【人生が変わる15分】【緊急動画】イギリス 南アフリカ ナイジェリアでコロナの変異種が発生! ついにアビギャ君のスーパーバグがやってきた!?

  • アビギャ君の予言をもう一度復習したい人
  • 2021年2月に最大級の警戒をしたい人
  • スーパーバグが来ても死にたくないという人

人生は変えられる、石井貴士です。

今回は、2月のアビギャ君の予言直前企画、2021年2月は、どんな薬もワクチンも効かないスーパーバグに警戒せよ!というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来。

それは、とにかく2021年2月のスーパーバグに警戒できるという未来です。

コロナの予言を的中させた、ということで知られているインドの14歳の少年アビギャ・アナンド君なんですけれども、2020年12月20日からどんな薬もワクチンも効かない、スーパーバグがやってくる。そのスーパーバグは、感染すると数時間か1日から2日で死に至る、というふうに予言しています。

実際に12月20日にイギリスでコロナの変異種が確認されました。

南アフリカ、ナイジェリアでの変異種も確認されています。

では、これがスーパーバグなのか?と言うと、多分違うと思います。

なぜかと言うと感染して、1日から2日で死に至るというものではないからです。

とは言え、この2月というのはコロナも危険、スーパーバグも危険、どちらも危険だ、というふうに思っていますので、是非、この動画 最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①アギギャ君の予言 どんな薬もワクチンも効かないスーパーバグって何?

②2月はスーパーバグにもコロナ変異種にも警戒せよ!

③対策は有機野菜とウコン 日光浴はしつつ、なるべく出歩かないこと

という話をしていきます。

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、アビギャ君の予言をもう一度復習したい人、2021年2月に最大級の警戒をしたい人、スーパーバグが来ても死にたくないという人です

なぜなら2021年の2月がいよいよ近づいてきているからです。

どんな薬もワクチンも効かない、スーパーバグ。12月20日からやってくる、本当にコロナの変異種が12月20日にやってきました。

ですが、感染して数時間で死に至ってるわけでもありませんし、感染して1日から2日で死に至っている、という報告もありません。

なので、これがスーパーバグか?と言われたら、違うと答えるしかないんですけれども。

ですがイギリスの変異種が現れたことで、今、どんどん状況が変化していますので、最新の情報をお伝えしていきたいと思います。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかというと、2021年2月が目前だからです。

アビギャ君の言っていた、スーパーバグが怖い、そう思っていたら、緊急事態宣言が発令されました。

そして地域も、東京、埼玉、神奈川、千葉だけではなくて、大阪、神戸、愛知、岐阜、福岡といって拡大されていっています

コロナの感染拡大が止まりません。そして緊急事態宣言も、いつまで続くか分かりません。

こんな中で、スーパーバグがやってきてしまうのかと、不安になっている方も多いと思いますので、今回、改めてスーパーバグがやってくる可能性について解説をしていきたいと思います。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①アビギャ君の予言 どんな薬もワクチンも効かないスーパーバグって何?

という事なんですが、まず、コロナが来る!ということを的中させたことで有名になった、インドの14歳の予言者アビギャ・アナンド君という男の子がいます。

彼の予言の中で、最も怖いと言われているのが、2020年12月20日からどんな薬もワクチンも効かないスーパーバグがやってくる、感染してから数時間、もしくは、1日から2日で死に至るというものです。

そして、このスーパーバグは、12月20日から始まって3月末には収束するということも言っています。

スーパーバグの可能性は2つありました。

1つはコロナが変異して猛毒化するという可能性、そして2つ目が、全く未知のウイルスがやってくる、という可能性です。インドで原因不明の病気が発生して、バタバタと人が倒れるという事件が12月にありました。

2つ目のウイルスが来たのか!?というこちらの動画出しました。しかし、この病気ではなかった、という可能性が高いです。というのも、この病気に関してはほとんどもう報道がされていないからです。

