【人生が変わる14分】コロナ予言的中!インドの14歳 アビギャ君の予言 コーシャコンジャンクション 12月9日からとんでもないことが起きる!?

  • インド人の14歳予言者アビギャ君の言っていたコーシャコンジャンクションについて知りたい人
  • 2020年12月9日から28日まで何かが起こりそうで怖いと思っている人
  • 2021年12月のコーシャコンジャンクションに対して備えたいという人

人生は変えられる 石井貴士です。

今回はアビギャ・アナンド君の予言コーシャコンジャンクションって何?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることで、あなたが得られる未来それはインドの14歳の予言者アビギャ・アナンド君の予言の中に出てきたーシャコンジャンクションとは何かが分かる、という未来です。

11月11日にアビギャ君の最新の動画が出たんですけれども、その中に出てきた言葉コーシャコンジャンクション、なんだったんだろう?という方多いと思います。

今回は、占星術に詳しい僕が世界一わかりやすく解説していきますので、是非この動画最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①コーシャコンジャンクションって何?

②今回のコーシャコンジャンクションは冥王星がヤバい!

③2020年12月9日から28日までのコーシャコンジャンクション 本当に戦争・疫病・災害・ウイルスの第二波・経済崩壊は訪れるのか

という話をしていきます。

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、インド人の14歳予言者アビギャ君の言っていたコーシャコンジャンクションについて知りたい人、2020年12月9日から28日まで何かが起こりそうで怖いと思っている人、2021年12月のコーシャコンジャンクションに対して備えたいという人です。

なぜなら今回アビギャ・アナンド君の予言の中で、コーシャコンジャンクションという初めて聞いた言葉が出てきたからです。

コーシャコンジャンクション?コーシャ? コーシャって何?という方とても多かったと思います。

僕も今回初めて聞いたので調べたんですが、西洋占星術の言葉というよりもインド占星術の言葉だ、ということが分かりました。

今回はコーシャという言葉についても、解説していきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかというと、コーシャコンジャンクションという言葉、僕自身が初めて聞いたと思ったからです。

西洋占星術には、もちろんかなり詳しいんですけれどもそんな中知らない言葉が出てきたので、これは調べないとと思って慌てて調べた次第です。

新しい言葉について知るというのは、とても楽しいことだと思いますので是非、今回この動画で一緒に学んでいきましょう。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①コーシャコンジャンクションって何?という所なんですが

コーシャコンジャンクション、初めて聞いた言葉だという方は僕以外にも大勢いらっしゃると思います。

西洋占星術に関しては、僕、西洋占星術をね教えたりもしているので、当然かなり詳しいんですけれどもそんな中、コーシャコンジャンクション、知らなかったです。

そして調べたところ、コーシャというのはインド占星術の言葉だということが分かりました。

コーシャとは何という意味なのかさやという意味です。さやって何かって言うと剣あるじゃないですか、剣を納めておくための「さや」ですね。

インド占星術では、光を遮るさやという意味でコーシャという言葉が使われています。

つまり光という良い事が起きるのを遮る天体配置、これがコーシャコンジャンクションだということなんです。

言われてみれば、天体が縦に3つ4つ並んでたらなんかさやのように見えますよね。

確かに太陽の光を遮っているような気もしてきます。

ではコーシャコンジャンクションの前に、コンジャンクションって何?という方もいらっしゃると思いますので、今回改めて説明するんですが、コンジャンクションというのは2つの天体が重なり合うこと、これをコンジャンクションというふうに言います。

地球から見てこことここの星がコンジャンクションしてるな、重なってるなということで西洋占星術、特に僕のアルフォンス流ではプラスマイナス5度以内に入っている時、これがコンジャンクションというふうに言います。

火星と海王星がコンジャンクションしてるなとか、そういった感じで使います。

コンジャンクションの意味というのは、重なり合って強まるという意味です。

そんな中、木星と土星がコンジャンクションする場合のことを、グレートコンジャンクションというふうに言います。

何がグレートなのかと言うと、木星デカいじゃないですか、グレートです。土星もデカいじゃないですか、グレートです。

グレートな星同士のコンジャンクションなので、グレートコンジャンクションというふ。うに言うんですね

そのグレートコンジャクションが、珍しく今回は起きているということなんです。

で、アビギャ君の動画の中では、3つ以上の天体が重なり合うコーシャコンジャンクションが起きます。
というふうに説明されているんですね。

なので僕はコーシャっていうのは、3つ以上っていう意味なのかな?と思ったんですが
そうでは無かったということです。

ちなみに西洋占星術で、3つの星がコンジャンクションすることをトリプルジャンクションというふうに言います。

なのでコーシャコンジャンクションというのは、トリプルコンジャンクション以上のコンジャンクションなのかな?と思っていたんですがそうではなくて、光を遮るくらい良くないことが起きる天体、ということでコーシャコンジャンクションという呼ばれ方をしているんです。

