レバーが地球儀になっています。イギリスが中心です。

で、これはイギリスで発行されている雑誌が、エコノミストなので当然だ、ということは言えるんですけれども、もしかしたらコロナの変異種、コロナの中心がイギリスになるとかもしくはナイジェリアの変異種も出たので、真ん中のアフリカ・ナイジェリアの辺りが中心になるのかもしれない、というふうにもとれます。

そして上の方に赤いところがあります。これどこかと言うと、地域はグリーンランドです。

グリーンランドが赤い、どういうことかというと今、グリーンランドの氷河が溶けていっています。氷が溶け出して、一定以上の量が溶け出すともう止まらない、というふうに言われています。

グリーンランドの氷が赤くなって、暑くなって溶け始めていく、そんな一年になるかもしれません。氷が溶けて、世界中の海水の水位が上昇していくということも考えられます。

そしてスロットの下の胴体の部分ですね、これは旭日旗なので日本は表しているスロットマシンのコインの投入口はあるんだけれども、コインが出てくる出口は描かれていないということで、日本が無尽蔵にお金を投下させられ続けるのではないか、というふうに解釈できます。

今、日銀は株価を支えるために、6兆円、12兆円といったお金を株式市場につぎ込んでいます。酷すぎます。

日本の消費税10%がそのまま株式を支えるために使われている、と言っても過言ではありません。

こんな状況なのに、メディアあまり騒ぎ立てません。なぜかと言うと、スポンサーが上場企業だからです。

日銀が上場企業の株を買うのを止めさせろ!そんな暇があったら、消費税を0%にしろ!というメディアが現れてもいい。と思うのですが、全く現れません。

スポンサーが上場企業だと、メディアは株を買うな!とは言えないわけなんです。

で、そんな中さらに日本がお金を使わされる、どういうことかというと、それはアメリカの軍事費用の肩代わりをしろ!とか、巨大地震が起きて復興にお金がかかるとか、その2つのパターンが予想されます。

とにかく日本は2021年、お金を使わされる年になるぞ!ということが、表紙に描かれています。

これはあくまでも、石井貴士が言っているのではありません。

エコノミストの表紙から見ると、そう読み解けるよ!と言うだけです。2021年は日本にとっては、やはり暗い一年になっていきそうです。

そんな時どうしたら、あなたの不安がなくなっていくのかというと、やはりスイートスポットを知っていることだな、と思います。

人にはこの3つをやれば成功するという、スイートスポットがあると言われています。

それがスイートスポット理論です。まだこちらの動画観ていない方は、是非、ご覧ください。

自分は何をしたら成功するのかという、スイートスポットさえ知っていれば、核爆弾が落ちる!と言われても、スイートスポットの仕事をするだけですし、巨大地震が起きる!となったとしても、スイートスポットの仕事をするだけです。

そこに迷いはなくなります。

不安がない人生を送るためにも、自分はこれをやれば成功するんだ!というスイートスポット、是非、知っていただきたいなと思います。

今回は2021年エコノミスト、表紙に隠された暗号を解読せよ!核戦争が予言されているって本当!?というテーマでお伝えしました。

人生を変える3つのポイント

①2021年のエコノミストの表紙をざっくり解説します。

②2021年のエコノミストの表紙を詳しく解説します

③2021年のエコノミストの表紙を深読みします

ということをお伝えしました。今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも、是非、コメント欄に残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

コチラの記事も人気です