鉛が原因だったとも言われていますが、実際のところ分かりません。隠蔽されているのかもしれません。

ですが、そうこうしている間に、12月20日がやってきました。そしてイギリスで、コロナの変異種が発見された。

続いて、南アフリカ・ナイジェリアでもコロナの変異種が発見された、ということなんです。

ついに、この3つのうちのどれかが、スーパーバグなのか!?と思ったんですけれども、実際に感染してから1日から2日で死に至る、という報告はされていません。

アビギャ君は、12月20日からのスーパーバグと言っているわけであって、12月20日のスーパーバグとは言っていない。ここは分かってください。

なので、12月20日から起きているものがシグナルで、その後、本命がやってくるという可能性が高いと思います。

おそらくコロナの変異種が、さらに変異したもの、その可能性が高いかもしれません

②2月はスーパーバグにもコロナ変異種にも警戒せよ!ということです。

今、世界のコロナの変異種の、状況がどうなっているのかということなんですが、イギリスでは、もう都市封鎖、ロックダウンが行われております。

イギリスの変異種は、今までよりも感染力が1.7倍になっている、と言われています。イギリスのコロナは、半分以上が変異種だということに今はなっているようです。

ではウイルスが変異すると、どうなるのかと言うとウイルスが感染しやすくなったり、治療薬が効かなくなったり、ワクチンが効きにくくなったりという、ウイルスの性質変化が起こる、というふうに言われています。

まさにアビギャ君が、言っている通りの状態は起きています。

なのですがイギリスのものは、感染力1.7倍ではあるけれども、1日から2日で死に至るというものでは、ありません。

では南アフリカ共和国の変異種は、どうなんでしょうか。

南アフリカではコロナ患者の中で、この変異種の割合が8割に上っているということで、とても深刻な状態になっています。

日本の空港でもブラジルから来た方で、南アフリカの変異種が確認されました。

コロナウイルスというのは、月に1回から2回のペースで変異を繰り返しています。

イギリスの変異種と南アフリカの変異種、どちらがヤバいとかと言うと、現時点ではなんですけれども、南アフリカの変異種の方が非常に深刻である、というふうに、イギリスのハンコック保険相が述べています。

なのですが、なのですが!ですよ。イギリスの変異種 12月に現れて、すでに29回の変異が確認されているんです。

月に1回から2回の変異を繰り返すコロナウイルスが1ヶ月以内に、すでに29回の変異が起きている、というわけなんです。

となると、このイギリスの変異種が、スーパーバグに発展する可能性とても高いと思います。

中国の武漢で発生した中国型のコロナウイルスなんですが、これはスペイン風邪と比較して2021年3月に収束するというふうに、僕はこちらの動画でも予測していたんですけれども、今実際、中国型というのは、沈静化していますので、この予測に関しては当たりそうです。

ですが今、世界に広がっている変異種以外のコロナは、ヨーロッパ型のコロナ、というふうになっていて、特に今回のイギリス型の変異に関しては、もう中国型のコロナの原型はほとんどない、というふうに言われています。

現時点での変異種というのは、一番危険だと言われているのは、南アフリカの変異種。

そして、12月からの1ヶ月間で29回も変異を繰り返しているという、イギリスの変異種。

そして、まだ謎に包まれている、ナイジェリアの変異種。この3つがあります。

③対策は有機野菜とウコン、日光浴はしつつなるべく出歩かないこと

という話をしたいんですが、では、我々はどうしたらいいのかと言うと、アビギャ君が言うには有機野菜とウコン、この2つによって免疫力を高めていく

それによって、スーパーバグにかからないようにしていこうという話をしています。

そして日光浴もとても大切です。出歩くなと言われても、日光を浴びるためだけには、出歩いていただきたいと思います。

先日、私事なんですが、1月13日 東京ビッグサイトに健康食品展・化粧品展があるということで、妻と出かけてまいりました。

緊急事態宣言中に不要不急の外出はしないと、決めていたんですが、この機会を逃すと、妻と3ヶ月半年一緒にどこにも出かけていない、ということになりましたのでこれは、もう妻との時間を取るために行くしかないなと思って行きましたよ東京ビッグサイト。

そしたら結構、人が集まっていました。

緊急事態宣言中の大規模イベント。誰もいないんじゃないかと思ったら、結構、人がいたんですよね。

では電車は、どうだったのかというと、電車にも大勢の人が乗っていました。緊急事態宣言が来ても、自粛ををする人は少ないという状態に今はなっています。

そんな中スーパーバグが、いつ来てもおかしくない、という状況なわけです。不安だ!どうしよう!という方多いと思います。

どうやってお金を稼いでいったらいいんだ?と。そういう経営者の方も多いのではないでしょうか。

では、なぜ人は不安になるのかと言うと、何をやっていいかわからないからです。

これをやれば成功するんだ!というスイートスポット知ってるでしょうか、知らないという人が不安になっていきます。

人は、これをやれば成功するという3つのスイートスポットがあるというふうに言われていて、その3つの職業をやれば成功するけれども、それ以外の職業では成功しない、これがスイートスポット理論です。