みなさん覚えてくださいね、と言いたいところなんですが滅多に起きない天体配置なので全く覚える必要ありません。

センター試験に出ません。

早稲田の社会の重箱の隅をつつくようなそんな問題だと思ってください。

すいません!

分かりにくい例えでしたでしょうか、その早稲田の世界史の滅多に出てこないものぐらい滅多に出てこない天体配置、これがコーシャコンジャンクションだと思ってください。

なのですが、そのくらいレアなことが2020年12月9日から28日の間に起きるということなんです。

②今回のコーシャコンジャンクションは冥王星がヤバい!ということです

今回のコーシャコンジャンクション、どの星と どの星と どの星がコンジャンクションしているのかというと木星と土星と冥王星です。

今回、正確に言うと木星と土星は完全にコンジャンクションしています。

5度以内に完全に入ってるんですね。

そんな中、冥王星は6度とかちょっと微妙に離れています。

僕の流派では6度は、コンジャンクションしていないととるんですがインド占星術ということで、これは6度でもコンジャンクションというふうに言っているということです。

で、木星土星から少し離れて、6度くらいのところに冥王星がいるわけですね。

この冥王星どんな星かと言うと、死を司る星です。

冥界の星ですね。

今回は凶星である土星、そこに吉星である木星のグレートコンジャンクションが起きているわけなんですが、土星はブレーキ、木星はアクセルを表しています。

どういうことかというと、このコンジャンクションが起きる場合は、こうキュルキュルキュルキュルってわけが分からない予測不能な運動が激しく起きるというのが、木星と土星のコンジャンクションなんです。

物理でブラウン運動という運動が、あったと思うんですがそれと同じで予測不能な動き
チョロQがキュルキュルキュルキュルしてるような、そんな動きをするんですね。

つまり何が起きるかさっぱり予測がつかない、急激な動きで全く予測がつかないことが起きるというのが、グレートコンジャクションなわけです。

そこに死を司る、冥王星が入ってきてるって事なわけですよ。

これはめちゃめちゃヤバいってことですよね。

急速にわけの分からない動きを、死が司ってるわけです。

単純に解釈とどういうことかと言うと、突然何で死ぬか分からない、そんな状況が来ているということなんです。

予測不能・ランダムに死が訪れるということなわけです。

そしてアビギャ君はこの期間どういうこと言ってるかと言うと、戦争 疫病 災害
ウイルスの第二波 経済崩壊が訪れる
というふうに言っているわけなんです。

確かに予測できる範囲で言うと、そういうことだということです。

で、さらに予測不可能なことどういうことが起きるかって言うと、例えば隕石が衝突するとか宇宙人が襲来するとかそんなわけないだろ! とそのレベルのことが起きてもおかしくない、そんな天体配置になっているということです。

戦争 疫病 災害、ウィルスの第二波 経済崩壊のうちのどれなんだよ!と思った方いると思いますが、これはあくまでアビギャ君の想像の中では、まあ最悪なものはそのくらいだろう、と言っているわけであって地底人が突然出てくるとか、宇宙人が突然襲来するとか、UFOがバンバン降りてくるとか、火星人が攻めてくるとかもう本当に予測不可能なことが起きておかしくない時期だということなわけです。

