【人生が変わる10分】緊急事態宣言発令! コロナの時に首都直下型地震が来たらどうなるのか?

人生は変えられる、石井貴士です。

人生を変えたい!もう待てない!という方は、こちらの無料メールセミナー、人生を変える7つの魔法に今すぐご登録ください。

登録すると、特典動画も観られるようになります。

今回はコロナの時に、首都直下型地震が来たらどうなるのか?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それはコロナの時に首都直下型地震が来たら、どうなるのかが分かるという未来です。

コロナで緊急事態宣言も発令された!変異株も猛威を振るっている、そんな時に首都直下型地震が来たら、どうなるのかということを考えていきたいと思います。

政府は、コロナウイルスが蔓延する前の首都直下型地震のシミュレーションというのは、しているんですけれども、コロナの時の直下型地震、緊急事態宣言中の首都直下型地震、というシミュレーションは一切していないんです。

恐らく、被害がとんでもないことになるから、発表できないのではないかと思います。

いや、もしかしたらそんなことは考えたくないよと言って、研究さえしていないのかもしれません。

今回の動画は、あなたの命そしてあなたの大切な人の命を守るために、観ておいてほしい動画ですので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

人生を変える3つのポイント

①首都直下型地震が起きたらどうなるのか

②コロナの時に首都直下型地震が来たら避難所はどうなるのか

③コロナの時に首都直下型地震が来たら病院はどうなるのか

という話をしていきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、2021年も緊急事態宣言が発令されたからです。

コロナで、もう病院はいっぱいで、ベッドは確保できていません。
そんな時に、首都直下型地震が来たらどうなるのか。今のうちに、シミュレーションをしておくべきだと思ったからです。

この動画を観ているのと観ていないのとでは、いざ地震が来た時に取るべき行動が全く違ってくると思いますので、コロナの時の首都直下型地震のシミュレーション、是非、一緒にしていければと思います。