僕自身アナウンサーとして悩んでいる時に、このスイートスポット理論に出会って、人生が変わりました。

石井さんのスイートスポットは、作家と起業家ですと言われて、アナウンサーを辞めて作家・起業家になったんです。

20年前だったら、あなたのスイートスポットというのは、分からなかったと思うんですが、今は、このスイートスポット理論の唯一の伝承者である石井貴士が、あなたにはいます。

あなたのスイートスポットも算出できるようになったという、大イノベーションが起きた、ということなんです。

こちらのスイートスポット理論の動画、まだ観ていないという方は是非ご覧ください。

スイートスポットを知っている状態になれば、スーパーバグが来ても、あなたは不安にはなりません。

スイートスポットが小説家なのであれば、スーパーバグが来ても毎日毎日、小説を書くだけです。

スイートスポットが料理研究家なのであれば、毎日毎日、料理の研究をするだけです。

スイートスポットが見つかっている、という状態を作っておけば、毎日の不安とはおさらばできるということなんです。

是非、あなたには不安をなくして世の中の状況がどうであれ、笑顔の毎日を送っていただきたいと思っています。

今回は12月のアビギャ君の予言直前企画、2021年2月はどんな薬もワクチンも効かないスーパーバグに警戒せよ!というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①アビギャ君の予言 どんな薬もワクチンも効かないスーパーバグって何?

②2月はスーパーバグにもコロナ変異種にも警戒せよ!

③対策は有機野菜とウコン 日光浴はしつつなるべく出歩かないことということを話しました。

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったよ!というコメントも是非、残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【人生が変わる15分】【緊急動画】イギリス 南アフリカ ナイジェリアでコロナの変異種が発生! ついにアビギャ君のスーパーバグがやってきた!?

  • 12月20日からのスーパーバグについて知りたい人
  • アビギャ君の予言が当たりそうだと不安な人
  • コロナの変異種について知りたいという人

人生は変えられる 石井貴士です。

今回はイギリス、南アフリカ、ナイジェリアでコロナの変異種が発生!ついにアビギャ君のスーパーバグがやってきた!?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それは12月20日からのスーパーバグについて一緒に考えることができるという未来です。

この動画いつ撮影するか迷いに迷いました。

12月20日からスーパーバグがやってくるというアビギャ君の予言、本当に12月20日になってイギリスでコロナの変異種が発見されたんです。

これがスーパーバグか!と僕も第一報を伝えたい気持ちでいっぱいでした。

でもですよ、もしこれがスーパーバグだと仮定すると感染した人が、1日から2日で亡くなっていないとおかしいということになります。

でもそうではない。

ただ感染力が強いらしい変異種であるということしか、分かっていなかったんです。

なので慎重になってお伝えせねばと思っていたんですが、今回もう我慢できないということで12月20日以降に出てきたコロナの変異種イギリス、南アフリカ、ナイジェリアの変異種についてお伝えしていきたいと思います。

12月20日からのスーパーバグに関しては、この動画が世界一わかりやすい動画になっていると思いますので是非この動画最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。


①12月20日からのスーパーバグ スーパーバグの可能性は2種類あったが1つに絞られた

②イギリスで発生した変異種 南アフリカで発生した変異種 ナイジェリアで発生した変異種について分析します

③コロナの変異種は子供など若い人が亡くなる!? 1月・2月に最大級の警戒を! 特に受験生は注意して!

という話をしていきます。

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、12月20日からのスーパーバグについて知りたい人、アビギャ君の予言が当たりそうだと不安な人、コロナの変異種について知りたいという人です。

なぜならイギリスのコロナの変異種が、12月20日に出て日付もドンピシャだったので、これがスーパーバグではないかと不安になった方多いと思ったからです。

確かに12月20日というドンピシャの日付で、コロナの変異種が報道されました。

ですが、よく考えてください、アビギャ君は12月20日からのスーパーバグとは言っているんですが、12月20日のスーパーバグとは言っていないんです。

実際に12月20日にイギリスでコロナの変異種が発見されてから、南アフリカの変異種
ナイジェリアの変異種と3つ変異種が発見されています。

なので、このうちのどれかがスーパーバグ、もしくは現時点では感染してから1日から2日で亡くなっているというケースは、まだ発見されていないので今、報告されている3つともスーパーバグではない、という可能性も残されています。

もっと強い感染力、もっと強い毒性があってスーパーバグと呼べるのではないでしょうか。

なのでイギリスの変異種が、12月20日に発見されてすぐに動画を作らなかった理由、それは猛毒性が強いものが出てくるかもしれない、と思っていたからなんです。

でも、もう3つ変異種が出たもう待てない!ということで、この動画作っていきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかというと、1月・2月には日本では、受験シーズンを迎えるからです。