そんな感じで予測不可能なことが起きてくるわけなんですが、そんな中アビギャ君はどんなことを言っているのか、石井の考察も交えてお話していきたいと思います。

③2020年12月9日から28日までのコーシャコンジャンクション 本当に戦争・疫病・災害・ウイルスの第二波・経済崩壊は訪れるのかことについてお話していきます

まずは戦争ですね、第三次世界大戦いつ起きてもおかしくないという状況になっています。

僕の動画、第三次世界大戦 11月3日に勃発!?というそういった動画があるんですが、11月3日に戦争が起きなかったじゃないか!と言う方結構多いです。

ちょっと待って下さい、一応、動画の中観ていただきたいんですが、11月3日から1月末までがヤバい!というふうに言っております。

大統領が交代するタイミングですね、ここでトランプ大統領が突然、戦争を仕掛けてしまうという可能性もあるということです。

アメリカ大統領選挙、一応、終わったということになってはいるんですが、まだもしかしたらトランプ大統領になるかもしれません。

まだまだ情勢は分からないと思ってください。

12月9日から12月28日というのは、もろに11月3日から1月末までの間に入っていますので、第三次世界大戦も警戒が必要です。

そして疫病の可能性ですね、アビギャ君はどんな治療薬もワクチンも効かない、スーパーバグが12月20日からやってくる、というふうに言っていましたが、これも12月9日から28日にかかっています。

12月20日からスーパーバグがやってくると考えると、12月9日からどこかでウイルスが発生している状況じゃないといけないので、12月9日以降は新しいウィルスの発生にも注意が必要です。

そして災害についてこれは日本では、南海トラフ、首都直下型地震、令和関東大震災が怖いというふうに僕は思っています。

僕としては、一番ヤバいなと感じているのは12月17日の巨大地震だというふうに思っています。

なぜかと言うと、旧暦の11月3日が12月17日だからです。

神様の世界では、旧暦が使われているというふうに言われております。なので旧暦の11月3日である、12月17日も警戒が必要です。

12月に関して言うと特に南海トラフに警戒して欲しいと思っています。

首都直下型地震と一体になって起きる、スーパー南海地震この可能性もあります。スーパー南海地震の動画、まだ観ていないという方は是非ご覧ください。

過去2回の南海トラフは、ともに12月に起きているんですね。過去の12月の巨大地震の動画もまだ見ていないという方は、是非ご覧いただきたいと思います。

ウイルスの第二波これは既に来てます。コロナの感染拡大というのは、12月9日から28日にさらに拡大していくでしょう。

僕の予測では、11月に感染拡大、12月に感染拡大がピーク、1月に死者数が増加、2月に死者数がピークというふうに考えています

この期間は当然ですが、当たり前のように前提としてコロナには気をつけてください。

経済崩壊、12月9日から12月28日までの間に世界的な株価の大暴落が起きる、第二次コロナショックが起きる可能性がある。ということですね。

もし南海トラフ地震、もしくは令和関東大震災が12月17日に来るとしましょう。

この12月17日は木曜日です。

そうすると翌日18日の金曜日に大暴落、もしくは翌週の21日月曜日の株価の大暴落、ピンポイントでヤバいと思っています。

ブラックマンデーは月曜日に起きているので、12月21日の月曜日はよりヤバいと思ってください。

とは言え、それ以降29日までも、大暴落の可能性あると思っています。

2021年を迎える直前に株価の大暴落があるかもしれない、ということで是非、みなさん警戒していただきたいと思います。

僕の予測では、感染症 地震 不況 戦争でワンセットだと考えているので、感染症すでにコロナが来ています。

なので巨大地震、南海トラフ 12月11日木曜日が本命だと僕は思っています。

もしここで地震が来たら、12月18日もしくは12月21日の月曜日ここで株価の大暴落、第二次コロナショックが起きる、という可能性は高いと思っています。

とは言え12月コーシャコンジャンクションなので、全く我々が予想していないような、何か悪いことが起きる、それは死を司っているものだというふうに思ってください。

地底人出てくるんでしょうか、地底人の動画、こちらにアップしておりますので是非、観ていただきたいと思います。

今回はアビギャ・アナンド君の予言、コーシャコンジャンクションって何?というテーマでお届けしました。

人生を変える3つのポイント

①コーシャコンジャンクションって何?

②今回のコーシャコンジャンクションは冥王星がヤバい!

③2020年12月9日から28日までのコーシャコンジャンクション 本当に戦争・疫病・災害・ウイルスの第二波・経済崩壊は訪れるのかということを話しました

あらゆる悪いことが起きた時に、一番頼りになるのは何かそれは備蓄です。

1ヶ月分の備蓄、できれば3ヶ月分の備蓄があればもう完璧だと思っていますので、備蓄に関する動画もまだ観ていないという方がいたら是非ご覧ください。

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、よろしくお願いいたします。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【人生が変わる12分】【緊急動画】インド南部で原因不明の病が発生! 12月20日からのアビギャ君の予言は的中してしまうのか!?