では人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①首都直下型地震が起きたらどうなるのか

ということなんですが、首都直下型地震は30年以内に70%の確率で起きる、というふうに言われています。

震源域は、いくつも想定されていてその中で一番被害が大きくなる、と言われているシミュレーションがあります。

それが都心の南部の直下で起きる、マグニチュード7.3の大地震です。

この場合は、東京の江戸川区と江東区で震度7、東京 千葉 埼玉 神奈川で震度6強の激しい揺れが予想されています。

推定死者数は、1万人から2万3,000人です。

なぜこれほど幅があるのかと言うと、冬の夕方、風の強い時が一番、首都直下型地震の被害は大きくなるからです。

火災が激しくなるのが、冬の夕方、風の強い時だとされているんです。

その時は最大で2万3,000人の死者数になる、というふうに言われているんですが、その7割にあたる1万6,000人は、火災が原因で死亡するということです。

全焼または消失する建物は61万棟、このうち火災で消失するのは、41万2,000棟とされています。

特に、深刻な火災の被害が想定されている場所、というのがあります。

それが 練馬区 杉並区 中野区 世田谷区 大田区 江戸川区 葛飾区 足立区です。

なぜかと言うと、四方を火災で取り囲まれてしまう地域だからです。

世田谷区などの木密地域と呼ばれている木造の建物が密集している地域は、特に注意が必要です。

火災旋風という、火の竜巻が起きるとされています。

遠くで竜巻が見えた!うちには関係ないなとは思わないでください。

遠くで竜巻が見えたら、すぐに自分のところにやってくると思って逃げてください。

被害額は95兆円と言われています。日本の1年の国家予算に相当する被害をもたらすのが、首都直下型地震なんです。

その首都直下型地震が、コロナの最中、緊急事態宣言の最中に起きたらどうなるのか。

ということをお話していたいと思います。

②コロナの時に首都直下型地震が来たら避難所はどうなるのか

ということなんですが、避難所は南海トラフの場合は、950万人が避難所を利用する、というふうに言われています。

首都直下型地震の場合は、460万人が避難所を利用する、というふうに言われています。

南海トラフの場合は、推定死者数が23万1,000人。それでいて避難所を利用する人が、950万人なんです。

首都直下型地震の場合は、推定した数が1万人から2万3,000人と南海トラフに比べて1/10にも関わらず、避難所を利用する人が460万人という。

南海トラフの時と半分くらいの方が、避難所生活を余儀なくされる。というふうに言われているんです。

コロナの時に、避難所に行ったらどうなるのかと言うと、密集していますのでまず3密になります。

避難所で皆さん、ぎゅうぎゅう詰めになります。ですが、家が地震で潰れてしまった、もう行く場所がない、家がもう傾いているんだという人は、避難所に行くしかありません。

ですが、ここもいっぱいです。ここもいっぱいです。という形で、避難所をたらい回しにされるというふうに、今から言われています。

なので避難所にもし入れなかったとしたら、今度は、たらい回しにされてしまう。ということになるでしょう。

自宅が壊れていないという方は、絶対に避難所に行かずに家で過ごす。これが大切です。

さらには、お年寄りの方が多く避難所には来るでしょう。家にいるのは不安なので、みんなと一緒に避難所にいた方が安心だ。という一人暮らしのお年寄りの方も多いはずです。

そんな中、避難所でのクラスターというのが100人規模、1,000人規模で起きることになります。

お年寄りの方は、特に避難所でコロナにかからないことが必要になってきます。

今のうちに巨大地震が起きたら、どの避難所に行くか、というのは調べておいてください。一刻も早く避難所に行かないとまず、たらい回しにされることは間違いありません。

そして首都直下型地震が起きても、宅で過ごせるように今から本棚を金具で留めておくといったことは、しておきましょう。

③コロナの時に首都直下型地震が来たら病院はどうなるのか

ということなんですけれども、コロナで既に病院は満員です。ベッドも足りていません。
そんな中、全国各地で重傷者が何万人、何十万人といるわけです。

どんどんと病院に患者さんが運び込まれてきます。病院では何が行われるのかと言うと、「トリアージ」が行われます。

この「トリアージ」「命の選別」とも言われるんですが、意識がない方から順番に赤、緑、黄色、青などの色分けをして、重症の方から順番に治療を受けていくという方法です。

「骨折しているんです」と言っても、「あなた今話せるじゃないですか」と言って、治療を後回しにされるということが起きます。

自分で勝手に固定して、包帯でも巻いといてくれよと言われる可能性も高いです。

なぜならば、あなたよりももっともっと重症の方が、どんどん病院に運び込まれてくるからです。

俺は金持ちなんだぞ!と俺は県議会議員なんだ!といくら威張ったとしても、この「トリアージ」には逆らえません。

そんな中、何が起きるのか。今度は病院内クラスターが起きてきます。

重症患者の方、亡くなりそうな方ばかりが、運び込まれてきて病院内でもクラスターが起きていくということなんです。

では、あなたがすべきことは何か?と言うと、そもそも病院のお世話にならないということです。

地震が起きても怪我をしない、病院のお世話にならないというだけで立派な社会貢献だと思ってください。

病院に行かなくてもいいように、家に包帯はすでにありますでしょうか? 軍手を用意することも大切です。

なぜ軍手が必要なのかと言うと、瓦礫を少しでも運んでしまったらそこで手を怪我してしまう可能性があるからです。

そこからバイ菌が入って、病院に行かなければならないというのはとても勿体ないです。軍手は家に用意しておきましょう。

そして何より今からできることが2つあります。

1つが1ヶ月分の備蓄、そしてもう1つが家から一歩も出ないでできるビジネスモデルの構築です。

この2つは必ずやっておきましょう。

1ヶ月分の備蓄に関しては、こちらの動画をご覧ください。

一番安くこの順番に備えるべきだというものが、分かりやすく説明されています。

そして家から一歩も出なくてできるビジネスモデルの構築。

地震の時は、それどころじゃない!という人いるかもしれないんですが、地震が起きているからといってずっとテレビを観ていても、ふさぎ込んでしまうだけです。

テレビを観ているだけではなくて、お金を稼ぎ続けなければいけません。

首都直下型地震が起きた!と言っても、今月末の支払いは待ってくれません。来月末もまた支払いが来るでしょう。残念ですが、これが現実です。

人はこの3つをやれば成功するという、スイートスポットとなる職業があるというふうに言われています。

スイートスポット理論の動画も、こちらにありますので、ぜひご覧ください。

スイートスポットを見つけて、あなたの人生を今のうちに変えておいていただけたらな、というふうに思っています。

今回はコロナの時に、首都直下型地震が来たらどうなるのか?というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①首都直下型地震が起きたらどうなるのか

②コロナの時に首都直下型地震が来たら避難所はどうなるのか

③コロナの時に首都直下型地震が来たら病院はどうなるのかということを話しました

今回も、ご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録そしてコメント欄に良かったよ!というふうに、是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

コチラの記事も人気です