今回のコロナの変異種は若い人、小学生、中学生、高校生が亡くなる可能性もあります。

スペイン風邪から学ぶ9月からの第二波は若い人が亡くなる、という動画5月31日に出しました。

早すぎます!この早いタイミングで僕は1月・2月の受験を警告していました。

冬にはコロナウイルスが猛毒化して若い人が亡くなるよと、もうそういう動画
僕は半年以上前に予測をしていたっていうことなんです。

忘れている方もう一度この動画ご覧ください。
で、今この予測が当たろうとしています。

日本は1月・2月受験を中止して欲しいと切に願います。

オンライン入試に是非していただきたい。

今回は警告も兼ねて、この動画配信していきたいと思います。

では、人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①12月20日からのスーパーバグ スーパーバグの可能性は2種類あったが1つに絞られたという話をしていきます

まず12月20日から2021年3月31日までの期間で新パンデミック スーパーバグがやってくる!と言うアビギャ君の予言がありました。

どんなワクチンも治療薬も効かないスーパーバグ、感染すると1日から2日早ければ数時間で死に至るというものです。

感染経路も分からないので、クラスターという概念もない!予防もできない!

ソーシャルディスタンスも効果がない!なのでもう外は出歩かない、ということしか対策がないということなんですね。

有機野菜・ウコンなどで免疫をつけていく、これしか我々ができることはないということなんです。

では、スーパーバグとはどんなウイルスなのか、過去の僕のアビギャ君の解説動画の中でパターンは2つあるというふうに言いました。

こちらの動画もまだ観ていない方、是非ご覧ください。

1つが新型コロナが突然進化して変異する。2、全く新しい新たなウイルスがやってくる。ということです。

この2つ目の新たな可能性として、こちらの動画インドで原因不明の病が発生!?という動画を出しました。

しかし、この原因不明の病がスーパーバグであるという可能性、少し薄くなってきました
12月9日から12月28日までのコーシャコンジャンクション、この間にとんでもないことが起きる!というふうにアビギャ君は言っていたわけなんですけれども、12月9日の前の12月8日に原因不明の病が確認されたので、これがスーパーバグである可能性が高いのではないかとその時点では思っていました。

しかしその後の情報、鉛が原因かもしれないとか、情報が全然出てこなくなりました。
なので治ったという可能性もありますし隠蔽されたという可能性もあると思います。

そんな中、出てきたのが12月20日のイギリスのコロナの突然変異です。

②の可能性よりも①の可能性、突然変異の可能性が高くなった、ということなんです。

こちらの僕のアビギャ君の予測動画、なんと6月13日に配信しています。またしても僕の予測、早すぎます。

早く予測して半年後を的中させていくという。
ちょっと、このスパン長すぎるかもしれません。

予測が早すぎて、忘れられてしまうことも多いと思うんですが、是非もう一度見返していただきたいと思います。

②イギリスで発生した変異種 南アフリカで発生した変異種 ナイジェリアで発生した変異種について分析します

イギリスで発生した変異種

ではイギリスで12月20日に発生した変異種について、見ていきましょう。

VUI-202012/01と名付けられています。

ロンドン大学の感染症モニタリングセンターによれば今回の変異種は、今までのコロナよりも感染力が56%強い、致死率も今までのコロナよりも高い可能性があると発表しました。

致死率が具体的に何%なのかというのは、公表しなかったということです。

これは怪しいです。致死率が高すぎて隠蔽されたという可能性もあります。

ワクチンができたとしてもこの変異種に対しては、ワクチンの効果は落ちるということです。

そもそもワクチンはできないんですけれども、ワクチンができたとしても効果は落ちるということですね。

一方、イギリス政府は、今回の変異種に関して感染力が56%ではなく70%強い、というふうに伝えています。
とにかく今のコロナよりも感染力に関しては、56%もしくは70%高いということが言われています。

致死率も今までのコロナよりも高い、ということは分かっています。

イギリスは12月22日、1日の新規感染者なんと3万6,804人、22日の死者は744人ということで、日本とは比べ物にならないくらい高い数字が出ています。

日本はコロナに対する危機感無いとしか言いようがありません。

イギリス政府の諮問機関である新型呼吸器系ウイルス脅威諮問グループというところが、21日に記者会見を行いまして、この変異種は子供に対する感染力が強い可能性があるというふうに明らかにしました。

そんな中、インペリアルカレッジロンドンの感染症学科長のウェンディ・バークレー教授によれば、この変異体というのは特に子供を攻撃しているわけでも特に子供への感染力が強いというわけではない全世代への感染力が強いので子供にも感染してしまうだけだ、というふうに断言しています。