  • インド人の14歳予言者アビギャ君の予言について知りたい人
  • 2020年12月20日の新パンデミックの正体が何か現時点での本命を知りたい人
  • 今インドで何が起きているのか知りたい人

人生は変えられる 石井貴士です。

今回は、インド南部で原因不明の病が発生!?アビギャ君の予言は的中してしまうのか!2月20日からのスーパーバグの正体がついに判明?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来それは、どんな薬もワクチンも効かない、スーパーバグ、現時点での大本命がわかる!という未来です。

インドの14歳の予言者アビギャ君が12月20日から、どんな薬もワクチンも効かないスーパーバグがやってくる、という予言をしています。

コロナの中そんなものが、やってきたらもう人類滅亡クラスです。

先日、僕の動画で12月9日から28日にとんでもないことが起きる!という動画をあげました。

12月9日よりも前にシグナルがあるのかなあと思っていたら、なんと前日の12月8日にあった、ということなんです。

インドで原因不明の病が今発生していて、400人以上の人が口から泡を吹いて失神して倒れている、ということなんです。

日本では全然報道されていません。

日本の報道の方お願いです。

この事件を報道して欲しいと思います。

アンジャッシュの渡部さんの不倫の釈明会見とかそういうの本当にどうでもいいです。

それよりも命を守る、報道をして欲しいと思うのですがそういった報道もされないということで、今回 、命を守るための動画をお届けしていきたいと思います。

今回は原因不明の病の第一報となる動画となりますので、是非、最後までこの動画ご覧ください。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①2020年12月20日から2021年3月31日までの期間で新パンデミック スーパーバグがやってくる

②12月9日から12月28日までのコーシャコンジャンクション この期間にとんでもないことが起きる

③インドで原因不明の病が発生? 口から泡を吹いてどんどん人が倒れている これがスーパーバグの本命なのか!

という話をしていきます

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、インド人の14歳予言者アビギャ君の予言について知りたい人、2020年12月20日の新パンデミックの正体が何か現時点での本命を知りたい人、今インドで何が起きているのか知りたい人です。

なぜならアビギャ君の予言、12月20日からのスーパーバグそして12月9日から28日までのコーシャコンジャンクションでとんでもないことが起きるということで、スーパーバグ来ないといいなあと思っていたら今回インドで、突然、口から泡を吹いて失神して倒れている人が続出している、その数400人以上というニュースが飛び込んできました。

この報道12月8日にあったのですが、ほとんど報道されていません。

400人以上が口から泡を吹いて倒れているしかもその中で、300人が子供だということなんです。

もう地獄絵図が今インドでは展開されている、ということなんです。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかと言うと、アビギャ君の言っていたスーパーバグ本命と思われるものが、ついに来てしまったかもしれないからです。

にも関わらず日本では全くと言っていいほど、報道されていません。

アンジャッシュの渡部さんのことは、Yahoo!ニュースになってもどんな薬もワクチンも効かないスーパーバグのことに関しては、Yahoo!のトップニュースにはなりません。

日本のテレビでも報道されません。

おかしいです。

何か隠されているんでしょうか。

今インド南東部、アンドラプラデシュ州エルールというところで原因不明の病が突然流行して、地獄のような光景になっています。

突然口から泡を吹いて倒れる人400人以上、そして1人が死亡現地にはインド国立栄養研究所、化学技術研究所 全インド医学研究所の医師らが派遣されて原因の究明にあたっています。

もし日本で突然同じ地域で、400人以上の人が泡を吹いて倒れて1人の方が亡くなったとしたらそしてその400人の中300人が子供だったとしたら日本ではトップニュースになっているはずです。

ですが報道されていない、ということなんです。

これと同じ病気が日本に突然やってきたら、どうなるんでしょうか。

今回はこれがスーパーバグなのか!?という考察も含めてお話していきます。

では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

①2020年12月20日から2021年3月31日までの期間で新パンデミック スーパーバグがやってくる!ということです

コロナの発生を的中させたということで有名になったインド人の14歳予言者アビギャ君なんですが、その中で一番恐れられている予言、それが2020年12月20日から2021年3月31日までの期間でどんな薬もワクチンも効かない新パンデミック スーパーバグがやってくる、そして世界同時発生して1日から2日早ければ数時間で感染したら死に至る、というものなんです。