なので大人・子供区別なく感染していく、これがイギリスのウイルスだということなんです。

大人にも子供にも感染してしまうぐらい感染力が強いということで、スーパーバグになっていく可能性はあります。

とは言え感染して1日から2日で死に至っているかと言うとそうではないので、まだ何とも言えないということです。

では、次に来た変異種見ていきましょう。

南アフリカの変異種

南アフリカでも変異種が確認されています。

名前は、501.V2というふうに名付けられています。

このウイルスは、基礎疾患が無い若い人へ感染しているということだけ報告されています。

詳しいことは分かっていないんですが、怖いデータとしては南アフリカではコロナの新規感染者数が、過去1週間で40%も増加しているということです。

なのでイギリスのコロナの変異種、そして南アフリカの変異種共にスーパーバグの可能性というのはまだ残されてはいます。

ナイジェリアの変異種

では3つ目の変異種 ナイジェリアです。

ナイジェリアでは12月24日にイギリス・南アフリカに続いて、第3の変異種が確認されています。

ナイジェリアではコロナの新規感染者数、過去1週間で52%も増加しているということです。まだ詳しいことは分かっていないんですよね。

12月25日現在3種類の突然変異、これが確認されていてイギリス発、南アフリカ発、ナイジェリア発と確認されているんです。

ダイレクトにこの3つのうちのどれかがスーパーバグですよ、ということは全く言い切れません。
なのですが、この突然変異からさらなる突然変異があると、それがスーパーバグになる可能性はとても高いのではないかと思います。

③コロナの変異種は子供など若い人が亡くなる!? 1月・2月に最大級の警戒を! 特に受験生は注意して!という事をお話していきます

スペイン風邪から学ぶ、9月からの第二波は若い人が亡くなる!?という動画5月31日に出しています。

正直、本当に早すぎる予測ではあったんですけれども、本当に1月・2月の受験シーズンはヤバいです。

コロナが突然変異をして、子供にも感染するようになったとしたら1月・2月この受験シーズンがとてもまずいことになります。

にも関わらず、いまだに1月・2月に通常の受験をしようとしているそんな中学校・高校・大学とても多いです。

いや、ほとんどの中・高・大学が今までの入試とあまり変わらないように、受験をさせようとしています。

オンライン受験を考えているところは、とても少ないようです。

なのですが考えてみてください、受験会場に行くまでの電車で感染をして試験会場が密になっていてそこで試験会場の中で感染して1時間から2時間で死に至る、そんなスーパーバグが現れたらどうするんでしょうか。

日本では1月・2月という、この冬の時期に受験がありますのでとても警戒が必要です。

日本においては受験生が亡くなる、これが最悪のシナリオです。

これを避けるべく学校関係者の方、日本政府は動いてほしいと思います。

海外からの入国の禁止、これは当たり前のように絶対にやらなければいけない施策なので是非すぐにでも海外渡航の禁止は、やっていただきたいと思います。

でも日本政府、腰が重いです。何をやっているんですか。
まず、ここの水際対策をやってほしいです。

1月・2月にスーパーバグがやってくる!となるとどうなるのか。
多くのビジネスマンは仕事場に行けなくなります。

家の中で仕事をするというのが、当たり前になっていきます。

店舗型ビジネス、飲食店の方いよいよヤバいです。街に人がいなくなります。

そんな時に大切なのが、ビジネスのオンライン化です。

家から一歩も出なくても、お金を稼げる状態を作っていく。
これが大切なんです。

多くの方は、スーパーバグが来たらどうしよう!と不安になると思います。

なぜ不安になるのかと言うと、何をしていいか分からなくなるからです。

やることが決まっていれば、不安にはなりません。

そんな時に必要なのが、あらかじめ自分はこれをすれば成功するというスイートスポットを知っておくということで、スイートスポット理論の動画、まだ観ていないという方は是非ご覧ください。

コロナが来ても、スーパーバグが来ても、自分はこれをやるんだ!ということが分かっていれば、不安はなくなっていきます。

是非あなたにもスイートスポットを見つけていただきたい、と思っています。

今回はイギリス・南アフリカ・ナイジェリアでコロナの変異種が発生!ついにアビギャ君のスーパーバグがやってきた!?というテーマでお届けしました。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①12月20日からのスーパーバグ スーパーバグの可能性は2種類あったが1つに絞られた

②イギリスで発生した変異種 南アフリカで発生した変異種 ナイジェリアで発生した変異種について分析します

③コロナの変異種は子供など若い人が亡くなる!? 1月・2月に最大級の警戒を! 特に受験生は注意して!ということをお伝えしました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録良かったよ!というコメントをコメント欄に残して頂けたらありがたいです。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【人生が変わる15分】過激!アビギャ・アナンド君の11月11日最新予言 2020年12月9日〜12月28日 最大級の警戒をせよ!

  • インド人の14歳予言者アビギャ君の11月11日の最新の予言について知りたい
  • 2020年12月20日からの新しいパンデミックスーパーバグにも備えたい
  • 12月9日からのコーシャコンジャンクションについて知りたい

人生は変えられる 石井貴士です。

今回は過激!アビギャアナンド君のvの最新予言、2020年12月9日から28日のコーシャコンジャンクションに、最大級の警戒をせよ!というテーマでお伝えしていきます。

チャンネル登録がまだの方は。是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来それはコロナが来る!という、
予言を的中させたことで有名になった。

インドの14歳の予言者、アビギャ・アナンド君の11月11日の最新の予言について知ることができるという未来です。

今11月には、コロナの感染が日本では拡大しています。

このままだと2020年12月20日から2021年3月31日までの新しいパンデミック、スーパーバグがやってくる!という予言も当たってしまいそうな気がします。

その中でも一番ヤバい期間は2021年2月である。というふうに言っていたわけなんですけれども、11月11日にまたアビギャ君の最新の動画が出ました。

待ち望んでいた方かなり多いと思いますので、今回この動画 是非、最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える三つのポイント。

①2020年12月9日から28日までのコーシャコンジャンクション ここで戦争・疫病・災害・ウイルスの第二波・経済崩壊が訪れる

②ワクチンは打たされないようにしろ!

③これからの時代アビギャ君の7つの解決策とは

という話をしていきます。

この動画はどんな人にとって有益なのかというと、インド人の14歳予言者アビギャ君の11月11日の最新の予言について知りたい人、2020年12月20日からの新しいパンデミックスーパーバグにも備えたい人、12月9日からのコーシャコンジャンクションについて知りたい人です。

なぜならアビギャ君の予言でも言っている、12月20日からのどんな治療薬もワクチンも効かないスーパーバグ、特に2月に一番悲惨なことになると言っているんですけれども、アビギャ君はインド占星術そして僕は西洋占星術の予測ということなので、かなり予測としての相性いいです。

僕の予測と合わせて考えていくと、より分かりやすい予測になると思ったので、今回もお伝えしていきます。

僕の未来予測もとにかく2月には感染症に注意、コロナに関しても11月に感染拡大12月に感染者数がピーク、1月に死者数が増加し始めて2月に死者数がピークになるというふうに予測しています。

この2月の死者数というのは、もしかしたらコロナではなくてスーパーバグかもしれないので、ぜひ2月は警戒してください。

受験生の方、小学6年生、中学3年生、高校3年生、浪人生の方、特に受験会場では気をつけていただきたいと思います。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、アビギャ君の最新の動画が11月11日に出たからです。

今回は今までで最も過激な予言だ、とも言われています。

アビギャ君に関する動画、お陰様で20万再生くらいされております。

是非、概要欄からご覧ください。

その後はどうなっているんだと気になっている方も多いと思いますので、今回新しく
2020年11月11日のアビギャ君の予言について解説していきます。

では人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①2020年12月9日から28日までのコーシャコンジャンクション ここで戦争・疫病・災害・ウイルスの第二波・経済崩壊が訪れる

2020年の12月9日から28日までのコーシャコンジャンクション。

コーシャコンジャンクションて何?と思った方多いと思います。

またコーシャコンジャクションに特化した動画も作ろうと思いますので、楽しみにしていてください。

このコーシャコンジャンクションというのは、具体的に言うと3つ以上の惑星が重なり合うということです。

2つの天体がこう重なり合うことをコンジャンクションというふうに言います。

水星と金星が、コンジャンクションしているねとかそういったふうに使います。

中でも木星と土星が、コンジャンクションする時の事をグレートコンジャンクションというふうに言います。

何がグレートなのかと言うと木星もデカいですよね。

土星もデカいです。

デカい星同士がコンジャンクションするので、グレートコンジャンクションと特別に言うわけなんです。

そして三つの天体がコンジャンクションする時は、トリプルコンジャンクションというふうに言います。
なのでコーシャコンジャンクションというのは、3つ以上の天体がコンジャンクションするということなので、トリプルコンジャンクションも含まれるということなんです。

そして僕今回ホロスコープソフトに入れて調べていました、するとですねなんと西洋占星術では、このトリプルコンジャンクション、コーシャコンジャンクション起きておりません。