感染経路も分からないので、クラスターという概念もない、予防もできない、ソーシャルディスタンスも意味が無い、ということです。

結論として外は出歩かない、これしか方法がないというのがスーパーバグです。

ではスーパーバグとは、どんなウイルスなのか。

以前のアビギャ君の解説動画の中でパターンは2つだ、というふうに僕が言いました。

1つは新型コロナが突然進化して変異するというパターン2つ目が全く新たなウイルスがやってくるというこの2つのパターンですね。

どちらの可能性もあると言っていたのですが、現時点ではおそらく2番というのも、今回のインドでの原因不明の病気、コロナの進化版ではないからです。

なのでこのインドの病気が、スーパーバグだと仮定すると2つ目の新たなウイルス、という可能性が高いです。

今のところ新型コロナが突然変異した、というニュースは入ってきてないですよね。

ということは消去法で2つ目の全く新たなウイルス、という可能性が高いです。

②12月9日から12月28日までのコーシャコンジャンクション この期間にとんでもないことが起きる

ということなんですが、アビギャ君はこのように言っていたわけなんですけれども、2月9日の前の12月8日にインドで発生というのが確認されたので、このインドの原因不明の病というのが現時点でスーパーバグである可能性が高いというふうに思われます。

12月8日にインドで確認されて、その後の12月9日から12月19日の間に、この10日間ですね、インドで感染者が増えてそして12月20日から12月28日にかけてお正月を過ごそうとする人が、飛行機でインドから国外に行きます。

そこで世界同時多発的に、スーパーバグが広がっていくというシナリオが予想されます。

コーシャコンジャンクションは、とにかく良くないことが起きるという時期です。

コーシャコンジャンクションに関しては、こちらの動画がありますので是非こちらの動画ご覧ください。

③インドで原因不明の病が発生 口から泡を吹いてどんどん人が倒れている これがスーパーバグの本命なのか

という話をしていきます。今インドでは何が起きているのか、解説していきます。

インド南東部、アンドラプラデシュ州エルールというところで原因不明の病がいきなり流行しました。

いきなりです。

突然口から泡を吹いて失神して倒れる人、400人以上になって1人が死亡したということです。

この発症者のうちの300人以上が、なんと子供だということなんです。

そして死亡したのは、45歳の男性だった。というふうになっています。

報告によると子供達は、めまい 湿疹 頭痛 嘔吐などの症状を訴えているということです。

現地にはインド国立栄養研究所、化学技術研究所 全インド医学研究所の医師らが派遣されて、原因の究明にあたっているということです。

その結果少しだけ分かったことがありまして、それが患者10人の血液からは高濃度の鉛とニッケルが検出されたということなんです。
とは言え、これサンプル数が少なすぎるということで、人口20万人いるエルールという場所でこれがこの病気の確実な原因だという、証拠は得られていないということです。

とは言え、この地域に大規模な化学工場は無いということは分かっています。

となると考えられる可能性とすると農薬に含まれる化学添加物なのかなあ、ということは言われているんですが、果たしてそうなのかどうかはまだ分かりません。

ですが400人以上が発症して、300人が子供というのとても気になります。

発生した時期から考えると、これがスーパーバグであるという可能性は高いと思われます。

コロナの時も、9月くらいに発生していたにも関わらず、12月末までは日本で報道は一切されていませんでした。

いや、正確にはちょっとは言われていたんですけれども、大きく報道されることは無かったんですよね、僕のところには既に10月くらいに武漢でウィルスが発生している、という情報は届いてはいました。

こんな情報ありますよと読者の方から言われていたんですね、ですが僕自身これが何を意味するのか分からなかったので、特に何かYouTubeにあげるということもなかったです。

なので今回は第一報として、いち早くあなたにお伝えしたいと思いました。

是非、報道機関の方はこのニュースを取り上げていただきたいなと思います。

伝えるべきは不倫がどうとか、そういうどうでもいいニュースじゃなくてこのニュースです。

命に関わるニュースを、是非、報道の方も取り扱っていただきたいなと思います。

今回はインド南部で原因不明の病が発生!?アビギャ君の予言は的中してしまうのか、12月20日からのスーパーバグの正体がついに判明!?というテーマでお届けしました。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①2020年12月20日から2021年3月31日までの期間で新パンデミック スーパーバグがやってくる

②12月9日から12月28日までのコーシャコンジャンクション この期間にとんでもないことが起きる

③インドで原因不明の病が発生? 口から泡を吹いてどんどん人が倒れている これがスーパーバグの本命なのか!ということをお伝えしました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録、そして良かったね!というコメントもコメント欄に残してください。

石井貴士チャンネルメンバーシップ

【人生が変わる15分】【緊急動画】イギリス 南アフリカ ナイジェリアでコロナの変異種が発生! ついにアビギャ君のスーパーバグがやってきた!?