強いて言えば、冥王星がかなり近いんではあるんですけど、コンジャンクションっていうのは西洋占星術では、いや特にこれはね、アルフォンス流という僕の流派においては、プラスマイナス5度以内に入っている時これがコンジャンクションって言うんですよね。

今回一番近くても6度くらいなので、正確に言うとコンジャンクションじゃないんですけど、流派によってはとかインド占星術によっては6度くらいでもコンジャンクションと数えてしまう、流派もあると思いますので今回はもういいです。

もうざっくり許容します。

5度以内じゃなくて6度でもコンジャンクションでいいじゃないかと僕もそう思いましたので、コンジャンクションだということにしましょう。

そして今回、冥王星なんですが、冥王星は死を司る星です。

その冥王星と凶星である土星、そして吉星である木星、この3つがトリプルコンジャンクションを起こしている、すなわちコーシャコンジャンクションを起こしている、ということなわけなんです。

3つのうち2つ冥王星と土星が入っているんで、これはもう悪くなるに決まっています。

かなり悪い天体配置だということです。

ではどうなるのかと言うと、戦争、疫病、災害、ウイルスの第二波 経済崩壊が訪れるとアビギャ君は言っています。

もう散々です。

確かに第三次世界大戦、いつ起こっても仕方がない状態です。

アメリカ大統領選も終わってはいるんですけれども、まだどちらが正式な大統領なのか分かっていません。

11月3日から1月末までの大統領が交代するまでの期間、この期間というのは第三次世界大戦に警戒してくれというふうに、僕の動画でも言っているわけなんですけれども12月9日から12月28日っていうのは、もろにその期間に入っていますので警戒が必要です。

疫病 新しいパンデミックが12月9日から29日に現れていきそうだとスーパーバグっていうのは、12月20日から来るというふうにアビギャ君は予言したわけなんですけれども、もちろんね 12月20日にいきなりというよりもその前兆のものは現れてくると思うので、12月9日から前兆となるスーパーバグがポツポツと現れてくるかもしれません。

そして災害、これは日本では、南海トラフ、首都直下型地震、令和関東大震災ですね。

僕も一番ヤバいのは、いつかと言うと12月17日だ。、というふうに言っています。なぜかと言うと、旧暦の11月3日だからです。

11月3日、逆にひっくり返すと3.11。怖いです。

そしてなぜ旧暦なのかと言うと、神様の世界では旧暦が使われているからなんです。

11月3日がヤバいということは、旧暦の11月3日も警戒した方がいいってことなんですね。

旧暦の11月3日が12月17日になってしまうわけなんです。過去の12月の巨大地震の動画、まだ観ていないという方は是非すぐ観てください。

12月は南海トラフに警戒してください。首都直下型地震と南海トラフが同時に起きるという、スーパー南海地震これも警戒してください。

スーパー南海地震の動画も既にありますので、まだ観ていないという方こちらも是非観ていただきたいと思います。

ウイルスの第二波これも来てます。

日本ではコロナの第三波という言い方をしているんですが、実際に亡くなった方死亡者数の分布を見ると、第二波って来てないんですよね。

だから次に第二波が来る、というのが当たり前なんですけども感染の第二波みたいな感じのグラフを日本では、なぜか作ってしまっていて日本は第三波が来ている!みたいなマスコミが第三波 第三波うるさいんですよ。

何言ってるんだ、第二波がこれから来るんだと。

これが正しいんです。

死亡者数の第二波が来ていないわけですから、次に来るのが第二波だというのが正しい。

にも関わらず、日本のマスコミはもう騒ぎたいのか第三波という言い方をします。本当に仕方がありません。

ですが第三波という言い方が一般化してくると石井貴士 長いものには巻かれる性格ですので、第三波と言い始めると思います。

そこはご容赦ください。本当は第二波ですよ。

でも世間が第三波って言うから、僕一人で第二波言うと通じないからさそこは分かっていただきたいなと思います。

そしてコロナの感染拡大というのも、12月9日から28日にさらに拡大していくと、12月21日月曜日の大暴落。

ここがあるんじゃないかなと思っています。

②ワクチンは打たされないようにしろ

ということなんですが、アビギャ君の動画から引用すると今、世界的な製薬会社そして各国の政府が一緒になって、ワクチンを作っています。

ワクチンにはたくさんの毒物が入っていることを知っているのに、悪意のあるやり方で
開発をスピードアップさせています。ということを言っているんですね。

もうまさにその通りだと思います。

そんな中、アビギャ君は私は反ワクチン派ではありません、と言っています

いやいや、思いっきりワクチン駄目って言ってるじゃん!と突っ込みたくなる方いると思うんですが、正確にこう言っております。

古来のワクチンのシステムは正しかったんだと。
だけど現在行われている、毒物を入れたりわけが分からないものを入れてそれを打たされるのは、間違っているんじゃないのと言っているわけなんです。

確かに、ワクチンによる免疫システムを作る。
これは正しいんです。

ですがワクチンだと偽って、わけのわからないものを入れて注射を打つのそれは間違っているよね、ということなんです。

もうこの意見大賛成でございます。

僕も全く同じです。

ワクチンの概念には、反対しないんですけれども今回のやり方には反対します。
というのがアビギャ君の意見です。

本当にその通りだと思います。

もう未だに早くワクチンできないかな〜、早くワクチン カモン〜みたいなそういうこと言ってる人いるんですけど、大丈夫かお前!と間違ってるぞ明らかに!と思います。

ワクチンできるわけないじゃないですか、ワクチンはできません。

できたとしてもわけのわからないものが入っている、ワクチンという名の別の何かです。なので絶対に打ってはいけない!ていうのが僕の考えです。

多くの人がワクチンが欲しいと願っています。

いつできるの?ということばかりが気になってる方がとても多いと思うんです。
けれどもそれでは意味がありませんよ、何が入っているんだとこのワクチンの中身を知ろうと皆さん思ってくださいね。

何が入っているの?という、ワクチンの中身を知ろうとする人が多くなってほしい。
というアビギャ君は言っています。

本当にその通りです。

いつできるか、どうでもいいです。何が入ってるの、それが一番大切ですよね。

アビギャ君が言うには、これからは多くのワクチンがそもそもできずに失敗していきます。それはもう無残に失敗して行きます。

今まで一番悪いワクチンでも作るのに3年かかりました、なので今回準備期間1年でいいワクチンができるはずがない、臨床試験をしていない、調査をしていない、なのにいいワクチンだと信じることはできません
というふうに言っています。

本当にその通りです。

正論です、僕もまさに同じことを思っています。

ワクチンができるはずがないというのは、こちらのコロナワクチン、強制接種計画の動画ありますので、まだ観ていない方は見てください。

③これからの時代アビギャ君の7つの解決策とは

ということなんですが一つ一つ言っていきます

神様を信じること、神様の創造を愛すること、自然を愛すること、それに属する全体を愛すること、自然を保護すること生き物を苦しめないこと、免疫力を上げること、この7つだという風に言っています。

とは言え、現代人にはもう無理だよという気がしてきますね。

で、ロックダウンによって家に閉じこもるのはやめましょう。そうしたら新鮮な空気も吸えなくなります。

外に出て日光を浴びましょう。日光を浴びて免疫力を高める、これが大切です。

密集していないところで日光を浴びましょう。テクノロジーをやめて日光を浴びるデジタルデトックスをしましょう。
ということなんです。

日光は有効で、新鮮な空気は有効で、デジタルデトックスは有効で、自然とのつながりも有効です。

ですがワクチンは有効ではありません。というふうに言っています。

まさにその通りだなと言うしかありません。

これが14歳の子の考えなんでしょうか。大人も見習わなければいけないなと思います。

今年の冬は冬のうつ病が来るというふうに言われています。冬は寒いから外に出ない日光浴びない、だから気持ちが落ち込んで行って鬱になりやすいというのが今年の冬だということなんですね。

是非あなたは日光を浴びてメンタルケアをしていきましょう。

これからは起きるはずがないことがどんどん起きていく、という時代になっていきます。

メンタルケアに関しては僕の過去動画いっぱい観ている方は、かなり出来ているんじゃないかなというふうに思います。

過去動画を片っ端から観ていただけるとこれからの時代は、どうやって行ったらいいのか、風の時代どうやって過ごして行ったらいいのか、ということも分かります。

メンタルケア重要ですので是非、僕の過去動画いっぱい観ていただきたいなというふうに思っています。

今回は過激!アビギャアナンド君の11月11日の最新予言、2020年12月9日から28日の
コーシャコンジャンクションに最大級の警戒をせよというテーマでお伝えしました。

人生を変える3つのポイント

①2020年12月9日から28日のコーシャコンジャンクション ここで戦争・疫病・災害・ウイルスの第二波・経済崩壊が訪れる

②ワクチンは打たされないようにしろ

③これからの時代アビギャ君の7つの解決策とはということを話しました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録よろしくお願いいたします。

石井貴士チャンネルメンバーシップ