  • 12月20日からのスーパーバグについて知りたい人
  • アビギャ君の予言が当たりそうだと不安な人
  • コロナの変異種について知りたいという人

人生は変えられる 石井貴士です。

今回はイギリス、南アフリカ、ナイジェリアでコロナの変異種が発生!ついにアビギャ君のスーパーバグがやってきた!?というテーマでお届けしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

この動画を観ることであなたが得られる未来、それは12月20日からのスーパーバグについて一緒に考えることができるという未来です。

この動画いつ撮影するか迷いに迷いました。

12月20日からスーパーバグがやってくるというアビギャ君の予言、本当に12月20日になってイギリスでコロナの変異種が発見されたんです。

これがスーパーバグか!と僕も第一報を伝えたい気持ちでいっぱいでした。

でもですよ、もしこれがスーパーバグだと仮定すると感染した人が、1日から2日で亡くなっていないとおかしいということになります。

でもそうではない。

ただ感染力が強いらしい変異種であるということしか、分かっていなかったんです。

なので慎重になってお伝えせねばと思っていたんですが、今回もう我慢できないということで12月20日以降に出てきたコロナの変異種イギリス、南アフリカ、ナイジェリアの変異種についてお伝えしていきたいと思います。

12月20日からのスーパーバグに関しては、この動画が世界一わかりやすい動画になっていると思いますので是非この動画最後までご覧ください。

まずは結論からいきましょう。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。


①12月20日からのスーパーバグ スーパーバグの可能性は2種類あったが1つに絞られた

②イギリスで発生した変異種 南アフリカで発生した変異種 ナイジェリアで発生した変異種について分析します

③コロナの変異種は子供など若い人が亡くなる!? 1月・2月に最大級の警戒を! 特に受験生は注意して!

という話をしていきます。

この動画はどんな人にとって有益なのかと言うと、12月20日からのスーパーバグについて知りたい人、アビギャ君の予言が当たりそうだと不安な人、コロナの変異種について知りたいという人です。

なぜならイギリスのコロナの変異種が、12月20日に出て日付もドンピシャだったので、これがスーパーバグではないかと不安になった方多いと思ったからです。

確かに12月20日というドンピシャの日付で、コロナの変異種が報道されました。

ですが、よく考えてください、アビギャ君は12月20日からのスーパーバグとは言っているんですが、12月20日のスーパーバグとは言っていないんです。

実際に12月20日にイギリスでコロナの変異種が発見されてから、南アフリカの変異種
ナイジェリアの変異種と3つ変異種が発見されています。

なので、このうちのどれかがスーパーバグ、もしくは現時点では感染してから1日から2日で亡くなっているというケースは、まだ発見されていないので今、報告されている3つともスーパーバグではない、という可能性も残されています。

もっと強い感染力、もっと強い毒性があってスーパーバグと呼べるのではないでしょうか。

なのでイギリスの変異種が、12月20日に発見されてすぐに動画を作らなかった理由、それは猛毒性が強いものが出てくるかもしれない、と思っていたからなんです。

でも、もう3つ変異種が出たもう待てない!ということで、この動画作っていきます。

今回なぜこの動画を撮ろうと思ったのかというと、1月・2月には日本では、受験シーズンを迎えるからです。

今回のコロナの変異種は若い人、小学生、中学生、高校生が亡くなる可能性もあります。

スペイン風邪から学ぶ9月からの第二波は若い人が亡くなる、という動画5月31日に出しました。

早すぎます!この早いタイミングで僕は1月・2月の受験を警告していました。

冬にはコロナウイルスが猛毒化して若い人が亡くなるよと、もうそういう動画
僕は半年以上前に予測をしていたっていうことなんです。

忘れている方もう一度この動画ご覧ください。
で、今この予測が当たろうとしています。

日本は1月・2月受験を中止して欲しいと切に願います。

オンライン入試に是非していただきたい。

今回は警告も兼ねて、この動画配信していきたいと思います。

では、人生を変える3つのポイント、具体的に一つ一つ見ていきましょう。

①12月20日からのスーパーバグ スーパーバグの可能性は2種類あったが1つに絞られたという話をしていきます

まず12月20日から2021年3月31日までの期間で新パンデミック スーパーバグがやってくる!と言うアビギャ君の予言がありました。

どんなワクチンも治療薬も効かないスーパーバグ、感染すると1日から2日早ければ数時間で死に至るというものです。

感染経路も分からないので、クラスターという概念もない!予防もできない!

ソーシャルディスタンスも効果がない!なのでもう外は出歩かない、ということしか対策がないということなんですね。

有機野菜・ウコンなどで免疫をつけていく、これしか我々ができることはないということなんです。

では、スーパーバグとはどんなウイルスなのか、過去の僕のアビギャ君の解説動画の中でパターンは2つあるというふうに言いました。

こちらの動画もまだ観ていない方、是非ご覧ください。

1つが新型コロナが突然進化して変異する。2、全く新しい新たなウイルスがやってくる。ということです。

この2つ目の新たな可能性として、こちらの動画インドで原因不明の病が発生!?という動画を出しました。

しかし、この原因不明の病がスーパーバグであるという可能性、少し薄くなってきました
12月9日から12月28日までのコーシャコンジャンクション、この間にとんでもないことが起きる!というふうにアビギャ君は言っていたわけなんですけれども、12月9日の前の12月8日に原因不明の病が確認されたので、これがスーパーバグである可能性が高いのではないかとその時点では思っていました。

しかしその後の情報、鉛が原因かもしれないとか、情報が全然出てこなくなりました。
なので治ったという可能性もありますし隠蔽されたという可能性もあると思います。

そんな中、出てきたのが12月20日のイギリスのコロナの突然変異です。

②の可能性よりも①の可能性、突然変異の可能性が高くなった、ということなんです。

こちらの僕のアビギャ君の予測動画、なんと6月13日に配信しています。またしても僕の予測、早すぎます。

早く予測して半年後を的中させていくという。
ちょっと、このスパン長すぎるかもしれません。

予測が早すぎて、忘れられてしまうことも多いと思うんですが、是非もう一度見返していただきたいと思います。

②イギリスで発生した変異種 南アフリカで発生した変異種 ナイジェリアで発生した変異種について分析します

イギリスで発生した変異種

ではイギリスで12月20日に発生した変異種について、見ていきましょう。

VUI-202012/01と名付けられています。

ロンドン大学の感染症モニタリングセンターによれば今回の変異種は、今までのコロナよりも感染力が56%強い、致死率も今までのコロナよりも高い可能性があると発表しました。

致死率が具体的に何%なのかというのは、公表しなかったということです。

これは怪しいです。致死率が高すぎて隠蔽されたという可能性もあります。

ワクチンができたとしてもこの変異種に対しては、ワクチンの効果は落ちるということです。

そもそもワクチンはできないんですけれども、ワクチンができたとしても効果は落ちるということですね。

一方、イギリス政府は、今回の変異種に関して感染力が56%ではなく70%強い、というふうに伝えています。
とにかく今のコロナよりも感染力に関しては、56%もしくは70%高いということが言われています。

致死率も今までのコロナよりも高い、ということは分かっています。

イギリスは12月22日、1日の新規感染者なんと3万6,804人、22日の死者は744人ということで、日本とは比べ物にならないくらい高い数字が出ています。

日本はコロナに対する危機感無いとしか言いようがありません。

イギリス政府の諮問機関である新型呼吸器系ウイルス脅威諮問グループというところが、21日に記者会見を行いまして、この変異種は子供に対する感染力が強い可能性があるというふうに明らかにしました。

そんな中、インペリアルカレッジロンドンの感染症学科長のウェンディ・バークレー教授によれば、この変異体というのは特に子供を攻撃しているわけでも特に子供への感染力が強いというわけではない全世代への感染力が強いので子供にも感染してしまうだけだ、というふうに断言しています。

なので大人・子供区別なく感染していく、これがイギリスのウイルスだということなんです。

大人にも子供にも感染してしまうぐらい感染力が強いということで、スーパーバグになっていく可能性はあります。

とは言え感染して1日から2日で死に至っているかと言うとそうではないので、まだ何とも言えないということです。

では、次に来た変異種見ていきましょう。

南アフリカの変異種

南アフリカでも変異種が確認されています。

名前は、501.V2というふうに名付けられています。

このウイルスは、基礎疾患が無い若い人へ感染しているということだけ報告されています。

詳しいことは分かっていないんですが、怖いデータとしては南アフリカではコロナの新規感染者数が、過去1週間で40%も増加しているということです。

なのでイギリスのコロナの変異種、そして南アフリカの変異種共にスーパーバグの可能性というのはまだ残されてはいます。

ナイジェリアの変異種

では3つ目の変異種 ナイジェリアです。

ナイジェリアでは12月24日にイギリス・南アフリカに続いて、第3の変異種が確認されています。

ナイジェリアではコロナの新規感染者数、過去1週間で52%も増加しているということです。まだ詳しいことは分かっていないんですよね。

12月25日現在3種類の突然変異、これが確認されていてイギリス発、南アフリカ発、ナイジェリア発と確認されているんです。

ダイレクトにこの3つのうちのどれかがスーパーバグですよ、ということは全く言い切れません。
なのですが、この突然変異からさらなる突然変異があると、それがスーパーバグになる可能性はとても高いのではないかと思います。

③コロナの変異種は子供など若い人が亡くなる!? 1月・2月に最大級の警戒を! 特に受験生は注意して!という事をお話していきます

スペイン風邪から学ぶ、9月からの第二波は若い人が亡くなる!?という動画5月31日に出しています。

正直、本当に早すぎる予測ではあったんですけれども、本当に1月・2月の受験シーズンはヤバいです。

コロナが突然変異をして、子供にも感染するようになったとしたら1月・2月この受験シーズンがとてもまずいことになります。

にも関わらず、いまだに1月・2月に通常の受験をしようとしているそんな中学校・高校・大学とても多いです。

いや、ほとんどの中・高・大学が今までの入試とあまり変わらないように、受験をさせようとしています。

オンライン受験を考えているところは、とても少ないようです。

なのですが考えてみてください、受験会場に行くまでの電車で感染をして試験会場が密になっていてそこで試験会場の中で感染して1時間から2時間で死に至る、そんなスーパーバグが現れたらどうするんでしょうか。

日本では1月・2月という、この冬の時期に受験がありますのでとても警戒が必要です。

日本においては受験生が亡くなる、これが最悪のシナリオです。

これを避けるべく学校関係者の方、日本政府は動いてほしいと思います。

海外からの入国の禁止、これは当たり前のように絶対にやらなければいけない施策なので是非すぐにでも海外渡航の禁止は、やっていただきたいと思います。

でも日本政府、腰が重いです。何をやっているんですか。
まず、ここの水際対策をやってほしいです。

1月・2月にスーパーバグがやってくる!となるとどうなるのか。
多くのビジネスマンは仕事場に行けなくなります。

家の中で仕事をするというのが、当たり前になっていきます。

店舗型ビジネス、飲食店の方いよいよヤバいです。街に人がいなくなります。

そんな時に大切なのが、ビジネスのオンライン化です。

家から一歩も出なくても、お金を稼げる状態を作っていく。
これが大切なんです。

多くの方は、スーパーバグが来たらどうしよう!と不安になると思います。

なぜ不安になるのかと言うと、何をしていいか分からなくなるからです。

やることが決まっていれば、不安にはなりません。

そんな時に必要なのが、あらかじめ自分はこれをすれば成功するというスイートスポットを知っておくということで、スイートスポット理論の動画、まだ観ていないという方は是非ご覧ください。

コロナが来ても、スーパーバグが来ても、自分はこれをやるんだ!ということが分かっていれば、不安はなくなっていきます。

是非あなたにもスイートスポットを見つけていただきたい、と思っています。

今回はイギリス・南アフリカ・ナイジェリアでコロナの変異種が発生!ついにアビギャ君のスーパーバグがやってきた!?というテーマでお届けしました。

今回の動画から学べる、人生を変える3つのポイント。

①12月20日からのスーパーバグ スーパーバグの可能性は2種類あったが1つに絞られた

②イギリスで発生した変異種 南アフリカで発生した変異種 ナイジェリアで発生した変異種について分析します

③コロナの変異種は子供など若い人が亡くなる!? 1月・2月に最大級の警戒を! 特に受験生は注意して!ということをお伝えしました

今回もご視聴ありがとうございました。

人生を変える学びがあったという方は、高評価とチャンネル登録良かったよ!というコメントをコメント欄に残して頂けたらありがたいです。

石井貴士チャンネルメンバーシップ